永楽市場の通り沿いにある有名店。前から知っていたのだが、はじめて来たところ。牡蠣オムレツって以前に何回か食べたことあるけれど、正直なところちょっとピンと来ていなくてあまり積極的に食べたいものではなかった。

でも、ここの牡蠣オムレツを食べて、台湾での牡蠣オムレツに対する印象ががらりと変わった。というか、何度も台南来ているのにもっとはやく来ておけばよかったとすら思った。

石精臼蚵仔煎へのアクセス

永楽市場のある國華街の通り沿いにある。基本的には市場についている食堂みたいなものなので、朝からの営業で夕方には店じまいをしてしまう。前に18:30くらいに通りかかったときには既に店じまいをしていた。19:30までの営業ということだけど、食材がなくなれば早じまいすることもあるのでお昼くらいまでには来ておきたい。

石精臼蚵仔煎について

お店はいつも混んでいて席を確保するにも一苦労する時間帯がある。ちょうど料理を作っているキッチンカウンターみたいな席がひとつ空いたのでそこに入り込んで席を確保。

キッチンカウンターといえば聞こえはいいけれど、フライパンの熱気がかぶさってくるすごい席だった。でも、料理を作っている様子がすぐそばで見られるのは楽しい。

メニューはいくつかあるのだけれど、おすすめはなんといっても蚵仔煎という牡蠣のオムレツ。牡蠣は小ぶりで牡蠣のぷりぷりな食感というよりも風味を味わうスタイル。

オムレツの作り方だけど、ふっくらと蒸らすように作ったりしているので簡単そうにみえて丁寧で手がこんでいる。

出てきた蚵仔煎は見るからに美味しそう。いままで食べていた蚵仔煎ってなんだったのだろうって思ってしまうくらいだ。台南グルメの神髄をみた感じがする。

石精臼蚵仔煎
住所:台南市國華街三段182号
時間:7:30-19:30
休み:不定休

保存

Related Post

台北で最も古い麺料理店のひとつ「賣麺炎仔」での朝食もおすすめ... 迪化街のさらに北側にあって、小学校の裏手の通りにひっそりとあるお店。交通量もそれほど多くないのだけど、この一画だけはバイクが並んでいてにぎわっている。賣麺炎仔は台北でもっとも古い麺料理店のひとつで、もともとは屋台だったのがいまは小吃店になっている。 入口にせりだすようにあるカウンターのテーブル...
葉家肉粥は地元で人気の粥屋さん 迪化街をふらふらと散歩してたどり着いた慈聖宮。迪化街の北側にある寺院の境内には屋台のような小吃のお店がいくつか並んでいて、境内の大きな木のたもとにテーブルが並んでいる。 まだ、朝の空気が残る境内は気持ちよくて、民樂旗魚米粉湯につづいて朝食を楽しんだ。 葉家肉粥へのアクセス 迪化街の...
台南小吃グルメを食べつくす!厳選の6軒(ランチ小腹編)... 小吃(シャオチー)とは、店や屋台で食べる中華の一品料理のことで、台南にはこの小吃のお店がそれこそ星の数ほど無数にある。小吃こそ台南が誇る食文化だと思う。 前日の投稿で朝食編を紹介したので、今度はランチや「ちょっと小腹空いたな」というときにおすすめしたいところを僕が行ったところのなかから選んで厳...
カフェみたいな杏本善で楽しむ杏仁茶... 杏仁茶というものを始めて知ってためしてみた。杏仁豆腐の姉妹みたいな感じで、杏仁の香りをより楽しむことができる。なにより、杏本善は専門店として試飲して自分好みのものを選択して楽しめるのがいいところ。 杏本善へのアクセス 台南の旧市街で賑わう正興街のすぐ側に西門市場というほぼ廃墟みたいな市場...
2016年5月版、台南小吃グルメまとめ36軒... 今回の旅でもよく食べ歩いたなあってしみじみ思う。食とは本来、生きるためにあるものだけど、僕にはもはや、食べるために生きているんじゃないかと思ってしまうくらいだ。ということで、今回の食べ歩きリストのまとめを作ってみることにする。台南旅の参考にしてもらえれば嬉しい。 前回の旅でのまとめ:今回の旅で...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です