20130814-1953-01-0913六本木ヒルズで、2013年8月6日(火)~25日(日)の期間限定でオープンしていた草間彌生ワールドを体験できるコラボカフェに行ってきた。

カフェとしては洗練されていて、スタッフの対応もスバラシイ。でも、どこかのブログで見かけたイケメンばかりの店員というのは僕が行ったときは違っていたのかもしれない・・。

店内は水玉の草間ワールドが展開されていて、水玉の限定メニューもあるのだけど、僕が行ったときにはサラダくらいしか残っていなくて残念。まあ、その分待たずに入れたのかもしれないが。限定の食事を食べる場合には朝イチで行くくらいの気合いが必要だったのかも。

20130814-1945-48-0906

20130814-2001-32-0921限定グッズなども販売されていたけれど、目新しいものはあまりなかったような気がする。ここらへんは松本市美術館の方が充実しているかもしれない。

すでに終わってしまったイベントのカフェなので、ちょっと残念なのだけど、こうしたコンセプトカフェが定期的にあるのは面白いと思う。これで限定メニューがちゃんと食べられればもっと印象も違ったのだろうが・・・。

とはいえ、お店やそのまわりの雰囲気は草間ワールド感がたっぷりあって楽しかった。この人って年を追うごとに人気が増している感じがするな。

カフェ「私の大好きな私」

20130814-2014-57-0939

Related Post

ブラッカウズ(BLACOWS)で食べる極上なハンバーガーは現在の個人的ベスト1... 黒毛和牛専門のヤザワミートが展開する高級ハンバーガー店。恵比寿の駅からちょっと離れた裏通りにあるのだけど、かなりの人気店でランチタイムを外していってもわりと混んでいる。 高級ハンバーガー店といえば、2013年現在においてはマクドナルドまで参入してきた分野で、ここ恵比寿界隈でも何店舗があるのだが...
寬巷子(Quan)の美しい火鍋を食べる 台北で人気の火鍋なのだけど、辛いのが苦手な僕としてはわりと敬遠気味にしてきたところ。しかし、見た目にも美しく、味も美味しいという火鍋レストランがあるということで、行ってみることにした。アート作品のように見た目の美しい食べ物はちょっと驚くくらい。味も手頃で美味しかった。 寬巷子(Quan)へのア...
まつだい「農舞台」と詩情的世界の棚田... 大地の芸術祭の拠点として最大規模の施設が、ここ松代駅に隣接している、まつだい農舞台という建物。ここには、半屋外型の劇場施設と、建物内には小さめのミュージアムとショップ、カフェが入っている。トイレも清潔でデザインも洗練されているのでおすすめ。 また、ここで有名なのは農舞台をはさんで反対側にある棚...
老舗の陸羽茶室で楽しむ飲茶は高いが雰囲気いい... 香港随一の老舗で高級店の部類に入る陸羽茶室。朝食に行ってもいいし、ランチに行っても楽しめる。 僕にとっては飲茶といえば蓮香樓なのだけど、陸羽茶室は同じジャンルの料理なのか?っていうくらい雰囲気が違う。 アンティークな感じの店構え、案内してくれるスタッフの洗練された身のこなし、やたらと高級...
アンコール遺跡巡り(バンテアイ・スレイ 編)... 今回のアンコール遺跡巡りのなかで、僕にとって新たな発見だったのはバンテイアイ・スレイに対する印象。 ずっと前に来たときは、バイクタクシーの後ろに乗って砂埃だらけの道やら、道中は盗賊が出るとかいわれてびくびくしながらなんとかやってきた。 それなのに、バンテイアイ・スレイはすごい小さな遺跡で...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください