鹿児島市内の中心地は鹿児島中央駅ではなく、天文館というエリアになっている。ここは仙台の国分町みたいなところで、アーケードの商店街のまわりに歓楽街やら飲食店が密集しているところ。

観光客にとってはこの天文館のなかでは「むじゃき」というレストラン兼カフェで食べる「白くま」というかき氷が有名。ここが本家であり発祥の地であるという。

天文館むじゃき

市電の天文館通駅から商店街のアーケードを歩いて5分くらいのところにある。なんていうかパチンコ屋みたいな見た目で建物の1階から4階まで業態が少しずつ違うけれど同じ店らしい。カフェは二階にあって、入ってみることにする。

結構混んでいるのかなと思ったら、お昼過ぎの時間帯だったからか空いていた。古めかしい昭和の喫茶店という雰囲気。

ところで、白くまというのはずっと「白くてやたらとでかいかき氷」のことをさしているのかと思っていたのだが、ここで白くまというものを説明されて、このかき氷の造作が白くまの顔になっているから「白くま」という名称なのだと知る。このことを知っただけでもこのお店に来る価値があった。

天文館むじゃき

でも、それ以上のものはないかなあ。元祖で本場が素晴らしいというわけではないのだな。話しのネタとしてはいいけれど、それ以外のものも、それ以上のものもない。

観光客たるもの一度くらいは来てもいいんではないかというところ。

天文館むじゃき
住所:鹿児島県鹿児島市千日町5-8
時間:11:00-22:00(日・祝・7-8月は10:00開店)
休み:不定休

Related Post

一二三亭(高雄)で昔の日本の雰囲気を知る... 台南第二の都市である高雄の街は台北の小型版みたいな感じで、街中ではあまり印象が残るようなところがなかった。 そんななかで、高雄の港に近いエリアは独特のゆったりとした世界が流れていて見どころの多い、高雄の街では数少ない印象に残る場所。 そんな港の近くにある一二三亭は昔の日本統治時代に料亭と...
鹿児島空港と空港レストラン、そして「しろくま」を食べる... 鹿児島空港には何度か来ていて、空港にある山形屋のレストランで食事するのが好きなのです。 しかし、今回はちょっと前に「うなぎの尾方」で食事をしてしまっていたこともあり、空港についてからどうしようかなとか思っていたのだけど、デザートがてらに「しろくま」を食べてみることにした。 行ったのは空港...
京都っぽいカフェだなって思う「丁の字 CAFE」... 一保堂茶舗からほど近いところにあって、ランチがてらに立ち寄ってみたカフェ。ちょうどランチのピークタイムが終わったばかりみたいでお客さんがおらず、貸し切り状態でゆっくりできた。 場所は二条木屋町になるのだけど、この辺は住宅街みたいで落ち着いた雰囲気。一保堂茶舗からはほんの数分のところ。 一...
道南館でゆっくりとした時間を過ごす... 美味しいコーヒー飲みたいなと思って、朝からやっているところを探したどり着いたところ。以前に泊まった「興居 台南」のほんの斜め前にあるところで、またあの宿にも泊まりたいなあって思ってしまう。 道南館へのアクセス 民權路二段の通り沿い、新美街に入る路地の入口あたりにある小さなカフェ。大天后宮...
秋山堂は春水堂の高級店バージョン 国立台湾美術館の敷地内ににある喫茶室で、かなりおしゃれ。 春水堂があるところと同じ建物内には秋山堂では中国茶を本格的なスタイルで楽しむことができる。 春は水で、秋は山ってこと?なんだかそういうところもセンスを感じる。 春水堂は代官山にもあるしな・・ということで秋山堂にしたのだけど、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください