鹿児島空港へ向かう前にはまだ少し時間があったので、市内のはずれにある仙巌園へ行ってみることにする。鹿児島市の市街地からはちょっと渋滞もあるけれど、20分くらいで到着することができる。駐車場は有料で別料金。

仙巌園は薩摩藩藩主である島津家の別邸があったところで、その美しい庭園は別名で磯庭園と呼ばれている。海に面した庭は桜島を借景にして、手前の鹿児島湾は池に見立てており、この庭園はその前庭という感じ。

仙巌園、これで桜島みえていたら圧巻の風景だろうな

また、幕末にはこの敷地を一部を使って製鉄所やガラス工場を作ったりしたこともあり、2015年には「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」という名称で長崎の軍艦島などとともに世界文化遺産へ登録されている。

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界遺産に登録されている

庭園のデザインは日本風な感じだけれど、この亜熱帯に片足入ったような気候とか、立地的に中国文化の影響を多大にうけた風景は独特のダイナミックな景観を作りだしている。孟宗竹って日本ではここが起源になっていたのか、あれ美味しいものな。

庭園は相当に大きくてざっと見てまわるだけでも2時間くらいはかかる。ちゃんと見てまわるとなると半日くらいは必要なのかもしれない。それくらいの広大さで見どころが多い。

空港に行くまでの時間つぶしという気軽に感じで来てしまったのはもったいなかった。今回は桜島が雲に隠れてしまったこともあり、この庭園のよさを堪能することができなかった。ここはまた訪れてみたいところだな。

お土産物では、ここがガラス工場があったことに由来して薩摩切子の製品などが有名。すごく高いけれど、この美しさはひとつもっていると旅の思い出としてはよさそうだよなって感じがする。

江戸時代末期には日本の諸藩が財政的に疲弊しているなかで、薩摩は貿易などで豊かであったという。そのことを実感として感じられる豪華な庭園だった。

仙巌園
住所:鹿児島市吉野町9700-1
時間:8:30-17:30
休み:なし

保存

Related Post

ペナン街歩き クアラルンプールからペナンまでは飛行機で40分くらい。すぐのところにある。 マレーシアのペナンはクアラルンプールから飛行機で40分くらい。結構大きな島でクアラルンプールに次いで第二の都市になっている。200年くらい前はジャングルだったとか信じられないが、島の東側はまだまだ緑が多い。 リ...
リオデジャネイロ現代建築の見所のひとつ – カテドラル・メトロポリターナをみてきた... 遠くからみるとピラミッドのよう リオデジャネイロには大聖堂がふたつあって、古くからあるのはリオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)と呼ばれていて、もうひとつのこちらは1976年に建てられた現代的な大聖堂。 ちょっと古さを感じるモダンアートっぽいデザインは一見奇抜なのだけど、厳かな...
清水寺の紅葉は2020年までおあずけという感じ... この京都旅行は2016年に行ったものなのだが、たしかに一部で修繕工事をしていた記憶がある。そして、この旅のあと2017年2月からは本堂を覆う本格的な修復工事に入ったみたいで、現在はすっぽりと覆いに被さっているらしい。 工期は2020年までかかる大規模な工事とのことで、覆いが被さった清水寺の風景...
ベンタイン市場に行ってきた 入口 ホーチミン シティの中心であり、バスターミナルもあるのでこの街を旅するものであれば誰でも一度は来るんじゃないかというところ。 観光客向けだけでなく、いろいろなものがあるので、客引きをあしらえる気持ちがあれば是非ともうろうろしてみて欲しい。 腕つかまれるほどの客引きはちょっと...
まさに鄙びた温泉街、川内高城温泉と丸善旅館の日帰り温泉... 鹿児島の温泉といえば霧島とか指宿とかが有名過ぎて、あまり知られていないけれど地元を中心に人気があって、しかも鹿児島最古の温泉といえば川内高城温泉なのです。 西郷隆盛も通っていたらしく、逸話が残っているし、温泉街にはなぜか隆盛が温泉つかっている像がある。 山間の小さな温泉町で、クルマで行か...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です