蘑菇 Boodayの二階にあるカフェ。お店には行ってすぐ右側にある階段をあがっていく。トイレなどは一階のショップのものを共有。お会計も一階で行う方式。大きな窓から入り込む光が気持ちよくておすすめのカフェ。

蘑菇 Mogu Cafeへのアクセス

蘑菇 Boodayの二階にあるので、アクセスは同じくMRT中山駅からすぐのところ。このあたりは台北カフェ激戦区ともいうところで、近くにあるnichi nichiとかも好きで、どこへ行こうか・・と迷うところではある。

蘑菇 mogu

蘑菇 Mogu Cafeについて

ご飯については基本的にカフェめしなのであまり期待はしていない。どちらかというと、昼下がりの暑いひとときを少し冷たいものでも飲んで休むかっていう利用方法が好き。

蘑菇 mogu

今回行ってみたら、アルコール類の販売もしていて(前からだったかもしれないけれど)、ちょっと頼んでみることにする。台湾の人たちってあまり昼からお酒飲むイメージがなくて、ちょっとアウェイ感があるけれど。

メニューは日本語があるけれど店員さんは日本語があまり得意ではないので、英語の方が通じるくらい。

頼んでみたのは台湾のクラフトビール。ここ数年で台湾にもクラフトビールの波がきたみたいでいくつか種類が登場している。

蘑菇 mogu

今回頼んでみたのはエールが少し強めに効いているもので、爽やかな香りが気持ちいい味。台湾麦酒のあの薄い水飲んでみるみたいなのとは全然違ってビール本来の美味しさを味わえるのがいい。

時間は休日の昼下がり。窓の外に見える木漏れ日の影はコントラストがくっきりしていて気持ちがいい。こんな日に美味しいビールのんで過ごせる休日は完璧に幸せだと思う。そんな瞬間が味わえるカフェなのです。ちょっと昼にビール飲みたいなっていうときにおすすめのところ。

蘑菇 Mogu Cafe
住所:台北市大同區南京西路25巷18之1號2樓
時間:12:00-21:00か22:00

Related Post

神楽坂のMojo Coffeeは夕方の時間も居心地がよかった... 数年前にニュージーランドからひっそりとやってきたモジョコーヒーへ久々に行ってきた。神楽坂で朝からやっている貴重なカフェで、ニュージーランド版ラテともいえる「フラットホワイト」のコーヒーが美味しい。 朝の訪問:Mojo Coffee(神楽坂)でゆったりとした朝の時間を過ごす Mojo Co...
昭和が丸ごと残っているかのような立石のルミエールで待ち合わせをする... 夕方近くから飲める街である立石で待ち合わせをするにはうってつけのところが立石仲店商店街にあるカフェ・ルミエールという喫茶店。 もう昭和がまるごと残っているかのようなところで、全席喫煙可能なのとお手洗いも昭和仕様なのをのぞけば最高に雰囲気があっておもしろいところだ。 商店街のなかにお店が...
にゃおしま cat cafe と直島の猫たち 直島の本村地区で南寺をみるために整理券をもらったのだが、待ち時間をつぶすために近くにあった雰囲気のいい古民家カフェに入ってみたら、それが猫カフェだった。 店内は普通の民家のダイニング部分をカフェにしたような感じでかなりアットホーム。猫たちは間仕切りされたリビングエリアにいて、彼らとたわむれるた...
VVG Something ふたたび 世界でもっとも美しい書店のひとつに選ばれた好樣本事の近くまできたので、ひさびさに立ち寄ってみた。 ここって来るたびに新しい発見があって、洗練されているなあって思う。 細部まで手抜かりなく世界観が作られていて、全体としても調和がとれている。 このグループが経営しているほかの施設と比べ...
Mojo Coffee(神楽坂)でゆったりとした朝の時間を過ごす... お店の外観は工場みたい サードウェーブコーヒーの波にのって、ニュージーランドからひっそりとやってきた(ように思える)モジョコーヒーというブランド。 日本拠点兼店舗兼カフェは神楽坂の裏通り、赤城神社の脇をぬけたもともとは印刷工場だったと思われるところをリノベーションして、ひっそりとやって...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください