鹿児島空港へ向かう前にはまだ少し時間があったので、市内のはずれにある仙巌園へ行ってみることにする。鹿児島市の市街地からはちょっと渋滞もあるけれど、20分くらいで到着することができる。駐車場は有料で別料金。

仙巌園は薩摩藩藩主である島津家の別邸があったところで、その美しい庭園は別名で磯庭園と呼ばれている。海に面した庭は桜島を借景にして、手前の鹿児島湾は池に見立てており、この庭園はその前庭という感じ。

仙巌園、これで桜島みえていたら圧巻の風景だろうな

また、幕末にはこの敷地を一部を使って製鉄所やガラス工場を作ったりしたこともあり、2015年には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」という名称で長崎の軍艦島などとともに世界文化遺産へ登録されている。

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界遺産に登録されている

庭園のデザインは日本風な感じだけれど、この亜熱帯に片足入ったような気候とか、立地的に中国文化の影響を多大にうけた風景は独特のダイナミックな景観を作りだしている。孟宗竹って日本ではここが起源になっていたのか、あれ美味しいものな。

庭園は相当に大きくてざっと見てまわるだけでも2時間くらいはかかる。ちゃんと見てまわるとなると半日くらいは必要なのかもしれない。それくらいの広大さで見どころが多い。

空港に行くまでの時間つぶしという気軽に感じで来てしまったのはもったいなかった。今回は桜島が雲に隠れてしまったこともあり、この庭園のよさを堪能することができなかった。ここはまた訪れてみたいところだな。

お土産物では、ここがガラス工場があったことに由来して薩摩切子の製品などが有名。すごく高いけれど、この美しさはひとつもっていると旅の思い出としてはよさそうだよなって感じがする。

江戸時代末期には日本の諸藩が財政的に疲弊しているなかで、薩摩は貿易などで豊かであったという。そのことを実感として感じられる豪華な庭園だった。

仙巌園
住所:鹿児島市吉野町9700-1
時間:8:30-17:30
休み:なし

保存

Related Post

中目黒で満開の桜を堪能する 2014年 そういえば、去年ブログをはじめたのは例年以上にはやく咲き散った桜をみているときだったなと思い返しながら、今年も桜の季節がやってきた。 2014年の中目黒の桜は3月28日に咲き始めたかと思ったら、週末あけた3月31日にはいきなりもう満開になってしまっていた。 去年のいまごろはもう散...
林百貨の屋上から眺める景色について... 1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。 屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。 前回の訪問:林百貨で...
御射鹿池 – 絵になる風景 松本へ行く途中にちょこっと寄り道して、蓼科の御射鹿池をみてきた。みてきたというくらいの小さな農業用のため池で、普通に考えればただのきれいな池でしかないのだが、東山魁夷の「緑響く」のモチーフとして有名になり、またその絵画をつかったシャープのアクオスのCMでさらに有名になったという経緯がある。 ...
中之条ビエンナーレ2015 – 四万温泉エリア編... 積善館 2015年の中之条ビエンナーレ。四万温泉にやって来た。 以前のビエンナーレでは積善館のなかまで開放していて結構楽しかったのだが、いまは入口にある小さな建物くらいで、ちょっと規模が小さくなっちゃったなというところ。 しかし、「千と千尋の神隠し」のモデルを自称するだけあって趣...
千葉にあるバラの名所、谷津バラ園で存分にバラを浴びるほどみてきた... 関東圏においてバラの名所っていくつかあるみたいなのだけど、千葉の谷津というところにあるバラ園が相当に有名らしい。バラにそれほど思い入れがあるわけじゃないのだが、近くに蛍明舎という気になる喫茶店もあるので、ちょっと足を延ばしていってみることにした。 バラの見頃は春は5-6月、秋は10-11月くら...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください