新橋駅の汐留口の方にある新橋駅前ビル。このサラリーマンのためのテーマパークみたいなビルには「ビーフン東」やうどんの「七蔵」といった名店が入っているのだが、今回このビルが1号館と2号館に分かれていることをはじめて知る。

1号館の地下一階を通り抜け、JR線と都営浅草線をつなぐコンコースのはさんで向かい側にあるのが2号館ということ。1号館も映画のセットみたいに不思議な場所だけど、2号館はさらに不思議と怪しいの中間くらいの感じ。昼過ぎに行ったこともあり、まわりのお店がまだ空いていないので、妙に静かなのと飲食店があるにしては狭すぎる路地というか通路がなんだか人の夢に入り込んだかのよう。

お店は縄のれんがかかっているのが目印で、この2号館でここだけが普通という感じがする。カウンターにつくとプラスチックのお皿が目の前に置かれるのだが、ここに1,000円札入れておくと、それがデポジットみたいになっていて、ある程度注文すると精算をしてくれるシステム。

なので、黒ホッピーと鮪の刺身をお願いすることにする。黒ホッピーは370円。鮪は200円。ここのおつまみは基本的に一皿200円、一部黒いメニュー表のものが300円という価格設定。ここは見た目だけじゃなくて価格帯も昭和感のある設定なのか。1,000円札あればとりあえず軽くのんでいけるというこの気軽さがすごい幸せ。

おすすめのつまみは「オムそば」なるもの。オムライスのなかみが焼きそばというB級グルメ感あるものだけど、これも200円なのでちょっと小腹の足しにもなったりする。ホッピー飲みながら、オムそばをつついて過ごす時間はなんだか楽しくなってくる。

オムそば

ディープな場所でともすればオヤジたちがたむろする敷居の高い店になってしまいがちだけど、ちゃんとしたお店って細部がしっかりしていて、女将さんは清潔にしていたり、お店もちゃんときれいに整えられている。よい店ってこういうことなんじゃないかと。

それほど長居するところではないけど、新橋では待ち合わせにちょっと立ち呑みで過ごすとかいうのもありだなと思ったくらい。まだまだ面白い場所が沢山ありそうで探検しがいのある街だ。

立ち呑 こひなた
住所:東京都港区新橋2-21-1 新橋駅前ビル2号館 B1F
時間:11:00-22:00
休み日曜日

保存

Related Post

東京で本物の牛丼を食べよう。新橋「牛めし なんどき屋」... 明治時代より庶民の味として人気のある牛丼(牛めし)。いまではチェーン系のお店が激安で提供しているけれど、東京では昔ながらの味を保って質の高い牛めしを提供しているお店も残っている。 新橋から銀座方面に向かう銀座ナインにある「なんどき屋」もそのひとつで、居酒屋が出している牛丼を手軽に楽しめるお店と...
「の毛 わかば」は正しき居酒屋だった... 野毛のちょっと端っこに近いエリアの雑居ビルみたいなところの二階にあるお店。 居酒屋というか小料理屋と呼んでもいいような感じで、一品料理が秀逸に美味しいところだった。そうだよな。 お酒を楽しむところというのはこういうところがいいよなって思えるお店。 お店は雑居ビルみたいなとこ...
赤垣屋は川端二条で予約必須の古典居酒屋の名店... 三条 御幸町でGEARの舞台をみたあと、のんびりと商店街のなかを散歩しながら歩いて行き鴨川べりに出てきた。そこからちょっと北にあがったところにある赤垣屋を友人が予約しておいてくれたので訪問。 店内は時代劇に出てくるかのような古めかしい飲み屋で、こんなところにって場所に席が用意してあったりもする...
立石「れとろ」は気軽に天ぷらが楽しめる立ち飲み居酒屋... せんべろ聖地の立石のなかでちょっと穴場な「れとろ」は天ぷらが売りのお店。ここは好きなところのひとつだな。 立石らしさが残っているカオス「呑んべ横丁」のなかにあるお店。薄暗い路地に入るにはややハードルが高いけれど、お店は明るくて開放的なので路地に入ってしまえばお店には入りやすい。入り口にある「お...
大福 – 通な雰囲気の広島お好み焼屋さん... 街を歩いていて、Google Mapで発見。こんな場末のスナックとかあるような雰囲気のところにあるのか?と思ったら本当にあった。 カウンターだけのお店で、すっごい無口な男性の方がひとりでもくもくと焼いています。肉玉そばが450円で瓶ビールが500円。1,000円で満足できるというステキなお店。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください