指宿温泉から車で20分くらいと近いのだけど、列車の本数は1日数本というその少なさから鉄道でのアクセスが難しい秘境駅のひとつにあげられる西大山駅。ここは指宿枕崎線の鉄道駅としては日本最南端にあたり、ホームからは開聞岳がみえるのどかな駅で有名になっている。

ただし、無人駅で周囲にはなにもなく、鉄道でこの駅に降り立ってしまったら、お迎えがいない限り数時間は足止めをくらうことになる。ただ、のんびりした場所なので、それもまたいいのかもしれないけれど。

駅前にはホームより広い駐車場と黄色いポストがある。この黄色いポストは郵便局のポストになっていて、普通に郵便を出すことが出来るほか、たまに郵便局が臨時のテントはって記念切手を売っていたりする。

駅へのアクセスは鉄道でいくのは上記の理由から酔狂なマニアでもない限りはおすすめしない。車では駐車場もあるし国道からも近いので利便性が高い。なので、この駅は乗り降りするところというより、観に来るところという感じがする。

以前は、この駅のホームの目の前には畑がひろがっていて、その向こうには開聞岳というのどかな風景だったのだけど、今回2016年に来てみたら太陽光発電所が出来ていて、殺風景な工場みたいな風景が目の前にひろがっている。これは相当に旅情がそがれてつまらないのだが、時代の流れというものかもしれない。

ホームにはプラスチックの箱に入ったノートが置かれていて、鉄道で来た人たちが書き込みをしている。すごい大事にされていて、撮り鉄の人たちは相当に面倒くさい人がおおい印象だけど、この乗り鉄の人たちはその人種とはちょっと違うのだなって思えてしまう。

列車がやってくるタイミングは運にまかせていると絶対に遭遇できないレベルなので、事前に時刻表で調べてから来た方がいいと思う。遠くから鉄道の音が聞こえてやってくる列車を眺めているのは、それに乗らないまでも旅をしている感覚がある。

秘境な感じはあるけれど、車ではアクセスしやすいところだし、雄大な開聞岳を眺める場所としてもおすすめ。そんなに鉄道に興味がなくても来てみるのはいいところだと思う。

西大山駅

Related Post

中之条ビエンナーレ2015 – 暮坂エリア編... 六合エリアからの通りすがりに通るエリア。前回の訪問でも「印象が薄い」って書いていたけれど、今年の訪問でもやっぱり印象が薄い。でも、途中で立ち寄ったときに食べた「そば処 くれさか」の蕎麦は絶品。 六合から中之条方面へ抜けるときに通る道すがらで、見どころのポイントは十二みます、花楽の里、暮坂高原の...
垂水漁協直営の桜勘で新鮮なカンパチづくしのランチを食べる... 垂水といえば穏やかな海で行われているカンパチの養殖。その料理を漁協直営の食堂で食べることが出来るお店が垂水漁港のそばにある。 お昼時だけの営業なので行く時間には注意が必要だけど、産地直送ならぬ漁場直送の料理は贅沢な味だなって思う。 桜勘へのアクセス 垂水漁港の横にある倉庫のような建...
アンコール遺跡巡り(基本ルートとメジャー編)... 今回は現地で友人と合流して、ツアーガイド的なことをしたので、ひさびさにアンコール遺跡群を巡ってきた。 昔にきたときと比べると随分整備されてもう地雷注意の看板もなければ、内戦時の銃弾の跡を見つけることもない。 でも、世界屈指のパワースポットであり神聖な場所に圧倒される感覚は変わりがない。...
埼玉にある地下神殿(首都圏外郭放水路)の特別見学会へ行ってきた... 埼玉県にある現代の地下神殿。一部でカルト的な人気がある地下施設の首都圏外郭放水路なのだけど、一般での見学は平日しか受け付けていなくてしかも定員制になっているので行くのは結構面倒くさい。それが毎年11月の土曜日には広く一般開放を受け付けていて、わりと気軽に見に行けるのです。これを逃すのはもったいない。...
古いビルが香港現代アートの発信地になっていた – 賽馬會創意藝術中心 (JCCAC)... 香港の都心と郊外のあいだにある寂れたエリアが現代アートの発信地になっていた。場所はMRT石硤尾駅から歩いて数分のところ。 なんだか寂れたエリアだよなあとか思っていると、古いビルが目当ての建物だった。 エントランス料金とかはとくにかからないのでなかにはいってみると吹き抜けのエリアにはペイン...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください