千葉の房総半島の東側、銚子に行く手前にある旭という町にあるお店。旭は交通の要所っぽい感じの町でここ自体にはあまり用事がないのだけど、銚子に行く途中に寄ったりするところではる。

ポノポノは旭のショッピングモールの裏側にあるのだけど、よくこんなところにお店作ったなという裏通りにあるアパートの一階部分を改装したお店になっている。

ただ、店先のベンチに座ってフローズンヨーグルトが出来上がるのを待っていたのだけど、ショッピングモールの駐車場にアクセスする裏道になっているみたいで車の通りがあったりする。なので、好奇心の強い人たちであればここに来ちゃうだろうなって気がする。千葉って案外そういう不思議なロケーションのお店が多い。

メニューはフローズンヨーグルトのみで、あわせるフルーツとカップのサイズによって値段が変わってくる。サイズは全体的に小さめなので550円のLサイズでもいいんじゃないかなあって思う。生フローズンヨーグルトというのが売りらしく、だいたいヨーグルトは全て生じゃんとか思ったりするのだが、そういう難しい話しを抜きにして丁寧に作られたのだろうなっていう味がする。

あわせるフルーツは冷凍されているけれど、それでも濃厚な風味。とくに、僕が訪れた夏場は季節限定で宮崎産のマンゴーをつかったものが出ていて、これはかなり贅沢にマンゴーをフローズンヨーグルトに練り込んだり、上にのせたりしていて、値段はぶっちぎりで高いけれど、国産のマンゴーということを考えるとむしろちょっとお得な感じがある。実際、これ単体だと赤字になるということ。

迷わず頼んだマンゴーのフローズンヨーグルト

郊外型ショッピングモールの裏手にある良心みたいなお店で、あまり立ち寄る機会もないかもしれないけれど、銚子観光とセットで来てみるとちょっと面白いところだと思う。

【追記】2017年11月11日をもって閉店されるとのことです。裏路地の名店的な感じだったのに残念。。

PONOPONO(ポノポノ)
住所:千葉県旭市イの1840-2
時間:12:00-暗くなるまで
休み:水曜日

保存

保存

Related Post

きくすい堂の紹介のかるかんはお土産におすすめ... かるかん 鹿児島のお土産スイーツとえば「かるかん」。「かるかん」といえば明石家。 と、もはや脊髄反射みたいに決まっているかのような流れなのだけど、そんなときにちょっと見方を変えてオススメしたいのは「きくすい堂」のかるかん。 僕だけかもしれないが、よく空港とかで「かるかん」だと思っ...
ぬるころカフェとくまモンサブレ お店の外観、店内は撮影禁止 阿蘇にあるおしゃれな雰囲気のカフェ。食べログで評価が高いので行ってみたのだけど、東京圏からやってきた場合、まあこんなものかなというところで、このカフェに感動することはないんじゃないかなと思う。 たぶん、ここに住んでいる人にとっては時間を過ごすのにいいカフェな...
酒々井プレミアムアウトレット、意外に充実したアウトレットだった... 香取神宮からの帰りにちょこっと酒々井プレミアムアウトレットに立ち寄ってきた。このアウトレットの開業にあわせてオープンした酒々井インターチェンジからクルマで2~3分の距離にあって、オープン当初はずいぶん賑わっていて渋滞していたみたいだけど、この時期午前中であれば全然空いていた。 ただし、...
青田七六は台北っ子に人気の古民家カフェ... 前から気になっていたカフェにようやく行くことができた。 台北の人たちにはすごく人気の古民家カフェあるというのは前から知っていて気になっていたのだが、ちょっと遠いな・・と思っていたところ、今回泊まった丹迪旅店の大安店からはすごく近かったので、予約して行ってみた。 場所は永康街にあって、大通...
築地「茂助だんご」の三兄弟を食す 築地にある老舗の団子屋さん。創業が明治31年(1898年)というから、100年以上の歴史がある。いまでは場外にも支店がいくつか出来ているけれど、行ってみたのは水神社のすぐ近くで創業当時の面影を残している、昔から営業しているお店。 お店の軒先でお団子を販売していて、店内にはテーブル席がいくつかあ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.