大隅半島の垂水までやって来たのは、カンパチを食べたいからということの他、この風景を眺めてみたいからということもある。マゼンハイと呼ばれている場所で、ここから垂水の風景を一望することができる。

ここの場所については観光地ではなく、ごく普通の場所で僕が情報を公開していいのかどうかちょっとわからなかったため、現時点では具体的な場所の掲載はひかえておきます。ただ、桜勘の近くにある公園の看板にざっくりした案内だけど看板があったので、そこまで行けばマゼンハイまで行くことができるはず。

マゼンハイマゼンハイマゼンハイ

マゼンハイの意味ってたしか公園の看板に書いてあったのだけど・・忘れてしまった。とはいえ、なにかの原であるということだったと思う。国道から住宅街の細い路地を抜けて農業道路みたいな山道に入ってちょっと行くと少し広くなっているところがあり、そこに車を停めることが可能。

ここから眺める風景は美しくて、天気がよければ桜島を一望することができる。僕が行ったときには残念ながら桜島の下半分しか見えなかったのだが、それでもジオラマみたいな垂水の漁港や、海に浮かぶ養殖場の風景はのどかで初夏の空気を感じる。そして、なにより静かでのんびりとしている。

遠くを行き交う船や、穏やかな海の風景は心癒やされるし、来てよかったなと思えるところだと思う。この空気こそが旅をしていることを感じさせる場所だ。

Related Post

夏の安曇野の廃線跡を歩いてみる 1980年代後半まで使われていた篠ノ井線の廃線跡をハイキングしてきた。ここは、冬に訪れて雪に埋もれた廃線跡もよかったのだが、なにせ歩きづらく季節を変えて来てみたいなと思っていたところ。 冬の訪問:安曇野の廃線跡を歩いてみる 現在は「国鉄篠ノ井線廃線敷遊歩道」として整備され...
カリオカ水道橋とラパ広場 カテドラル・メトロポリターナからラパに向けて数分歩くとみえるのが真っ白な水道橋。サンタテレーザの丘からセントロの方につながっていて、かつてはここに水を通していた。現在は路面電車の陸橋になっている。 水道橋のあるところは大きな広場になっていて、ラパ広場と呼ばれている。このあたりは下町っぽさがあっ...
安曇野の廃線跡を歩いてみる 安曇野に住んでいる友人は、こっちの観光関連の組織に勤めているらしく、訪れてきた観光客へたまに「ハイ、こちらがおすすめですよ」とかやっているらしい。 そして、風ゆらでランチを食べながら、ランチ食べたあと軽くどこか観るところある?って話しをしていて向かったのは篠ノ井線の廃線跡。 1980年代...
鎌倉の明月院で「悟りの窓」から紅葉を観賞する... 北鎌倉において円覚寺と同じくらいに有名なお寺。円覚寺をまわりこむようにして少し奥に行ったところにある。北鎌倉駅からは歩いて15分くらいかなあ。 初夏にはあじさいの名所として知られているようだが、秋には紅葉が美しい。錦繍とまではいかないまでも、よく手入れされた鮮やかな風景というのは自然の紅葉とは...
建築的に見ていて楽しい高雄の地下鉄駅紹介「中央公園駅」... 高雄の地下鉄といえば、オフィシャルキャラクターが萌えキャラでなんかすげえなと思ってしまうのだが、それ以外にも現代建築として面白いところがある。 有名なのはターミナル駅である美麗島(フォルモサ)駅の建物と改札のステンドグラスだけど、今回行ってみた中央公園駅もまたのどかでいいところだった。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.