柳川氷室桜島からフェリーで鹿児島に到着。なにもない田舎の島からほんの10分くらいで都会にやってくるのはなにかショートカットしたような不思議な感じ。

天気は回復してきて、GWだけどはやくも初夏の雰囲気で蒸し暑い。

市内を車で走らせて駐車場に車をとめて散歩でもしようかと思ったら、通りに人だかりが出来ているのが見える。どうもかき氷屋さんのようでみんな道ばたの日陰で立ちながら食べているのがみえる。すごい気になる。

ということで、コインパーキングに車をとめてやって来たのはこちらの柳川氷室。氷屋さんがやっているかき氷店のようで、店先では氷を切り出したりしているのがみえる。

ここの氷は鹿児島の名水である大重谷水源の原水をゆっくり時間をかけて氷らせて作っている。家の冷蔵庫で作る氷とは異なり、透き通った氷は見た目にも涼しげ。

この氷使ったかき氷は美味しそうだ。メニューはすごく沢山あって悩むくらいなのだが、なにより驚くのはその値段。どれも250-300円くらいで食べることができるのはすごい。ミルクがけのトッピングしても50円増というのは良心的経営にもほどがあるだろうと思ってしまう。

日向夏のかき氷にミルクをトッピング
日向夏のかき氷にミルクをトッピング

ということで、部活帰りの学生とかが仲良く食べていたり、休日を鹿児島市内で過ごす家族連れが子供と一緒に食べたりしている風景がまたのどか。

僕はさんざん迷って日向夏のかき氷にミルクをトッピング。色合いはフォトジェニックではない。それでも300円だものな。まわりのひとと同じように木陰で食べるのだけど、この冷たさが身体にしみわたる美味しさ。そうだよ、かき氷ってこういうシンプルなものなのだよなって思う。

鹿児島でかき氷といえば「白くま」が有名で、僕もこのあと食べたのだけど、旅の思い出として残っているのはここ柳川氷室のかき氷とこの風景。暑い昼下がりにのんびりと食べたいところ。

柳川氷室
住所:鹿児島県鹿児島市堀江町19-6
時間:11:00-18:00

Related Post

お土産だけじゃない、フラノマルシェの魅力について... 札幌から富良野までやってきて、そこから美瑛まであと少しのところ。唯我独尊でランチを食べて国道へ戻るところにショッピングモールみたいなものがあり、それがフラノマルシェというところだった。少し離れたところに二カ所あって、僕が訪れたのはオリジナル?の方みたい。 地産地消というか、富良野の特産物をあつ...
微熱山丘(SunnyHills)で自分用にパイナップルケーキを買う... お店のスタッフは日本語できる人もいます。フレンドリー。 前から気になっていたのだけど、台北でもちょっと外れた場所にあって行くのが面倒だなあとか思っていたところ。しかし、Googleのナビで検索したらバスで意外と簡単に行けそうだったので行ってみた。 中山のあたりから松山空港を経由していく...
砂むし会館「砂楽」で砂蒸し風呂体験はすごい気持ちがいい... 指宿に来たならば砂むし温泉に入ることが目的になると思う。どうやらこのあたりの海岸の砂浜ではわりとあちこちで温泉が出てきているみたいで、その辺で砂を掘り返すと温泉出てくるからそこで砂むし風呂をやることもできるみたい。でも、あとで砂を払ったりするのも面倒だし、温度管理とかも考えると(やけどしそう)、温泉...
鹿児島空港はイームズのシェルチェアが勢揃いしている穴場の場所... 地方空港のなかでは小さい方なのかなと思う鹿児島空港。二階にお土産物屋さんや食堂があり、三階にはレストランがある。セキュリティを通り抜けると出発ゲートにはお店もあまりないのだが、少し早めに出発してみるのがおすすめ。 その理由としては、この空港の搭乗口あたりにある椅子にはイームズのシェルチェアが使...
爐鍋咖啡(Luguo Cafe) – 台北に来ると必ず立ち寄っているカフェ... 台北に来ると、なんとなくだけど足が向いてしまうのが迪化街で、古めかしい街並みも好きだし、散歩をしていて楽しい街だと思う。 で、迪化街に来てなにをするかというと、永久號でからすみを買って、ArtYard小藝埕で台湾雑貨を眺めて(うっかり買ってしまって)、そしてひと休みは小藝埕の2階にある爐鍋咖啡...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください