鹿児島市内の中心地である天文館界隈は歩いてまわれるくらいのエリアなのだが、時間を気にせずゆっくりひと息つける居心地いいところというとあまり見かけない気がする。ここまで来てチェーン系のお店に行くのもなんだし。

そんななかで見つけたのが「みなみ風」というカフェ。名前がいいし、ロケーションも「唐芋ワールド内」とか書いてあって、どんなテーマパークなんだよと思っていたのだが、普通のお土産物屋さんだった。しかし、ここの芋は大隅半島にある直営農場で作られたものを使用していて、ハーブティーもフレッシュなものを農場から取り寄せているという。

唐芋ワールドの二階にある
唐芋ワールドの二階にある

この唐芋ワールドの2階がカフェになっている。ブックカフェということだが、漫画喫茶とかいうのではなく普通のオーガニックカフェみたいな雰囲気。本はお店の片隅に置いてあるくらいで、普通のカフェ。

普通のカフェ
普通のカフェ
このスイーツ、ラブリーは激うまい
このスイーツ、ラブリーは激うまい
農場から直送されるハーブティーも美味しい
農場から直送されるハーブティーも美味しい

ここでは唐芋を使ったスイーツを楽しむのがおすすめ。一番人気は「ラブリー」という不思議な名前のレアケーキ。商品名をいうのが勇気のいるところではあるが、これは美味しい。空港のお土産物屋さんでも売っているのでお土産にもおすすめ。

ハーブティーもちゃんとしていてフレッシュさを感じるものになっている。なにより、騒がしい天文館の喧噪が嘘のように静かで落ち着いた店内は居心地がいい。美味しいスイーツを楽しみながら休憩するにはいいところ。偶然見つけたところだけど案外よくて旅の巡り合わせを感じてしまった。

ブックカフェみなみ風(唐芋ワールド2階)
住所:鹿児島県鹿児島市呉服町1-1
時間:11:30-19:30
休み:1月1日

Related Post

新美街(台南)の気になるジェラテリア「富貴冰淇淋 (Rich Gelato)」に行ってきた... 新美街というか米街のあたりは台南の新しいカルチャーがうまれてきているところで、最近おもしろそうなお店が増えてきている。 フルーツショップの鳳冰果舖やカフェとゲストハウスを兼ねている来了はすぐ近くにある。ちょっとした大通りを渡れば大天后宮があって、TCRCという台南でも有名なバーがある。観光にも...
CHILLOUT STYLE COFFEEで安曇野の風景を眺めながらコーヒーを楽しむ... 安曇野でみつけたコーヒーの美味しいカフェ。農家の納屋みたいなかまぼこ型の屋根が特徴的な建物で、なかはゆったりし過ぎているくらいにゆったりしている。そして、出てくるコーヒーは丁寧なドリップでイッタラのマグにたっぷりと出してくれる。心ゆくまでのんびりできるカフェを見つけてしまった。 チルア...
お土産だけじゃない、フラノマルシェの魅力について... 札幌から富良野までやってきて、そこから美瑛まであと少しのところ。唯我独尊でランチを食べて国道へ戻るところにショッピングモールみたいなものがあり、それがフラノマルシェというところだった。少し離れたところに二カ所あって、僕が訪れたのはオリジナル?の方みたい。 地産地消というか、富良野の特産物をあつ...
爐鍋珈琲(LuguoCafe) – 迪化街で一休みできる台湾風カフェ... もし台北において、限られた時間のなかでどこか一軒でも台湾風なカフェにいってみたいというのであれば、こちらの爐鍋珈琲(LuguoCafe)がおすすめできると思う。僕も5月に訪問してからリピートしてみたくらい。 なぜ、限られた時間のなかで訪問するカフェとしておすすめなのかというと・・・ 迪...
鹿早茶屋は台南らしいリノベーションカフェ... 古い建物が多く残っている台南の街らしいカフェだなあって思う。台南では安平エリアなどにもある鹿早のカフェに行ってみた。 鹿早茶屋へのアクセス 国鉄の台南駅からは比較的近いエリアにある。駅から伸びている中山路をすすみ、ちょうど合成帆布行がある交差点を線路側へとすすむ衛民街という通りにある。お...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください