新橋駅の汐留口の方にある新橋駅前ビル。このサラリーマンのためのテーマパークみたいなビルには「ビーフン東」やうどんの「七蔵」といった名店が入っているのだが、今回このビルが1号館と2号館に分かれていることをはじめて知る。

1号館の地下一階を通り抜け、JR線と都営浅草線をつなぐコンコースのはさんで向かい側にあるのが2号館ということ。1号館も映画のセットみたいに不思議な場所だけど、2号館はさらに不思議と怪しいの中間くらいの感じ。昼過ぎに行ったこともあり、まわりのお店がまだ空いていないので、妙に静かなのと飲食店があるにしては狭すぎる路地というか通路がなんだか人の夢に入り込んだかのよう。

お店は縄のれんがかかっているのが目印で、この2号館でここだけが普通という感じがする。カウンターにつくとプラスチックのお皿が目の前に置かれるのだが、ここに1,000円札入れておくと、それがデポジットみたいになっていて、ある程度注文すると精算をしてくれるシステム。

なので、黒ホッピーと鮪の刺身をお願いすることにする。黒ホッピーは370円。鮪は200円。ここのおつまみは基本的に一皿200円、一部黒いメニュー表のものが300円という価格設定。ここは見た目だけじゃなくて価格帯も昭和感のある設定なのか。1,000円札あればとりあえず軽くのんでいけるというこの気軽さがすごい幸せ。

おすすめのつまみは「オムそば」なるもの。オムライスのなかみが焼きそばというB級グルメ感あるものだけど、これも200円なのでちょっと小腹の足しにもなったりする。ホッピー飲みながら、オムそばをつついて過ごす時間はなんだか楽しくなってくる。

オムそば

ディープな場所でともすればオヤジたちがたむろする敷居の高い店になってしまいがちだけど、ちゃんとしたお店って細部がしっかりしていて、女将さんは清潔にしていたり、お店もちゃんときれいに整えられている。よい店ってこういうことなんじゃないかと。

それほど長居するところではないけど、新橋では待ち合わせにちょっと立ち呑みで過ごすとかいうのもありだなと思ったくらい。まだまだ面白い場所が沢山ありそうで探検しがいのある街だ。

立ち呑 こひなた
住所:東京都港区新橋2-21-1 新橋駅前ビル2号館 B1F
時間:11:00-22:00
休み日曜日

保存

Related Post

魚金(五反田店)- ちょっとがっかりな海鮮居酒屋... 魚金といえば、新橋に本店があっていつも大人気で予約を取るのも難しい居酒屋というイメージだったのだが、五反田にも支店があるということで予約してみたら、結構あっさりいけたので訪問。 結論からいうと、そんなに安くないし、そんなに美味しくない。 場所は五反田駅から徒歩3~4分といったとこ...
味噌坐 玉響(湯島)これぞ居酒屋っていう雰囲気... 上野にこんなお洒落で雰囲気ある居酒屋あったのかって思ってしまった。外国人を連れてきたらすごい喜びそう。西麻布や、有楽町にある有名なお店より全然美味しいし、値段も手頃なのがいい。 カウンター席だと炊事場にいる店主が黙々と仕事をこなしていく様をみているのもいいし、奥の座敷は江戸時代の居酒屋ってこん...
立石の良心みたいな「江戸っ子」はせんべろ初心者にも優しい... 立石の居酒屋のなかには「お酒飲んできた人は入店不可」というところが結構ある。1,000円あれば文字通り泥酔できてしまうから、面倒なことに巻き込まれたくないお店としても自衛的な処置だとは思う。でも、ちょっとでも有名になるとそういうスタンスのお店が増えてきてしまい、お店を選ぶ方としても面倒だなあって思え...
三島由紀夫が最後の晩餐をしたことでも有名な新橋の末げんは親子丼でも有名なところ... 新橋駅のSL広場からすぐのところにある鳥割烹の老舗は、三島由紀夫が自決する前に最後の晩餐をしたところとしても有名なお店となっている。三島由紀夫が食べたのは鶏鍋がついている夜のコース料理なのだけど、新橋の外の喧噪が無縁な静かな店内で食べるランチもまたいいものだ。   お店の外観...
池袋の三馬力で馬肉づくし お店の外観 いまでは貴重になった生肉を食べるということを、手頃な価格で心ゆくまで堪能してきた。 熊本で買った肉乃橋本の馬肉もそうだけど、馬肉がこんなにもさっぱりしていて美味しいなんて、新しい価値観を発見した気分だ。 お店の場所は池袋駅からはちょっと歩くのだが、すごい怪しいエリアで...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください