新橋駅の汐留口の方にある新橋駅前ビル。このサラリーマンのためのテーマパークみたいなビルには「ビーフン東」やうどんの「七蔵」といった名店が入っているのだが、今回このビルが1号館と2号館に分かれていることをはじめて知る。

1号館の地下一階を通り抜け、JR線と都営浅草線をつなぐコンコースのはさんで向かい側にあるのが2号館ということ。1号館も映画のセットみたいに不思議な場所だけど、2号館はさらに不思議と怪しいの中間くらいの感じ。昼過ぎに行ったこともあり、まわりのお店がまだ空いていないので、妙に静かなのと飲食店があるにしては狭すぎる路地というか通路がなんだか人の夢に入り込んだかのよう。

お店は縄のれんがかかっているのが目印で、この2号館でここだけが普通という感じがする。カウンターにつくとプラスチックのお皿が目の前に置かれるのだが、ここに1,000円札入れておくと、それがデポジットみたいになっていて、ある程度注文すると精算をしてくれるシステム。

なので、黒ホッピーと鮪の刺身をお願いすることにする。黒ホッピーは370円。鮪は200円。ここのおつまみは基本的に一皿200円、一部黒いメニュー表のものが300円という価格設定。ここは見た目だけじゃなくて価格帯も昭和感のある設定なのか。1,000円札あればとりあえず軽くのんでいけるというこの気軽さがすごい幸せ。

おすすめのつまみは「オムそば」なるもの。オムライスのなかみが焼きそばというB級グルメ感あるものだけど、これも200円なのでちょっと小腹の足しにもなったりする。ホッピー飲みながら、オムそばをつついて過ごす時間はなんだか楽しくなってくる。

オムそば

ディープな場所でともすればオヤジたちがたむろする敷居の高い店になってしまいがちだけど、ちゃんとしたお店って細部がしっかりしていて、女将さんは清潔にしていたり、お店もちゃんときれいに整えられている。よい店ってこういうことなんじゃないかと。

それほど長居するところではないけど、新橋では待ち合わせにちょっと立ち呑みで過ごすとかいうのもありだなと思ったくらい。まだまだ面白い場所が沢山ありそうで探検しがいのある街だ。

立ち呑 こひなた
住所:東京都港区新橋2-21-1 新橋駅前ビル2号館 B1F
時間:11:00-22:00
休み日曜日

保存

Related Post

長野駅に隣接している「信州くらうど」で信州のビールを立ち飲み... 帰りは長野から新幹線で東京まで。出発までの時間があったので、駅に隣接するデパートに入っていた立ち飲み屋さんで少し飲んできた。列車での旅だからこそできる、お酒を楽しむというのを過剰なまでに楽しんでいる気がする。 アクセス JR長野駅に隣接しているMIDORIというデパートの2階にある。駅か...
日の基でガード下の居酒屋体験 外国から来たゲストと飲みに行く場合、お金があれば六本木の田舎屋とか行けばいいんだけど、もっとホンモノのローカルバーに行きたい!という要望があるときにはこのあたりに来たりしている。 ということで、有楽町駅のガード下にある日の基に行ってきた。 すぐ隣には神日の基というのがあって、こちらはイギ...
浅間(四谷三丁目)で日本酒を楽しむ... だいたい日本酒が飲みたくなると来るのが四谷三丁目の浅間。 日本酒に対する店主の講釈には好き嫌いがあるみたいだけど、日本酒についてあまりよくわかっていない僕としては勉強になるし、話を進めていくことによって自分好みのお酒を選んでくれるというこのお店のスタイルは結構好きだったりする。 たぶん、...
東京水上バスに乗ってビールを飲みながら浅草までのクルーズ旅... 新橋・汐留あたりから浅草までの移動って、地下鉄を使えば20分くらいで行けてしまう距離なのだけど、そこをあえて「わざわざ」ゆりかもめで日の出桟橋まで行き、そこから水上バスで向かう小旅行というのもなかなかいいものなのです・・・、ということを、Instagramでフォローしている @akaballoon ...
元祖イカセンターの「魚バカ三太郎」へ行ってきた... いまじゃ東京の人気店だと思われるイカセンターの元祖的なお店?にいく機会があったので、そのメモ。 結論からいうと、確かに魚は美味しいけれど、少し高くて騒々しい居酒屋だなってところ。だらだら飲むには気軽なんだけど、それ以上の価値がないなあ・・。 押し寿司 少し変わったお魚とかも出てき...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です