外観
外観

浅草で手頃に日本酒を飲むとなると自然と大桝に足が向かってしまう。ここってそんなお店。酒屋さんがやっている飲み屋さんでいわゆる角打ちのスタイルとなっている。

よってお酒の種類はかなり豊富。とくに日本酒の品揃えはすごくて、ここであれこれ飲んで併設しているお店で買っていくこともできる。値段も手頃なので、ついつい飲みすぎてしまう。ひさびさに佐賀の鍋島の吟醸酒飲んだけれどやはり美味い。そして安い。

それ以外にもクラフトビールも揃えていて、定期的に入れ替わるゲストビールなどもあるのは結構本格的。すごい悩ましいよなあ。色々と飲んでしまう。

クラフトビール、なに飲んだか忘れた
お冷やの水みたいにみえるけれど、日本酒の鍋島
つまみは大したことない

一方でおつまみに関しては酒の肴というところで、軽いものが中心。小さな七輪で干物をあぶったりするのは楽しい体験だし、家で飲むときにはあまりやらないことなので、試してみるのがいいかもしれない。

こんな感じのお店なので結構な人気店。しかし、浅草あたりで、美味しい日本酒をちょこっとお酒を飲むにはいいところだと思う。

酒の大桝 雷門店
住所:東京都台東区浅草1-2-8
時間:16:00-23:30,12:00-23:30(土日祝)
休み:火曜日(祝日の場合、翌日)

Related Post

ちょっとツンデレな接客だけど味も内容も素晴らしい、五反田「ばん」でお酒を楽しむ... 意外と交通の便がいい五反田でお酒を飲むことがある。この五反田という街は地味な風俗街みたいなイメージがあるのだが、僕もそう思っているし、実際それはあながち間違えていない。 ただ、安くていいお店が結構あるのです。モツ焼きのお店は充実しているのだが、そのなかでも人気店で安くて美味しいのは北側にある「...
細かいルールには意味がある。立石の宇ち多゛(うちだ)で下町居酒屋を体験する。... かつて友人が住んでいたこともあり何度か来ていた葛飾の立石。浅草からさらに東に行ったところにある、もはや千葉に近い下町ともいえるこの街は個性的なお店が多くある。 そのなかで、今回はもっとも人気がある宇ち多゛(うちだ)へ行ってみることにした。入店と食事に際しては細かいルールがあり、変なことはないの...
「立ち呑 こひなた」は1,000円あれば飲みに行ける新橋のディープな居酒屋... 新橋駅の汐留口の方にある新橋駅前ビル。このサラリーマンのためのテーマパークみたいなビルには「ビーフン東」やうどんの「七蔵」といった名店が入っているのだが、今回このビルが1号館と2号館に分かれていることをはじめて知る。 1号館の地下一階を通り抜け、JR線と都営浅草線をつなぐコンコースのはさんで向...
角打福本屋 – 広島で日本酒のむにはおすすめ... 広島の地酒を飲みたいと思ってて、ちょっと立ち寄ってみた。立ち飲みスタイルでカジュアル。1人でも気軽に入れるのがいいと思う。 そしてなんといっても日本酒の種類が豊富でおいしい。ほとんどの日本酒が380円で飲むことが出来る。 ラインナップは広島のお酒を中心に全国各地の酒があるのだが、...
豊田屋で痛風鍋と浅草無双 東京の東側、平井という総武線のなかでも飛びきり超マイナーなエリアにありながら、年々予約がとれなくなってきている居酒屋がある。 夏場は夕方くらいに行くと、いったいいつから飲んでいるんだっていうようなおじさん達がいて面白い。しかし、この居酒屋が本領を発揮するのは冬場の季節。とくに「あんこう鍋」が美...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください