2016年のGWは南九州は鹿児島を旅行してきた。往復はジェットスターで移動して、現地ではレンタカーでの移動。

ということでジェットスターの搭乗記。そして、ひさびさに成田空港の第三ターミナルを利用したけれど、やっぱり不便なところだった。

第三ターミナルはLCC専用ということもあり、かなり扱いが悪いターミナルとなっている。まず、なにより駐車場がなくて第二ターミナルから1キロくらい歩いて行かなくてはならない。

しかし、地図をよくよくみてみると、成田空港の駐車場を利用するよりも、空港の手前にある民営の駐車場にとめてそこから空港まで歩いて行った方が近いんじゃないかと思えてきたので試してみることにした。

空港手前の駐車場に車をとめて(1日600円と激安だった)、そこから空港まで歩いて行く。5分くらい歩くとセキュリティを通過するのだが、そこの目の前が第三ターミナルになる。これは近い。警備の人にターミナルへの入り方をきいたら、脇の方に小さくゲートがあってそこから入ることができる。これから第三ターミナル使うときには空港の駐車場を利用することはないだろうな。

早朝便だったのではやめに空港へ行ったのだが、ジェットスターは朝便が多いこともあり、オンラインチェックインをしていても預け入れの荷物があると通常のチェックインと同じ列に並ぶので大混雑に巻き込まれてしまう。なんだろうこの残念感。なお、荷物を預け入れしてもセキュリティでひっかかる可能性があるため、チェックイン後もしばらくカウンター付近に待機しておく必要がある。

フードコート

フードコートのエリアは多少あるけれど、それほど美味しいお店があるわけではない。しかし、出発のセキュリティゲートをくぐってしまうと、その先にはなにもないので、まともな食事をとるのであればこのフードコートで食べておいた方がいい。

ジェットスターは機内食にはあまり期待できないので、オーダーせず。さっと寝てしまうのがベストな選択。悪い航空会社ではないし、いいところへ就航していると思うけれど、どうしても勝手が悪いなと思ってしまう。

ジェットスターで鹿児島まで

しかし、それでも鹿児島まで往復2万円もしないのはすごいよな。新幹線で大阪へ往復するよりも鹿児島へ行った方が安いなんて。LCCが旅行を変えたと思う。

予約はジェットスターのサイトからオンラインにて行った。

保存

Related Post

AirAsiaのIsland Transferを利用してリペ島へ... バンコクからどこへ行こうかと検討しているときに知ったIsland Transferサービスなるものを利用してみました。 これは、エアアジアのフライトに加えて、島までの交通機関の手配もまとめてやってくれるというサービスでして、「フライト+港までのバスの送迎+ボート移動」を一気に手配できます。 ...
霧島アートの森は絶対おすすめのスポット... 薩摩川内から鹿児島空港に向かったのだけど時間もあるしと立ち寄ってみた美術館。山の上にあってアクセスがちょっと面倒なのだが、ここはすごい楽しかったしおすすめできる場所。 なんていうか、箱根彫刻の森美術館とかクレマチスの丘とかアートと自然が融合していて、そこにいるだけでとても居心地よくて気持ちがい...
「道の駅たるみず」で足湯使ってひとやすみ... 霧島近くの栗野岳にある南洲館をあとにして、向かってみたのは大隅半島。薩摩半島と対をなすこの半島も相当に大きくて、今回はじめて足を踏み入れるエリアである。 秘境っぽイメージがあったのだけど、車で移動するには気持ちのいいドライブコースが続いていて、鏡のように穏やかな海ではカンパチの養殖をしている。...
エアアジアで行くミャンマー(ヤンゴン、マンダレー路線)搭乗記... 旅に出るからには、できれば同じルートを避けていきたいもの(だと思うんだけど・・)。 今回のミャンマー旅行はバンコク起点で、バンコク~ヤンゴン~バガン~マンダレー~バンコクというルートで進んでいった。僕としては理想的なひと筆書きルート。 ということで、エアアジアの搭乗記。バンコク~ヤンゴン...
ラ・サール レストラン(薩摩川内)で夕食... 山小屋みたいな外観 さて鹿児島に到着。鹿児島といっても、親戚が住んでいる薩摩川内に来ているのでちょっと離れているのだけど。 鹿児島を旅していて面白いなって思うのは、ここにはまだ大手のファミレスが進出してきていないので、地元の家族的経営な本当のファミリーレストランが残っているということ。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください