美味しいコーヒー飲みたいなと思って、朝からやっているところを探したどり着いたところ。以前に泊まった「興居 台南」のほんの斜め前にあるところで、またあの宿にも泊まりたいなあって思ってしまう。

道南館へのアクセス

民權路二段の通り沿い、新美街に入る路地の入口あたりにある小さなカフェ。大天后宮なども近くにあって台南をめぐっていると通りかかることが多い場所だと思う。

道南館 自家烘焙咖啡館道南館について

ただしくは「道南館 自家烘焙咖啡館」という店名で台北にあるお店が台南にも分店を出した感じがする(逆だったらごめんなさい)。お店は一階は広いカウンター席があり、二階にはテーブル席とトイレがある。どちらもゆっくりと時間を過ごせる雰囲気になっている。

コーヒーのメニューは地球儀
コーヒーのメニューは地球儀

コーヒーを楽しむならば一階のカウンター席なのだろうなと思う。コーヒーは地球儀がメニューになっていて、産地のところにコーヒー豆の種類や焙煎について書いてある。すごいこだわっている楽しいメニュー。こういうこだわりが好き。

エチオピアのコーヒーを頼んだけど、ものすごくゆっくりと慎重に、そして大事そうにコーヒー豆を計量して一杯分の豆を丁寧に挽いている。挽いた豆は小さなグラスにいれてもってきてくれる。香りをかいでみてってことみたい。すごく華やかな香りがして楽しくなるような感じ。

挽いた珈琲豆の香りをかがせてくれる
挽いた珈琲豆の香りをかがせてくれる
そして淹れたてのコーヒー
そして淹れたてのコーヒー

その間にお店の人はやはりきっちりと計量して、科学の実験をはじめるかのようにサイフォンの準備をしている。挽いたコーヒー豆はカメラの整備につかうブローみたいなのを吹き付けて、余計なかすを飛ばしている。ここまで丁寧にコーヒーを淹れるのははじめてだ。

サイフォンをアルコールランプであたためて、少しずつゆっくりとコーヒーを淹れる様子は、それはただの作業ではなく、美味しいコーヒーのための祈りのようにも感じられるくらい。ここまで心をこめるように淹れられたコーヒーは幸せだよな。僕は朝イチで訪れたので、この様子をのんびりとみていたのだけど、きっとお客さんが多くなると出てくるまではすごく時間がかかるのだと思う。でも、混みそうな雰囲気のお店ではないけれど。

そして出てきたコーヒーは香りが高くてしっかりと美味しい。浅煎りなので、豆の雰囲気が残っていて、適度な酸味があるのがまた美味しい。なんて素敵なお店なのだろう。もちろん、聞かれてもいないけれどコーヒーはストレートで飲むタイプなので、そのままの味を楽しむ。のんびりとしていたら1時間近くも過ぎていた。コーヒーを淹れる、そして飲むという行為に対して真摯に、でも窮屈ではなく楽しんで過ごせるところ。

台南の朝をより豊かなものにしてくれると思う。

道南館 自家烘焙咖啡館
住所:台南市中西區民權路二段248號
時間:9:00-21:00,(日)13:00-18:00
休み:基本的になし

新美街

Related Post

ロマンティックで幻想的な青の世界 、喫茶「ソワレ」でゼリーポンチ... かさぎ屋に続いて竹久夢二の世界観。四条通りをすこし入ったところ、南座の近くにあるロマンチックな雰囲気の純喫茶のお店。 友人におすすめされていて、一度行ってみようと思っていたのだがお店の前でばったりその友人と遭遇。東京住んでいるのに、まさか同じタイミングで京都にきていて、おすすめのお店で遭遇しち...
空猫カフェ – ベーグルがおすすめの和カフェ... 千光寺公園から空猫カフェまでの道 10年ぶりくらいに尾道にやってきた。ちょっといまいちな天気でテンションあがらないのだが・・・、以前からちょっと気になっていたカフェへ来てみた。 場所は尾道の千光寺公園から、徒歩5~6分くらい。 GoogleMapを頼りに行ったのだが、思いもかけな...
台南から高雄への朝の移動 前回の旅で高雄という街にそれほど面白さを感じなかったこともあり、今回はぎりぎりまで台南に滞在することにする。 高雄をお昼くらいに出発するタイガーエアの便だったのだけど、その場合は台南を朝に出れば空港まで間に合うことが分かった。今回泊まった正興街の宿を出て90から時間かかっても120分くらいでチ...
Le Bout du Monde Le barでのんびりとお酒を楽しむ... ケップの山のなかの方にある雰囲気のいいリゾート。カンボジアの伝統的な高床式の建物がヴィラになっていて人気のホテルなのだが、併設されているバーもまた雰囲気があっておしゃれ。ここは宿泊者でなくても利用できるので、ちょっと散歩がてら行ってみるのがおすすめ。 Le Bout du Mondeへのアクセ...
九分の海悦楼茶坊は絶好の撮影スポット... 友人がいなければ九分に来ることもなかっただろうなあ・・というのが率直な気持ち。 で、ひさびさに来た九分はやはり雨だったのだが、雨というのは雰囲気あっていいなというところ。 九分を街歩きして、ひと休みしたのは九分といえばっていう景色をつくっている阿妹茶楼の向かいにある海悦楼茶坊というところ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.