あぶらぼうずの切れ端の照り焼きらしい。これがメインのランチで1,500円以上する © 2016 shin. All rights reserved.

海ぼうず(銚子)ではあぶらぼうずがおすすめ(だった)

銚子漁港の前にある通りには海鮮料理のお店や魚屋が並んでいるのだけど、そのなかで好きな料理店のひとつ。通り沿いの店では有名ではないのだけれど、ここで食べられる「あぶらぼうず」という魚は美味しいし、それ以外のものも良心的で美味しい。

海ぼうずへのアクセス

銚子漁港の前の通りにある。駐車場は漁港の路肩などにとめられる他、漁港の駐車場もあるので困らないとは思う。ランチタイムは比較的混み合うけれど、最近は並ぶほどではない。

海ぼうずについて

白身魚のトロとも呼ばれているあぶらぼうずは深海魚。名前の通り脂が多い魚で体脂肪率は40%くらいになるみたい。なので、食べ過ぎるとお腹壊すレベル。しかし、脂がのった魚だけど、味は淡泊で煮付けや照り焼きなどにするとすごく美味しい。一部のエリアでしか採られていない魚で、なかでも銚子産のあぶらぼうずがもっとも高級魚とされているのだが、これは本当に美味しい。地産地消ならではの味が楽しめる。

これを単品で頼んでおいて、海鮮丼にしてみるのもいいと思う。豪華に盛り付けられた丼はしっかりとお腹いっぱいになる。

海鮮丼、普通に美味しい
海鮮丼、普通に美味しい
あら汁、悪くはない
あら汁、悪くはない

さらに、車を運転していなければ、試してみてもらいたいのは自家製の梅酒。甘さ控えめで梅の風味が強いお酒はハッとするくらい美味しい。僕は電車で銚子行ったタイミングで一度だけ飲んだのだけど一杯で終わらせるのがもったいなくて、数杯飲んでしまった。

とはいえ、これはもはや過去の話。

最近訪れたら世代交代したのか、すっかりお店の雰囲気が悪くなっていて、海鮮丼はまあ普通だったのだけど、あぶらぼうずとか金目鯛の質は信じられないくらい落ちてしまっている。頼んでから料理が出てくるまで1時間くらいかかってこのひどさはちょっとないよなあって思う。

あぶらぼうずは、作りおきしているのか冷凍方法が悪いのかすっかり脂が抜けて淡泊な白身魚の切れ端に1,000円以上払う感じだし、刺身もだいぶ下手になってしまったなあ。

あぶらぼうずの切れ端の照り焼きらしい。これがメインのランチで1,500円以上する
あぶらぼうずの切れ端の照り焼きらしい。これがメインのランチで1,500円以上する
しょぼい刺身、すっかり変わってしまった
しょぼい刺身、すっかり変わってしまった

全てが変わることなくっていうのは難しいけれど、ここまで質が落ちてしまうのを目にするのは悲しいところだ。

海ぼうず
住所:千葉県銚子市新生町1-36-11
時間:[月~金] 11:30~14:00 17:00~21:00、[土・日・祝] 11:30~21:00
休み:不定休

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*