親類に「時間あるなら大すき茶屋で蕎麦食べるのがいい」という話しがあり、行ってみることにした。目印は大きな看板で「この味にくいな」だからなと言われて、なにいってんだと思っていたのだが、実際に到着してみてわかった。

看板にある電話番号が54-2917なのだけど、その下にあて字で「この味にくいな」って書いてある。なんだろう・・昨日から続くこのユルいふざけた看板シリーズ。嫌いではない、むしろちょっと好き。

大すき茶屋

お店はお昼時を少し外しているのに、混雑とまではいわないけれど、それなりに入っている。さすがに地元で人気なだけあるよな。

九州で蕎麦ってあまりイメージわかないのだが、店名にもなっている「大すき蕎麦」みたいなのがあったのでそれを頼んでみる。

そして、「忘れずにおでんも頼むこと」という言いつけを守って、おでんもいくつか頼んでみることにする。ボリュームのある昼ご飯。

蕎麦
蕎麦
そしておでん
そしておでん

ビール飲みたくなるけれど、運転しているしな。こちらの方に住んでいる人たちってみんなこの欲望との葛藤をどうしているのだろう。

出てきたおでんは味がしみていて、たしかに美味しい。素朴だけれど、しっかりとした味わい。お蕎麦は温かい蕎麦で、なかにはいっていた海老の天ぷらのボリュームに驚いた。ちゃんと海老している天ぷらでこれだけでもお腹いっぱいに成りそうなくらい。

ボリュームがあり、美味しいランチということであればここでの食事はとてもおすすめ。九州で食べる蕎麦は、すがすがしさや喉ごしってことではなく、出汁のおいしさとかで食べるものだと知る。

大すき茶屋

大すき茶屋
住所:鹿児島県薩摩郡さつま町平川6380
時間:10:30-15:00
休み:不定休

Related Post

井筒屋でいただく「かめ塩のうなぎ」... 冬の信州を一泊二日で旅してきた。ひさびさに国内を列車で旅をしてきたのだが、のんびりしたローカル線の旅って楽しいものだなって改めて思う。そして、気軽にお酒を飲みながら旅をできるのも列車の旅ならではというところ。 まず向かったのは山梨の小淵沢。朝に列車に乗りこむけれど、到着する頃はお昼になるので、...
浅間(四谷三丁目)で日本酒を楽しむ... だいたい日本酒が飲みたくなると来るのが四谷三丁目の浅間。 日本酒に対する店主の講釈には好き嫌いがあるみたいだけど、日本酒についてあまりよくわかっていない僕としては勉強になるし、話を進めていくことによって自分好みのお酒を選んでくれるというこのお店のスタイルは結構好きだったりする。 たぶん、...
Pier 21(Terminal 21内)のフードコートは手軽でおすすめ... 夏場に着るTシャツとかを買いに行くためBTSに乗ってアソークのTerminal 21まで。買ったのは前にも紹介していたパンダの柄のシャツだったりする。 そしてランチはこのショッピングモールの最上階にあるフードコートで食べることにした。サンフランシスコをイメージした内装はカジュアルで値段も手頃。...
注文は30個から。日本三大餃子「円盤餃子」の満腹へ行ってきた。... 花見山を見終わってまだ午前中。ランチは福島市内にあるお店に行ってみることにした。福島はひっそりと宇都宮、浜松につづく餃子の街になっていて、円盤餃子なるものがご当地餃子として有名になっているらしい。円盤餃子ってなんだよ・・大きいのだろうか?と思っていたのだが、フライパンにぎっしりと餃子を敷きつめて焼く...
度小月担仔麺(台南本店)で食べる老舗の味... もう超老舗かつ超有名店。台南だけじゃなくて台北にもお店がある度小月なんだけど、今回泊まった正興咖啡館から近かった本店に行ってきました。 創業100年越えの老舗で、台南といえば度小月の担仔麺というくらいの知名度。台南市内にも何店舗もあるのだが、古風なインテリアや昔ながらの作り方を垣間見ることがで...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください