2016年のGWは南九州は鹿児島を旅行してきた。往復はジェットスターで移動して、現地ではレンタカーでの移動。

ということでジェットスターの搭乗記。そして、ひさびさに成田空港の第三ターミナルを利用したけれど、やっぱり不便なところだった。

第三ターミナルはLCC専用ということもあり、かなり扱いが悪いターミナルとなっている。まず、なにより駐車場がなくて第二ターミナルから1キロくらい歩いて行かなくてはならない。

しかし、地図をよくよくみてみると、成田空港の駐車場を利用するよりも、空港の手前にある民営の駐車場にとめてそこから空港まで歩いて行った方が近いんじゃないかと思えてきたので試してみることにした。

空港手前の駐車場に車をとめて(1日600円と激安だった)、そこから空港まで歩いて行く。5分くらい歩くとセキュリティを通過するのだが、そこの目の前が第三ターミナルになる。これは近い。警備の人にターミナルへの入り方をきいたら、脇の方に小さくゲートがあってそこから入ることができる。これから第三ターミナル使うときには空港の駐車場を利用することはないだろうな。

早朝便だったのではやめに空港へ行ったのだが、ジェットスターは朝便が多いこともあり、オンラインチェックインをしていても預け入れの荷物があると通常のチェックインと同じ列に並ぶので大混雑に巻き込まれてしまう。なんだろうこの残念感。なお、荷物を預け入れしてもセキュリティでひっかかる可能性があるため、チェックイン後もしばらくカウンター付近に待機しておく必要がある。

フードコート

フードコートのエリアは多少あるけれど、それほど美味しいお店があるわけではない。しかし、出発のセキュリティゲートをくぐってしまうと、その先にはなにもないので、まともな食事をとるのであればこのフードコートで食べておいた方がいい。

ジェットスターは機内食にはあまり期待できないので、オーダーせず。さっと寝てしまうのがベストな選択。悪い航空会社ではないし、いいところへ就航していると思うけれど、どうしても勝手が悪いなと思ってしまう。

ジェットスターで鹿児島まで

しかし、それでも鹿児島まで往復2万円もしないのはすごいよな。新幹線で大阪へ往復するよりも鹿児島へ行った方が安いなんて。LCCが旅行を変えたと思う。

予約はジェットスターのサイトからオンラインにて行った。

保存

Related Post

霧島高原ビールの工場へ行ってきた 鹿児島空港からほど近いところにある霧島高原ビールへ行ってきた。場所は西郷公園から高速道路を挟んで反対側なのだが、ぐるりとまわりこむ道を通る必要がある。 このため、空港付近からは車で10分くらいかかる。まわりは美しい茶畑がひろがりのどこかなところに、ヨーロッパにあるような民家と工場が建っている。...
LCC機内持ち込みバッグに最適 Karrimor – Airport pro 40R... LCCって自分で受けるサービスの範囲を決められるところがIKEAに似ていると思う。そんななかで、一番重要な要素のひとつとなるのが持ち込み荷物の制限になると思うのだが、僕はいまのところKarrimor - Airport pro 40Rを愛用中。このバッグのいいところは以下の点。 サイズ的にL...
羽田発のLCCで行き、Airbnbに泊まる週末香港旅... 近未来な羽田空港 羽田発のLCCである、香港エクスプレスでのフライトを使って週末の土日で香港へ行ってきた。これだと有給を消化することなく、土曜日の朝から日曜日の夕方までみっちりと旅を満喫できる。 それでいて、航空代金は燃油とか税金いれても、東京から関西へ行くより安くなるというのはすごい...
霧島アートの森は絶対おすすめのスポット... 薩摩川内から鹿児島空港に向かったのだけど時間もあるしと立ち寄ってみた美術館。山の上にあってアクセスがちょっと面倒なのだが、ここはすごい楽しかったしおすすめできる場所。 なんていうか、箱根彫刻の森美術館とかクレマチスの丘とかアートと自然が融合していて、そこにいるだけでとても居心地よくて気持ちがい...
指宿のイタリアン「フェニーチェ」で本格的な地産地消イタリアン... 薩摩料理は美味しいのだけど、たまには趣向を変えたものも食べてみたいということでランチタムにあわせて行った薩摩伝承館に併設されているイタリアンレストランへいってみた。 白水館という高級旅館に所属するレストランだけあって、スタッフの対応は素晴らしく、開放感がある窓越しには庭をみることができる。5月...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください