2016年現在、台南でおもしろくなってきそうなエリアのひとつは新美街という小さな路地が通るエリア。台南のよさである古い建物をリノベーションして居心地のよい空間をつくり出していて、新しい文化の発信地になってきている。そして、今回訪れた來了はそんななかでも有名なところのひとつ。

來了へのアクセス

新美街でも北側のエリアになる。路地自体は車一台分くらいの幅の細い通りなので見落としてしまわないように。赤嵌楼からも近いのでアクセスはいい。

來了について

基本的にはゲストハウスとしての運営がメインとなっていて、カフェは朝食などで利用されている。宿泊客でなくても利用できるので、新美街を散策しているときにはひと休みしたいところのひとつ。

店内は意外と広くて、二階もラウンジみたくなっている。ゆっくりするなら二階なのだろうけど、たぶん夏場とかは暑くなりそうな作りだと思う。

來了 Lai Le

朝食の時間からやっているので、ここで食べる朝食も悪くなさそうだが、普通にカフェとして利用した。中国茶をお茶菓子つきでわりとちゃんと味わえるのが楽しい。お茶菓子は台湾の伝統的なものがそろっていて、お店の人が丁寧に説明してくれる。どれも美味しい。そして、中国茶もまた深い味わい。コーヒーもいいけれど、中国茶を飲む時間も好きだな。

店内は色んな書籍が並んでいて、こちらで発行されている台南のガイドブックも数多くあるので、めくってみて情報収集するのもいいと思う。ほかにも旅行雑誌などもあったりして、僕は以前に台湾の旅行雑誌に写真をつかってもらったことがあるのだが(タイの特集だった)、そのときの雑誌がここにあって久々に読み返してみた。

旅って色んな巡り合わせがあるけれど、旅先で自分の写真を見返すことになるなんて、これもまた楽しい体験だな。外は梅雨に入りかけている時期なので、雨が降り出してきたのだが、そんな時間をのんびりと過ごすにもいいところ。

そして、今度は宿にとまってみるのも楽しそうだと思った。次はここかな。

來了 Laile
住所:台南市中西區新美街149號
時間:09:00-17:00(カフェ営業時間)

新美街

保存

Related Post

浜名湖を望める「蔵茶房 なつめ」でのひと休みは気持ちがいいカフェ... 予約していた三ヶ日の加茂という鰻店さんへ行くまでの時間調整。近くでお茶でもできるところを探していたところ、見つけたカフェ。 カフェ以外に酒屋さんも併設していて、日本酒や焼酎などを買うこともできる。酒屋さんは蔵のような作り。カフェは山小屋のような雰囲気もある。 アクセスは東名高速の...
N1 Coffeeは九龍で美味しいコーヒーが飲める貴重な存在... 九龍の尖東エリア、重慶マンションの裏手の方へ行ったあたりにある小さなカフェ。シングルオリジンで一杯ずつドリップしたコーヒーを楽しむことができる。 シングルオリジンのコーヒーは日本と比較してもちょっと高いと思わないわけではない。でも、この街でちゃんとした美味しいコーヒーを飲めるってことがどれだけ...
いちはらアート×ミックス2014「あそうばらの谷」編... 2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。 ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影...
(2013.12.23で閉店)ジョエル デュランのリエジョアマニアに参加してみた... 銀座にある大人な感じのカフェであるジョエル デュランでは、店頭でメルマガ会員みたいなものを募集していて、それにメールアドレスを登録しておくと、不定期に開催されている新作リエジョアのお披露目会である「リエジョアマニア」というものの招待案内が送られてくる。 で、招待案内のメールに申し込んでみたとこ...
谷津の螢明舎でエイジングコーヒーを楽しむ... どうってことない私鉄の郊外の駅からのびる商店街のなかにある喫茶店。わりと古めかしい感じで、薄暗い店内にはマグカップが並んでいる。この昭和感のある喫茶店が意外にもおもしろい。 その昔は近所に住んでいた村上春樹がエッセイに書いたことで有名になったようだけど、そのエッセイがなかったとしても雰囲気がよ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です