美味しいコーヒー飲みたいなと思って、朝からやっているところを探したどり着いたところ。以前に泊まった「興居 台南」のほんの斜め前にあるところで、またあの宿にも泊まりたいなあって思ってしまう。

道南館へのアクセス

民權路二段の通り沿い、新美街に入る路地の入口あたりにある小さなカフェ。大天后宮なども近くにあって台南をめぐっていると通りかかることが多い場所だと思う。

道南館 自家烘焙咖啡館道南館について

ただしくは「道南館 自家烘焙咖啡館」という店名で台北にあるお店が台南にも分店を出した感じがする(逆だったらごめんなさい)。お店は一階は広いカウンター席があり、二階にはテーブル席とトイレがある。どちらもゆっくりと時間を過ごせる雰囲気になっている。

コーヒーのメニューは地球儀
コーヒーのメニューは地球儀

コーヒーを楽しむならば一階のカウンター席なのだろうなと思う。コーヒーは地球儀がメニューになっていて、産地のところにコーヒー豆の種類や焙煎について書いてある。すごいこだわっている楽しいメニュー。こういうこだわりが好き。

エチオピアのコーヒーを頼んだけど、ものすごくゆっくりと慎重に、そして大事そうにコーヒー豆を計量して一杯分の豆を丁寧に挽いている。挽いた豆は小さなグラスにいれてもってきてくれる。香りをかいでみてってことみたい。すごく華やかな香りがして楽しくなるような感じ。

挽いた珈琲豆の香りをかがせてくれる
挽いた珈琲豆の香りをかがせてくれる
そして淹れたてのコーヒー
そして淹れたてのコーヒー

その間にお店の人はやはりきっちりと計量して、科学の実験をはじめるかのようにサイフォンの準備をしている。挽いたコーヒー豆はカメラの整備につかうブローみたいなのを吹き付けて、余計なかすを飛ばしている。ここまで丁寧にコーヒーを淹れるのははじめてだ。

サイフォンをアルコールランプであたためて、少しずつゆっくりとコーヒーを淹れる様子は、それはただの作業ではなく、美味しいコーヒーのための祈りのようにも感じられるくらい。ここまで心をこめるように淹れられたコーヒーは幸せだよな。僕は朝イチで訪れたので、この様子をのんびりとみていたのだけど、きっとお客さんが多くなると出てくるまではすごく時間がかかるのだと思う。でも、混みそうな雰囲気のお店ではないけれど。

そして出てきたコーヒーは香りが高くてしっかりと美味しい。浅煎りなので、豆の雰囲気が残っていて、適度な酸味があるのがまた美味しい。なんて素敵なお店なのだろう。もちろん、聞かれてもいないけれどコーヒーはストレートで飲むタイプなので、そのままの味を楽しむ。のんびりとしていたら1時間近くも過ぎていた。コーヒーを淹れる、そして飲むという行為に対して真摯に、でも窮屈ではなく楽しんで過ごせるところ。

台南の朝をより豊かなものにしてくれると思う。

道南館 自家烘焙咖啡館
住所:台南市中西區民權路二段248號
時間:9:00-21:00,(日)13:00-18:00
休み:基本的になし

新美街

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です