柳川氷室桜島からフェリーで鹿児島に到着。なにもない田舎の島からほんの10分くらいで都会にやってくるのはなにかショートカットしたような不思議な感じ。

天気は回復してきて、GWだけどはやくも初夏の雰囲気で蒸し暑い。

市内を車で走らせて駐車場に車をとめて散歩でもしようかと思ったら、通りに人だかりが出来ているのが見える。どうもかき氷屋さんのようでみんな道ばたの日陰で立ちながら食べているのがみえる。すごい気になる。

ということで、コインパーキングに車をとめてやって来たのはこちらの柳川氷室。氷屋さんがやっているかき氷店のようで、店先では氷を切り出したりしているのがみえる。

ここの氷は鹿児島の名水である大重谷水源の原水をゆっくり時間をかけて氷らせて作っている。家の冷蔵庫で作る氷とは異なり、透き通った氷は見た目にも涼しげ。

この氷使ったかき氷は美味しそうだ。メニューはすごく沢山あって悩むくらいなのだが、なにより驚くのはその値段。どれも250-300円くらいで食べることができるのはすごい。ミルクがけのトッピングしても50円増というのは良心的経営にもほどがあるだろうと思ってしまう。

日向夏のかき氷にミルクをトッピング
日向夏のかき氷にミルクをトッピング

ということで、部活帰りの学生とかが仲良く食べていたり、休日を鹿児島市内で過ごす家族連れが子供と一緒に食べたりしている風景がまたのどか。

僕はさんざん迷って日向夏のかき氷にミルクをトッピング。色合いはフォトジェニックではない。それでも300円だものな。まわりのひとと同じように木陰で食べるのだけど、この冷たさが身体にしみわたる美味しさ。そうだよ、かき氷ってこういうシンプルなものなのだよなって思う。

鹿児島でかき氷といえば「白くま」が有名で、僕もこのあと食べたのだけど、旅の思い出として残っているのはここ柳川氷室のかき氷とこの風景。暑い昼下がりにのんびりと食べたいところ。

柳川氷室
住所:鹿児島県鹿児島市堀江町19-6
時間:11:00-18:00

Related Post

銀座の資生堂パーラーへ「真夏のパフェフェア」を味わいにいってきた... 信じられないような暑さの休日、銀座へ行ってきた。お目当ては資生堂パーラー三階のカフェでやっているフルーツパフェのフェア。ひさびさに訪れたけれど、涼しげな接客やシックな内装で銀座とは思えないくらいゆったりとした店内など、真夏の騒がしさを忘れる優雅な時間を過ごした。 資生堂パーラーは190...
上野「うさぎや」のどら焼きはお土産におすすめ... 上野に来ることがあればだいたい立ち寄るのが、上野広小路にある「うさぎや」さん。ここのどら焼きは絶品で、自分用に買うのがメインだけど、人にあげるのにも最適なのでお土産に買っている。 銀座「空也」の最中ほど入手困難なものでもないし、それでいて上品な美味しさがある和菓子というと、ここのどら焼きは万人...
カカオ マーケット バイ マリベルの京都土産はかなり喜ばれる... 最近になって東京にも進出してきているカカオマーケットなのだが、祇園にある京都店の雰囲気とか含めてすごく好き。マリベル本店は烏丸御池の近くにあるのだけれど、今回は時間がなくて立ち寄れず、次回にまわしている。 僕が訪れたのはバレンタインデーの前だったこともあり、かなりのアウェイ感があったのだけれど...
salo cafe(サロカフェ) – 新宿での喧噪を逃れた癒やしカフェ... フィンランド語で「深い森」を意味する「salo(サロ)」の名前がついたカフェ。騒がしい新宿の街のなかにこんなところあるんだっていうくらいゆったりした雰囲気のカフェで気に入っている。 森や木をコンセプトにしていて、店内はアンティークな感じの家具とかで統一されていてヨーロッパのカフェっぽい印象もあ...
桜島フェリーと「やぶ金」のうどん 大隅半島の垂水でのんびりとした後、鹿児島市内の方に行こうと思っていたのだが、半島を戻っていかなくても桜島へ橋がかかっているので、桜島を経由して鹿児島市内に行けることに気づく。 旅において来た道をそのまま戻るくらいつまらないことはないのと、桜島経由というのが意外で楽しそうだったので迷わず選択。垂...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください