新橋・汐留あたりから浅草までの移動って、地下鉄を使えば20分くらいで行けてしまう距離なのだけど、そこをあえて「わざわざ」ゆりかもめで日の出桟橋まで行き、そこから水上バスで向かう小旅行というのもなかなかいいものなのです・・・、ということを、Instagramでフォローしている @akaballoon さんのタイムラインから知ったので行ってみることにした。

日の出桟橋
船を待ちながらビール
船を待ちながらビール

日の出と浅草を結ぶ路線は、おそらく浅草側は混雑するのだろうなと思っていたので、新橋からゆりかもめに乗って日の出桟橋まで移動。水上バス乗り場は竹芝駅と日の出駅の中間くらいにあるのだが、チケット売り場が日の出駅側にある。日の出駅の改札出て右手にすすみエレベーターで下に下がって歩いて2分くらい。

水上バスはSUICAなどは利用できず現金払いのみで券売機でチケットを購入。昼過ぎだと20-30分ごとに船が出ているのでカフェでビール買って飲んで待つ。カップがちょっとかわいくて、これはこれでいい。

このラインの水上バスは松本零士がデザインしたホタルナとかが人気なのだけど、僕はとくにそこらへんに感慨深い人間でもないのでこだわりなく、来た船に乗りこむことにする。船は二階建てなのだけど、上階は天井がかなり低いので乗っている人はあまりいない。一階席でエアコンの風にふかれてのんびりするか、一番後ろ側にあるテラス席で思い切り太陽の光を浴びながらクルーズを楽しむかの二択ではないかと。僕はあまりの暑さに、迷わず一階席でエアコンの風にふかれること選択。

松本零士がデザインした船とすれ違う

日の出を出航した船は浜離宮から築地市場を通り抜けて隅田川へ入っていく。普段見る景色とは逆の海側からみえる風景は違う場所のように新鮮に感じる。ここから隅田川をさかのぼる間に10個以上の橋をくぐりながら船は進んでいく。これもまた面白い。テラス席にいると、船は橋脚ぎりぎりのところを通り抜けていくので、ちょっとしたアトラクションみたいな感じ。

築地市場
船内は快適

隅田川ラインの水上バスのもうひとつの楽しみとしては限定ビールは絶対に見逃せないところ。浅草に本社があるアサヒビールが醸造した「隅田川ヴァイツェン」は酵母を感じるフルーティーな味わいで、アサヒビールってちゃんとしたビールも造れるのかという意外さと美味しさにちょっと感動する。

ビール飲んでだらだら過ごす20分の小さな船旅は色んな意外性のある東京が発見できて面白い旅だと思う。

隅田川ヴァイツェン
隅田川ヴァイツェン
浅草が近づいてきた
浅草ならではという風景

TOKYO CRUISE – 水上バス・東京湾クルーズ

Related Post

酒の大桝で日本酒のクラフトビールの角打ち... 外観 浅草で手頃に日本酒を飲むとなると自然と大桝に足が向かってしまう。ここってそんなお店。酒屋さんがやっている飲み屋さんでいわゆる角打ちのスタイルとなっている。 よってお酒の種類はかなり豊富。とくに日本酒の品揃えはすごくて、ここであれこれ飲んで併設しているお店で買っていくこともできる。...
「立ち呑 こひなた」は1,000円あれば飲みに行ける新橋のディープな居酒屋... 新橋駅の汐留口の方にある新橋駅前ビル。このサラリーマンのためのテーマパークみたいなビルには「ビーフン東」やうどんの「七蔵」といった名店が入っているのだが、今回このビルが1号館と2号館に分かれていることをはじめて知る。 1号館の地下一階を通り抜け、JR線と都営浅草線をつなぐコンコースのはさんで向...
時間を忘れて香港をクルージング – スターフェリー乗船記... 香港島の中環と九龍半島の尖沙咀の間を、100年以上にわたり運航してきた歴史ある航路。1970年代には沢木耕太郎も「優雅な航海」と表現している。 香港島と九龍の間はいまでは高速道路のトンネルもあるし、地下鉄も通っていて、この航路よりも便利になっている。 それでもこの航路には観光客だけじゃな...
浅草の「釜めし むつみ」は小料理も素晴らしい... 浅草あたりをぶらぶらしているときに見つけたお店。古い一軒家のような佇まいで下町のお店なのだが、良心的でさらに名物である釜めしは、しみじみと美味しい。いままで食べてきた釜めしはなんだったのか・・と思ってしまうくらいだった。通いたくなるお店を浅草にみつけた感じ。 釜めし むつみへのアクセス ...
東京にいるのに完全に台湾の味。「台湾麵線」で麺線&魯肉飯を堪能する。... ここはすごい。ここの麵線食べたとき、西門にある阿宗麺線の風景が目の前に広がっていた。一瞬で台北の下町に行ってしまえる味だ。 新橋駅から少し歩くこの界隈はビジネス街で休日には人も少なくなる。台湾麵線のある場所は地下鉄の御成門からの方が近いくらい。すぐ近くに全然違う台湾麵線のお店があって驚くが、本...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です