新橋駅の汐留口の方にある新橋駅前ビル。このサラリーマンのためのテーマパークみたいなビルには「ビーフン東」やうどんの「七蔵」といった名店が入っているのだが、今回このビルが1号館と2号館に分かれていることをはじめて知る。

1号館の地下一階を通り抜け、JR線と都営浅草線をつなぐコンコースのはさんで向かい側にあるのが2号館ということ。1号館も映画のセットみたいに不思議な場所だけど、2号館はさらに不思議と怪しいの中間くらいの感じ。昼過ぎに行ったこともあり、まわりのお店がまだ空いていないので、妙に静かなのと飲食店があるにしては狭すぎる路地というか通路がなんだか人の夢に入り込んだかのよう。

お店は縄のれんがかかっているのが目印で、この2号館でここだけが普通という感じがする。カウンターにつくとプラスチックのお皿が目の前に置かれるのだが、ここに1,000円札入れておくと、それがデポジットみたいになっていて、ある程度注文すると精算をしてくれるシステム。

なので、黒ホッピーと鮪の刺身をお願いすることにする。黒ホッピーは370円。鮪は200円。ここのおつまみは基本的に一皿200円、一部黒いメニュー表のものが300円という価格設定。ここは見た目だけじゃなくて価格帯も昭和感のある設定なのか。1,000円札あればとりあえず軽くのんでいけるというこの気軽さがすごい幸せ。

おすすめのつまみは「オムそば」なるもの。オムライスのなかみが焼きそばというB級グルメ感あるものだけど、これも200円なのでちょっと小腹の足しにもなったりする。ホッピー飲みながら、オムそばをつついて過ごす時間はなんだか楽しくなってくる。

オムそば

ディープな場所でともすればオヤジたちがたむろする敷居の高い店になってしまいがちだけど、ちゃんとしたお店って細部がしっかりしていて、女将さんは清潔にしていたり、お店もちゃんときれいに整えられている。よい店ってこういうことなんじゃないかと。

それほど長居するところではないけど、新橋では待ち合わせにちょっと立ち呑みで過ごすとかいうのもありだなと思ったくらい。まだまだ面白い場所が沢山ありそうで探検しがいのある街だ。

立ち呑 こひなた
住所:東京都港区新橋2-21-1 新橋駅前ビル2号館 B1F
時間:11:00-22:00
休み日曜日

保存

Related Post

ひとりでさくっと飲むのに最適な「毘利軒」(立石)の串かつ立ち呑み... お酒を飲んでいると入店できないお店がある立石のなかでは、ハシゴ酒に対応してくれるカジュアルな立ち呑みスタイルのお店。立石駅の南口を降りて線路沿いに青砥方面へ少し行ったところにあるのだが、ここら辺はやたらと道路と電車の距離が近い気がする。かなり迫力ある電車の通過を体験する。 毘利軒はL字型のカウ...
新橋の立ち呑み名店が五反田に!「立呑処 へそ」の晩酌セットは最強のコストパフォーマンス... 五反田で飲むときに0次会といえば、ここなんじゃないだろうか。駅から近い立ち呑み店で、生ビールとおつまみあわせて1,000円しないというのは驚異的なコストパフォーマンスだ。まさに「せんべろ」な居酒屋。 「立呑処 へそ 五反田店」へのアクセス JR五反田駅の西口を出て中原街道を少し戸越方面に...
虎ノ門で味わう老舗の味「光村」で海老のかき揚げ丼... 駅からはほどほどに遠いけれど、虎ノ門ヒルズからほど近い再開発から逃れたような一角にある老舗のお店。90年近い歴史がある鰻と天ぷらの専門店「光村」でランチをしてきた。 一階はお弁当を売っていて、これはこれで気になるのだが今回は二階で食事をとることにする。結構混み合うのだが時間をずらすと割とすんな...
「そばきり みよ田」(松本)は蕎麦がいただける居酒屋みたいな感じ... 上諏訪の呑み歩きに参加した翌日。そのまま戻るのももったいないが、あいにくの雨だったこともあり、行き慣れた松本へ移動してみることにした。 上諏訪から松本まではローカル線で30分ほど。わりと混んでいる。 大信州を呑んでみる 松本について帰りの特急の予約をしてから街に出たのだが、はやく...
「かねます」(勝ちどき)高級な和食を立ち飲みでいただく... 立ち飲みなのにミシュランに出てきそうな豪華な和食で平均単価7,000円。そして、お酒を頼むと獺祭が出てくるという・・立ち飲みという固定概念をくつがえすお店があって、週末に行ってみた。 何故、週末に行ったのかというとお店の開店が16:00 - 20:00とかなり中途半端にはやくて予約をとっていな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください