蘑菇 Boodayの二階にあるカフェ。お店には行ってすぐ右側にある階段をあがっていく。トイレなどは一階のショップのものを共有。お会計も一階で行う方式。大きな窓から入り込む光が気持ちよくておすすめのカフェ。

蘑菇 Mogu Cafeへのアクセス

蘑菇 Boodayの二階にあるので、アクセスは同じくMRT中山駅からすぐのところ。このあたりは台北カフェ激戦区ともいうところで、近くにあるnichi nichiとかも好きで、どこへ行こうか・・と迷うところではある。

蘑菇 mogu

蘑菇 Mogu Cafeについて

ご飯については基本的にカフェめしなのであまり期待はしていない。どちらかというと、昼下がりの暑いひとときを少し冷たいものでも飲んで休むかっていう利用方法が好き。

蘑菇 mogu

今回行ってみたら、アルコール類の販売もしていて(前からだったかもしれないけれど)、ちょっと頼んでみることにする。台湾の人たちってあまり昼からお酒飲むイメージがなくて、ちょっとアウェイ感があるけれど。

メニューは日本語があるけれど店員さんは日本語があまり得意ではないので、英語の方が通じるくらい。

頼んでみたのは台湾のクラフトビール。ここ数年で台湾にもクラフトビールの波がきたみたいでいくつか種類が登場している。

蘑菇 mogu

今回頼んでみたのはエールが少し強めに効いているもので、爽やかな香りが気持ちいい味。台湾麦酒のあの薄い水飲んでみるみたいなのとは全然違ってビール本来の美味しさを味わえるのがいい。

時間は休日の昼下がり。窓の外に見える木漏れ日の影はコントラストがくっきりしていて気持ちがいい。こんな日に美味しいビールのんで過ごせる休日は完璧に幸せだと思う。そんな瞬間が味わえるカフェなのです。ちょっと昼にビール飲みたいなっていうときにおすすめのところ。

蘑菇 Mogu Cafe
住所:台北市大同區南京西路25巷18之1號2樓
時間:12:00-21:00か22:00

Related Post

丸林魯肉飯(台北)にて屋台料理をレストランで食べる... 台北について、いつものホテル・リビエラ(欧華酒店) にチェックインして、それがお昼過ぎの中途半端な時間だった場合、おやつ代わりにちょっと行くのがこちらの丸林魯肉飯。 魯肉飯(ルーローファン)というと屋台料理というイメージだけれど、ここではちょっとオシャレなレストランな感じのところで食べることが...
神保町の蔵で贅沢な時間を珈琲と過ごす... 丸香でうどん食べて、一息つきたいときによく行くところ。コーヒーといえば、チェーン系のお店で300円くらいで飲むこともできるけれど、あれはどちらかというと不動産業みたいなもので、300円で一息つける場所を確保しているような気持ちになる。 神保町にある蔵という喫茶店は、神保町から水道橋方面にすこし...
フルータスの宝石みたいなフルーツづくし... 門前仲町にあるフルーツショップ。人気店で週末は行列になるが、並ぶ価値はあるところ。最初、ちょっと高いよなと思うところはあったけれど、出てきたフルーツの美しさと旬を逃さない美味しさを見極めて出してくれるのは値段に納得感がある。 フルータスへのアクセス 東京メトロの門前仲町駅から歩いて数分の...
お菓子工房ヴィシー(Vichy)と南魚沼の美女旅... もともと今回の旅行は小布施で朱雀を食べて、そのあと南魚沼まで強引に抜けて美女旅をみよう!ということだったのだが、さすがに日帰りはないだろう・・と越後妻有のベルナティオに泊まるという旅になった次第。 で、その美女旅というものなのだが、これが「本当にこんなきれいな人が南魚沼にはたくさんいるのか!と...
井上誠耕園とカフェ忠左衛門 小豆島といえばオリーブと醤油じゃないかと思っている。今回は滞在時間が短かったので、どちらも堪能しきる!ということは難しかったのだが、オリーブ関連でいえばここ井上誠耕園と、この会社が運営しているカフェ忠左衛門は素晴らしいと感じた。 とくに、カフェ忠左衛門は小豆島での必須じゃないかと思ったのだが、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください