指宿温泉から車で20分くらいと近いのだけど、列車の本数は1日数本というその少なさから鉄道でのアクセスが難しい秘境駅のひとつにあげられる西大山駅。ここは指宿枕崎線の鉄道駅としては日本最南端にあたり、ホームからは開聞岳がみえるのどかな駅で有名になっている。

ただし、無人駅で周囲にはなにもなく、鉄道でこの駅に降り立ってしまったら、お迎えがいない限り数時間は足止めをくらうことになる。ただ、のんびりした場所なので、それもまたいいのかもしれないけれど。

駅前にはホームより広い駐車場と黄色いポストがある。この黄色いポストは郵便局のポストになっていて、普通に郵便を出すことが出来るほか、たまに郵便局が臨時のテントはって記念切手を売っていたりする。

駅へのアクセスは鉄道でいくのは上記の理由から酔狂なマニアでもない限りはおすすめしない。車では駐車場もあるし国道からも近いので利便性が高い。なので、この駅は乗り降りするところというより、観に来るところという感じがする。

以前は、この駅のホームの目の前には畑がひろがっていて、その向こうには開聞岳というのどかな風景だったのだけど、今回2016年に来てみたら太陽光発電所が出来ていて、殺風景な工場みたいな風景が目の前にひろがっている。これは相当に旅情がそがれてつまらないのだが、時代の流れというものかもしれない。

ホームにはプラスチックの箱に入ったノートが置かれていて、鉄道で来た人たちが書き込みをしている。すごい大事にされていて、撮り鉄の人たちは相当に面倒くさい人がおおい印象だけど、この乗り鉄の人たちはその人種とはちょっと違うのだなって思えてしまう。

列車がやってくるタイミングは運にまかせていると絶対に遭遇できないレベルなので、事前に時刻表で調べてから来た方がいいと思う。遠くから鉄道の音が聞こえてやってくる列車を眺めているのは、それに乗らないまでも旅をしている感覚がある。

秘境な感じはあるけれど、車ではアクセスしやすいところだし、雄大な開聞岳を眺める場所としてもおすすめ。そんなに鉄道に興味がなくても来てみるのはいいところだと思う。

西大山駅

Related Post

中之条ビエンナーレ2015 – 沢渡エリア編... 暮坂峠をくだってきて沢渡にやってきた。ここでは蛇野と丸伊製材のあたりがみどころのひとつ。どちらも広い駐車場があるのでアクセスしやすいのがいい。 蛇野のエリアは2年前と比べても廃墟感がましたというか、自然に還ってきているというか、建物が緑に覆われてきていたり、足場ががたついていたり。 なに...
夏の安曇野の廃線跡を歩いてみる 1980年代後半まで使われていた篠ノ井線の廃線跡をハイキングしてきた。ここは、冬に訪れて雪に埋もれた廃線跡もよかったのだが、なにせ歩きづらく季節を変えて来てみたいなと思っていたところ。 冬の訪問:安曇野の廃線跡を歩いてみる 現在は「国鉄篠ノ井線廃線敷遊歩道」として整備され...
北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...
隅田川の桜とハレテラス 東京で眺める春のお花見。2016年春の話し。浅草の隅田川で桜を眺めてきた。目黒川と比べると、あまり広い規模ではないものの隅田川沿い、対岸には特徴的なアサヒビールの本社とその向こうにはスカイツリーも見えるロケーションは東京の下町らしい風景。 どうも、この近所に着物のレンタルと着付けをしてくれるお...
鎌倉高校前の踏切は鎌倉屈指の観光スポットになっていた... 一直線の坂道が海までつづいていて、踏切を通る江ノ電とのコントラストが美しい風景。映画とかにもたまに出てきて、すごくフォトジェニックな場所になっている。スラムダンクで台湾や香港での人気が高まったみたいで、いまこの踏切に来ている旅行者って日本人よりも、台湾の旅行者が多いくらいだ。 踏切は江...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください