ちょっと事情があり、薩摩川内での宿は川内高城温泉の丸善旅館(マル善)となった。地元に愛されているところではあるが、ほとんどが日帰り温泉のお客さんなのでゴールデンウィーク中にも関わらず宿泊客は僕だけという状況。

過去の訪問:まさに鄙びた温泉街、川内高城温泉と丸善旅館の日帰り温泉

でも、前回から経営が代替わりしていて、客室などがリノベーションされてきれいになっていたのはよかった。人が居ないだけに本当に静かな宿。20時も過ぎるとやることなくなるので、ビール飲みながら本でも読んでさっさと寝てしまうに限る。

外観
外観

当然のことながら食事は出ないので、夕食はどこかに食べに行くことになるのだが、最近になって近くに蕎麦屋などの料理店ができてきているので、訪れたときにまだやっていればそういうところで食事をすることができると思う。

川内高城温泉は「ひなびた」と「さびれた」の中間くらいな印象だったのだけど、今回の訪問で若干「ひなびた」の成分が増した気がする。

マル善の温泉もリノベーションされていて、ちょっときれいになっているのだが、男女の区分けの所にあった熱帯植物が刈り取られていて、すっきりとしてしまっていた。もはやジャングル風呂ですらない状態。でもまあ、前にきたときもちょっと植物がしなびていたし、この判断は妥当な感じもする。

内湯、朝イチは貸し切り状態
内湯、朝イチは貸し切り状態
懐かしき桶など
懐かしき桶など

ホテル マル善

温泉は完全に源泉かけ流しのものなので、すごく気前がいい。泉質も素晴らしく、ちょっと熱いのだけどしっかりあたたまるし、疲れがとれる気がする。九州の温泉は平均点がすごく高くて、どこ行ってもすごく「ああ・・いいところだなあ」って思える。

泊まった場合の特典として、この朝風呂を貸しきりで利用できるのは割と贅沢な感じがする。お風呂つかって、露天風呂で涼んで、また内風呂はいって。ほかにやることもないし、ゆっくりと時間をかけて温泉を楽しむことにする。

露天風呂も気持ちがいい
露天風呂も気持ちがいい

ホテル マル善

予約に関しては電話ということになるのだけれど、まあ好き好んで泊まるようなところではないので情報は伏せておきます。来るなら日帰りでっていうところ。ふらっと散歩すると気がつけば通りすぎてしまうくらい小さな温泉街なので、こういう場所が好きな人にはおすすめなところ。

Related Post

大町呑み歩きに便利「ニュー竹乃家」宿泊記... 信濃大町で行われた「北アルプス 三蔵呑み歩き」で呑み歩くために、去年は信濃大町温泉の「旅館 叶家」に泊まったのだけど、街から離れた温泉街なのと食事がちょっといまいちだったこともあり、今年は信濃大町駅近くの「ニュー竹乃家」という旅館にしてみた。 結論からいうと呑み歩きイベントに行くためには、もの...
「旅館 叶家」 信濃大町温泉にあるちょっと不思議な老舗旅館... 信濃大町で開催された「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」へ参加するときに泊まった宿。イベントは信濃大町の駅周辺で行われていて、こちらの旅館叶家はそこから車で20分くらいいった大町温泉にある。 移動はバスがあるのだが、宿からバス停まで徒歩7~8分かかるのと本数が少ないため、今回はタクシーで移動。...
栗野岳温泉「南洲館」と八幡地獄めぐり... 前に、霧島アートの森へ行くときに途中の中腹にあった一軒の温泉宿が気になっていたので、今回ぞんぶんに楽しんで来た。思っていた以上にすごいところで、そして気持ちがいいところだった。 南洲館へのアクセス 霧島温泉のエリアに属してはいるけれど、南洲館は栗野岳という山間に一軒だけある温泉旅館。 ...
竹乃家旅館ふたたびの宿泊 「北アルプス 三蔵呑み歩き」に2016年もやってきた。泊まりはいつものごとく信濃大町駅のすぐ近くにある竹乃家にしている。 駅から近くて、呑み歩きの会場からも近いのが唯一にして最大のメリット。 過去の宿泊 2015年:信濃大町の駅前旅館みたいな「竹乃家」宿泊記 2014年:大町...
秋の阿蘇と鹿児島旅行 ジェットスターで移動 2014年の秋は九州を旅してきた。去年は佐賀を中心とした北九州だったのだけど、今年は熊本から鹿児島にかけての南九州を巡る旅。 南九州は温泉がいいなあ・・というのが実感したところ。今回行くことが出来なかったけれど、指宿の砂蒸し温泉も好きだし、霧島にもいい温泉が沢山あ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.