鹿児島空港へ向かう前にはまだ少し時間があったので、市内のはずれにある仙巌園へ行ってみることにする。鹿児島市の市街地からはちょっと渋滞もあるけれど、20分くらいで到着することができる。駐車場は有料で別料金。

仙巌園は薩摩藩藩主である島津家の別邸があったところで、その美しい庭園は別名で磯庭園と呼ばれている。海に面した庭は桜島を借景にして、手前の鹿児島湾は池に見立てており、この庭園はその前庭という感じ。

仙巌園、これで桜島みえていたら圧巻の風景だろうな

また、幕末にはこの敷地を一部を使って製鉄所やガラス工場を作ったりしたこともあり、2015年には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」という名称で長崎の軍艦島などとともに世界文化遺産へ登録されている。

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界遺産に登録されている

庭園のデザインは日本風な感じだけれど、この亜熱帯に片足入ったような気候とか、立地的に中国文化の影響を多大にうけた風景は独特のダイナミックな景観を作りだしている。孟宗竹って日本ではここが起源になっていたのか、あれ美味しいものな。

庭園は相当に大きくてざっと見てまわるだけでも2時間くらいはかかる。ちゃんと見てまわるとなると半日くらいは必要なのかもしれない。それくらいの広大さで見どころが多い。

空港に行くまでの時間つぶしという気軽に感じで来てしまったのはもったいなかった。今回は桜島が雲に隠れてしまったこともあり、この庭園のよさを堪能することができなかった。ここはまた訪れてみたいところだな。

お土産物では、ここがガラス工場があったことに由来して薩摩切子の製品などが有名。すごく高いけれど、この美しさはひとつもっていると旅の思い出としてはよさそうだよなって感じがする。

江戸時代末期には日本の諸藩が財政的に疲弊しているなかで、薩摩は貿易などで豊かであったという。そのことを実感として感じられる豪華な庭園だった。

仙巌園
住所:鹿児島市吉野町9700-1
時間:8:30-17:30
休み:なし

保存

Related Post

【現在は立ち入り不可】近未来感があるのに懐かしい雰囲気がある、香港の「超密集住宅」をみてきた。... 香港らしい建物が入り組んで密集した風景といえば、かつては九龍城砦だったり、尖沙咀にある重慶大厦の四階から入り込む風景とか、いろいろとある。 そんななかで、最近注目されているのは、鰂魚涌(クオリーベイ)と太古(タイクー)の間にあるマンション群で「海景樓」「福昌樓」「海山樓」「益昌大廈」「益發大廈...
伝統の森での蚕祭りに参加してきた はじめてカンボジアに来たのはもうかなり前で、そのときはアンコールワットを見ては感動し、回廊に銃撃戦の跡をみつけては戦慄し、ばらばらに壊れた遺跡のなかでガジュマルの樹木に驚愕し、という感じでものすごい体験だったなといまでも思い出す。 でも、それと同時に「もう、ここ来ることはないだろうなあ」ってこ...
慈照寺(銀閣寺)の紅葉をひさびさにみてきた... 南禅寺から北につづく哲学の道の最終地点である銀閣寺。北野天満宮からも市バスで数分のところにあるので、京都を西から東に横断してやってきた。 調べてみると銀閣寺、1490年と応仁の乱の後、室町時代の末期につくられていて、繁栄期に作られた金閣寺と比較するとたしかに地味な雰囲気。でも、その控えめながら...
ひさびさに中世記念堂へ行ってみた ここへ来る前に、ランチに杭州小籠包へ行っていたのだが全く写真を撮っていなかった。あまりに美味しかったからというよりかは案内に忙しかったからというところ。 そのあと、お店の向かい側にある中正記念堂へ行きたいというので、ものすごいひさびさに行ってみることにした。修学旅行みたいな旅行だな。 中...
川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください