前回に台南へ来たときにはタイミングがあわず食べられなかった牛肉湯の名店のひとつ。この店ならではの野菜の旨みを感じるスープが美味しい。

康楽街牛肉湯へのアクセス

新農街の北側にある。新農街の中心部にある交差点を北の方へ2分くらい歩いたところ。この新農街は夜に来た方が雰囲気があってきれいなので、夜に来たタイミングであわせてここでちょっと晩ごはん食べるというのがおすすめ。

康樂街牛肉湯

康楽街牛肉湯について

台南名物の牛肉湯。このお店でも、毎朝さばいた牛肉をその日のうちに提供しているとのこと。なので、やはり早朝の方が活気があって、美味しいということ。でも、ゆっくり食べるならやはり夜の部。席についてオーダーすると30秒もしないうちに出てくる。

スープは複雑な味をしていて、野菜の旨みをかなり感じる。そして、それ以外にも鶏肉なども使っているみたいで、このスープの旨みはこのお店ならではのもの。牛肉の旨みだけで勝負していないのが好き嫌いの分かれるところかもしれないが、これはこれで美味しい。

康樂街牛肉湯熱いスープにさっとくぐらせただけの牛肉の赤身肉は、台南に来たなあって実感できる美味しさ。それにしても、牛肉湯とはシンプルな料理なのになんと奥が深いのだろう。同じ料理なのにお店によって全然雰囲気も味も、美味しさへのアプローチが全然違うので、台南に来たときには食べ比べをしてみるのもいいと思う。

僕としてはいまのところは、六千牛肉湯が圧倒的な一番を保っているなというところ。

康楽街牛肉湯
住所:台南市康楽街325号
時間:4:30-13:00,16:30-24:00
休み:火曜日

Related Post

茂雄蝦仁肉圓で台南のエビ・バーワンを食べてみる... 台南を食べ歩いてきたので、その記録。夕方に正興街から南に向かって5-6分も歩くと大通りを越えて賑やかな通りに出てくる。そこが保安路というエリアになっていて、屋台みたいに小さな飲食店が並んでいる。 ここのエリアは色々と美味しいお店が多いので、食べ歩きしがいがあるのだが、そのなかでまず行ってみたの...
Baan Itsaraで食べるタイのローカル・シーフード... 店内はオープンエア。岸壁沿いの席は波をかぶるので避けた方が無難。 ホアヒンで食べるものといえば、新鮮な魚介類を使ったシーフードがおすすめ。 地元で人気のお店ということで教えてもらい行ってきたのは、Baan Itsaraというレストラン。 Googleマップでは何故か閉店扱いになっ...
來了はカフェとしての利用もおすすめ... 2016年現在、台南でおもしろくなってきそうなエリアのひとつは新美街という小さな路地が通るエリア。台南のよさである古い建物をリノベーションして居心地のよい空間をつくり出していて、新しい文化の発信地になってきている。そして、今回訪れた來了はそんななかでも有名なところのひとつ。 來了へのアクセス...
古民家そのまんま、存憶Cafe Barで夕暮れ時を過ごす... 永楽市場のある國華街をさらに北側のあたりを散歩していて偶然みつけたカフェ。夕暮れ時を少し過ぎたくらいで、市場のお店も閉店の準備をしていて、あたりのみんなは帰宅のラッシュみたいなときに、街の中にぽつんとある古民家の風情は駄菓子屋みたいな感じもある。 なんか味がありすぎるくらいの雰囲気で表の通りに...
民生路無名意麵で台南名物の意麺を食べる... 台南に住んでいる人におすすめされて行ってみたところ。意麵(意麺)とは台南発祥の料理(本当に台南発の料理が多い)で細めのちぢれ麺を使った料理。湯意麵だとスープ入り、乾意麵だとスープなしになる。僕は乾意麵の方が焼きそばっぽくて好き。 民生路無名意麵へのアクセス その名前の通り、民生路にあるお...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です