外観
外観

浅草で手頃に日本酒を飲むとなると自然と大桝に足が向かってしまう。ここってそんなお店。酒屋さんがやっている飲み屋さんでいわゆる角打ちのスタイルとなっている。

よってお酒の種類はかなり豊富。とくに日本酒の品揃えはすごくて、ここであれこれ飲んで併設しているお店で買っていくこともできる。値段も手頃なので、ついつい飲みすぎてしまう。ひさびさに佐賀の鍋島の吟醸酒飲んだけれどやはり美味い。そして安い。

それ以外にもクラフトビールも揃えていて、定期的に入れ替わるゲストビールなどもあるのは結構本格的。すごい悩ましいよなあ。色々と飲んでしまう。

クラフトビール、なに飲んだか忘れた
お冷やの水みたいにみえるけれど、日本酒の鍋島
つまみは大したことない

一方でおつまみに関しては酒の肴というところで、軽いものが中心。小さな七輪で干物をあぶったりするのは楽しい体験だし、家で飲むときにはあまりやらないことなので、試してみるのがいいかもしれない。

こんな感じのお店なので結構な人気店。しかし、浅草あたりで、美味しい日本酒をちょこっとお酒を飲むにはいいところだと思う。

酒の大桝 雷門店
住所:東京都台東区浅草1-2-8
時間:16:00-23:30,12:00-23:30(土日祝)
休み:火曜日(祝日の場合、翌日)

Related Post

東京下町の穴場的存在、浅草の山谷堀公園でお花見... 浅草の北側から隅田川にかけて直線的に公園があり、ここはもともと江戸時代に隅田川と吉原を結ぶ運河が通っていてかつてはこの水路を通って吉原へ遊びに行くのが粋だったらしい。 いまでは下町の風景で、水路は暗渠になって上が公園になっている。そんなに人通りが多いわけではなく目立って美しいところというわけで...
細かいルールには意味がある。立石の宇ち多゛(うちだ)で下町居酒屋を体験する。... かつて友人が住んでいたこともあり何度か来ていた葛飾の立石。浅草からさらに東に行ったところにある、もはや千葉に近い下町ともいえるこの街は個性的なお店が多くある。 そのなかで、今回はもっとも人気がある宇ち多゛(うちだ)へ行ってみることにした。入店と食事に際しては細かいルールがあり、変なことはないの...
浦霞醸造元で試飲を楽しむ 鮨しらはたで浦霞を楽しんだあとは、ほろ酔い気分ですぐそばにある酒蔵まで行ってみることにした。 鮨しらはたからは徒歩3分くらいとかなり近いので、少し酔って行っても全然たどり着ける。酒蔵の見学は予約が必要だったりするのだが、ここでしか買えない限定のお酒があったり、ちょっとかわいいお猪口があったりす...
立石の良心みたいな「江戸っ子」はせんべろ初心者にも優しい... 立石の居酒屋のなかには「お酒飲んできた人は入店不可」というところが結構ある。1,000円あれば文字通り泥酔できてしまうから、面倒なことに巻き込まれたくないお店としても自衛的な処置だとは思う。でも、ちょっとでも有名になるとそういうスタンスのお店が増えてきてしまい、お店を選ぶ方としても面倒だなあって思え...
旬の蔵パセリにいけば佐賀の日本酒がなんでも楽しめる... 前にも訪問したのだけど、このお店はやっぱりいい店だと思う。佐賀に来ると、だいたい来るところ。 で、ほぼ100%の確率で泥酔してお店を出ている。 なにがいいって、ここに来ると佐賀の日本酒はだいたい飲むこと出来るし、地元の旬の食材を楽しむことができるのがいい。お店は佐賀駅からはちょっと離れて...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください