地方空港のなかでは小さい方なのかなと思う鹿児島空港。二階にお土産物屋さんや食堂があり、三階にはレストランがある。セキュリティを通り抜けると出発ゲートにはお店もあまりないのだが、少し早めに出発してみるのがおすすめ。

その理由としては、この空港の搭乗口あたりにある椅子にはイームズのシェルチェアが使われていて、これだけの量がそろっている場所は世界中探してもなかなか見つからない穴場の場所だから。

鹿児島空港

イームズのシェルチェアといえば、アメリカのミッドセンチュリーっぽいデザインの代表格であり、古きよき時代のデザインはいま見ても美しい。鹿児島空港では1972年の開港時にハーマンミラーのシェルチェアを導入していて、一部は交換されてしまったもののいまだに現役で使われている。

新しい椅子と比べると、座り心地のよさはシェルチェアの方がよくて不思議な感じがするくらいよく出来た製品。見た目も赤や黄色、オレンジなどもありカラフルで鮮やか。空港に並ぶ姿は圧巻でこの椅子が理想的な使われ方をしているよなって思う。

あまり知られていないことみたいだけど、知られざる楽しみとして鹿児島空港を訪れたときには座り心地を楽しんでみてもらいたい。贅沢でいい空港だよなあ。

鹿児島空港
住所:鹿児島県霧島市溝辺町麓822
休み:なし

Related Post

ペトロナス ツインタワーは圧巻の風景... クアラルンプール観光のハイライト。ペトロナスタワーに来てみた。 写真で見る限りは夜の風景が美しい感じがしていたのだが、夜はもう疲れて宿で寝てしまっていたので昼間の風景のみ。そして、タワーには上ることも出来るのだが、そもそも高いところに興味がないので(というか好きではない)今回はパス。 ...
オスカー・ニーマイヤー展をみてきた... 清澄白河の東京都現代美術館に行って、オスカー・ニーマイヤー展をみてきた。 建築家の回顧展ってどんな風な展示になるんだろうと思っていたのだが、模型があったりインタビュー映像があったりと結構盛りだくさんで面白い内容だった。 とくに、インタビュー映像は貴重なんじゃないだろうか。ニテロイ現代美術...
リナ・ボ・バルディ展「ブラジルが最も愛した建築家」をみてきた... 美術館のロゴの上の赤い部分も作品のひとつ 夏にみてきたオスカー・ニーマイヤー展につづくブラジル建築の回顧展。 自然との調和という点においてはオスカー・ニーマイヤーと共通するところもあり、人に近いデザインという部分でいうとリナ・ボ・バルディがもっている暖かみとかいいなって思える。 ...
鹿児島空港発着ではククルレンタカーが便利だった... モコが並んでいた、みんな軽自動車借りてんだな 今回の鹿児島旅では、鹿児島空港を玄関口としてそこからレンタカーで移動することにしている。ということで、難しいことをは考えずに楽天トラベルのレンタカー検索にて情報を比較してみる。 ちなみに、今回の旅では軽自動車を借りたのだけど、鹿児島を運転し...
ユナイテッド航空(成田~バンコク)搭乗記と機内Wifi接続サービスについて... 2013年11月のロイクラトンにあわせて、ちょっとタイに行ってきた。これでもう何度目のタイなのか記憶がないのだが20~30回くらいは行っているような気がする。 しかし、僕のこの旅行スタイルも変化が訪れるかもしれない。 利用しているのは、ほぼ毎回ユナイテッド航空の便なのだが、成田~バンコク...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください