親類に「時間あるなら大すき茶屋で蕎麦食べるのがいい」という話しがあり、行ってみることにした。目印は大きな看板で「この味にくいな」だからなと言われて、なにいってんだと思っていたのだが、実際に到着してみてわかった。

看板にある電話番号が54-2917なのだけど、その下にあて字で「この味にくいな」って書いてある。なんだろう・・昨日から続くこのユルいふざけた看板シリーズ。嫌いではない、むしろちょっと好き。

大すき茶屋

お店はお昼時を少し外しているのに、混雑とまではいわないけれど、それなりに入っている。さすがに地元で人気なだけあるよな。

九州で蕎麦ってあまりイメージわかないのだが、店名にもなっている「大すき蕎麦」みたいなのがあったのでそれを頼んでみる。

そして、「忘れずにおでんも頼むこと」という言いつけを守って、おでんもいくつか頼んでみることにする。ボリュームのある昼ご飯。

蕎麦
蕎麦
そしておでん
そしておでん

ビール飲みたくなるけれど、運転しているしな。こちらの方に住んでいる人たちってみんなこの欲望との葛藤をどうしているのだろう。

出てきたおでんは味がしみていて、たしかに美味しい。素朴だけれど、しっかりとした味わい。お蕎麦は温かい蕎麦で、なかにはいっていた海老の天ぷらのボリュームに驚いた。ちゃんと海老している天ぷらでこれだけでもお腹いっぱいに成りそうなくらい。

ボリュームがあり、美味しいランチということであればここでの食事はとてもおすすめ。九州で食べる蕎麦は、すがすがしさや喉ごしってことではなく、出汁のおいしさとかで食べるものだと知る。

大すき茶屋

大すき茶屋
住所:鹿児島県薩摩郡さつま町平川6380
時間:10:30-15:00
休み:不定休

Related Post

福魚食堂 – 地元感、鮮度抜群の福岡で食べるおすすめ朝食... ジェットスターの早朝便で成田からやってくると、福岡の町中には9時くらいに到着することになる。これって、なんだか東京から福岡までその気になれば通勤できるんじゃないかと妄想してしまう。 それはさておいて、福岡まで来たならば朝食は長浜の市場で食べるのをおすすめしたい。 福岡市の中心部からはやや離れ...
謝甜記(横浜) – 中華街にあるお粥の名店... お店はサンタクロースが引っかかっているのが目印 横浜の中華街へ出かけても、食材を買うことはあっても、中華料理を食べることはあまりないのだが、ひさびさに謝甜記でお粥を食べてきた。 場所は中華街の中心街のあたりで、すごくわかりやすい。 なぜだか分からないけれど、お店の入り口に巨大なサ...
【閉店】Bbr APARTMENT(中目黒)のボリュームあるランチがすごい... 中目黒の商店街のなかほどからちょっと路地入ったところにあって、外観はおしゃれなカフェなのだけど、ランチにはすごいボリューム料理を手頃な料金で提供しているところ。 かなり気に入っていてよく行くのだが、がっつりランチを楽しめつつ、カフェ的にのんびりできるのがいい。 ランチタイムには「トンテキ...
Moke’s Bread and Breakfast(中目黒)でおしゃれパンケーキのラン... 中目黒でランチをしていたとき、関谷スパゲティでも行こうかなって思っていたら、一緒にいたやつに「モケス パンケーキが並んでない!」と叫ばれて、なかば強引に来てしまったお店。 ランチにパンケーキかよ・・って思ったのだが、すごい美味しかった。ほんと自分の先入観の浅さが不甲斐ない。 お店のキャッ...
まさに鄙びた温泉街、川内高城温泉と丸善旅館の日帰り温泉... 鹿児島の温泉といえば霧島とか指宿とかが有名過ぎて、あまり知られていないけれど地元を中心に人気があって、しかも鹿児島最古の温泉といえば川内高城温泉なのです。 西郷隆盛も通っていたらしく、逸話が残っているし、温泉街にはなぜか隆盛が温泉つかっている像がある。 山間の小さな温泉町で、クルマで行か...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください