千葉の房総半島の東側、銚子に行く手前にある旭という町にあるお店。旭は交通の要所っぽい感じの町でここ自体にはあまり用事がないのだけど、銚子に行く途中に寄ったりするところではる。

ポノポノは旭のショッピングモールの裏側にあるのだけど、よくこんなところにお店作ったなという裏通りにあるアパートの一階部分を改装したお店になっている。

ただ、店先のベンチに座ってフローズンヨーグルトが出来上がるのを待っていたのだけど、ショッピングモールの駐車場にアクセスする裏道になっているみたいで車の通りがあったりする。なので、好奇心の強い人たちであればここに来ちゃうだろうなって気がする。千葉って案外そういう不思議なロケーションのお店が多い。

メニューはフローズンヨーグルトのみで、あわせるフルーツとカップのサイズによって値段が変わってくる。サイズは全体的に小さめなので550円のLサイズでもいいんじゃないかなあって思う。生フローズンヨーグルトというのが売りらしく、だいたいヨーグルトは全て生じゃんとか思ったりするのだが、そういう難しい話しを抜きにして丁寧に作られたのだろうなっていう味がする。

あわせるフルーツは冷凍されているけれど、それでも濃厚な風味。とくに、僕が訪れた夏場は季節限定で宮崎産のマンゴーをつかったものが出ていて、これはかなり贅沢にマンゴーをフローズンヨーグルトに練り込んだり、上にのせたりしていて、値段はぶっちぎりで高いけれど、国産のマンゴーということを考えるとむしろちょっとお得な感じがある。実際、これ単体だと赤字になるということ。

迷わず頼んだマンゴーのフローズンヨーグルト

郊外型ショッピングモールの裏手にある良心みたいなお店で、あまり立ち寄る機会もないかもしれないけれど、銚子観光とセットで来てみるとちょっと面白いところだと思う。

【追記】2017年11月11日をもって閉店されるとのことです。裏路地の名店的な感じだったのに残念。。

PONOPONO(ポノポノ)
住所:千葉県旭市イの1840-2
時間:12:00-暗くなるまで
休み:水曜日

保存

保存

Related Post

川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...
微熱山丘(SunnyHills)で自分用にパイナップルケーキを買う... お店のスタッフは日本語できる人もいます。フレンドリー。 前から気になっていたのだけど、台北でもちょっと外れた場所にあって行くのが面倒だなあとか思っていたところ。しかし、Googleのナビで検索したらバスで意外と簡単に行けそうだったので行ってみた。 中山のあたりから松山空港を経由していく...
甘味処 いり江(門前仲町)のかき氷 門前仲町にある甘味処でガイドブックなどでも紹介されている有名なお店。おしるこが看板メニューなのだけど、夏場のかき氷も見逃せないところ。 ランチ後に行ったのだけど、結構混み合っていてびっくりした。客層は下町だからなのか、門前町だからなのかやや高めの感じ。カフェではなく、甘味処という店名がすごくし...
和田浦の「笑福」は隠れた名店だと思う... お店の外観は小屋みたい 千葉の南房総にある和田浦地区、ここは抜群に美しいビーチがあってときどき訪れているのだけど、まさかこんなに美味しい料理店があるとは、と改めてびっくりした。 場所は和田浦港のすぐ目の前にある。小さくて鄙びた漁港は海の色も鮮やかで美しい。そんな漁港の片隅にあるのだが、...
モンブラン(福岡) – 古くからある洋菓子店で食べる懐かしいモンブラン... 僕にとっての旅とは、旅先でおいしいものを食べることというのが割と大きな要素として存在している。 とくに、旅先で食べるソフトクリームとか、スイーツ系はとくに。モンブランも「ご当地」的に違いがあって面白い。秋に長野の小布施堂で食べたモンブランのお化けのような朱雀のインパクトはすごくて、もうこれでい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です