永楽市場の通り沿いにある有名店。前から知っていたのだが、はじめて来たところ。牡蠣オムレツって以前に何回か食べたことあるけれど、正直なところちょっとピンと来ていなくてあまり積極的に食べたいものではなかった。

でも、ここの牡蠣オムレツを食べて、台湾での牡蠣オムレツに対する印象ががらりと変わった。というか、何度も台南来ているのにもっとはやく来ておけばよかったとすら思った。

石精臼蚵仔煎へのアクセス

永楽市場のある國華街の通り沿いにある。基本的には市場についている食堂みたいなものなので、朝からの営業で夕方には店じまいをしてしまう。前に18:30くらいに通りかかったときには既に店じまいをしていた。19:30までの営業ということだけど、食材がなくなれば早じまいすることもあるのでお昼くらいまでには来ておきたい。

石精臼蚵仔煎について

お店はいつも混んでいて席を確保するにも一苦労する時間帯がある。ちょうど料理を作っているキッチンカウンターみたいな席がひとつ空いたのでそこに入り込んで席を確保。

キッチンカウンターといえば聞こえはいいけれど、フライパンの熱気がかぶさってくるすごい席だった。でも、料理を作っている様子がすぐそばで見られるのは楽しい。

メニューはいくつかあるのだけれど、おすすめはなんといっても蚵仔煎という牡蠣のオムレツ。牡蠣は小ぶりで牡蠣のぷりぷりな食感というよりも風味を味わうスタイル。

オムレツの作り方だけど、ふっくらと蒸らすように作ったりしているので簡単そうにみえて丁寧で手がこんでいる。

出てきた蚵仔煎は見るからに美味しそう。いままで食べていた蚵仔煎ってなんだったのだろうって思ってしまうくらいだ。台南グルメの神髄をみた感じがする。

石精臼蚵仔煎
住所:台南市國華街三段182号
時間:7:30-19:30
休み:不定休

保存

Related Post

義成水果店でフルーツ堪能 台南に限ったことじゃないかもしれないのだが、台湾の人たちは食後にフルーツを食べるのが好きらしく、そして、フルーツには思い入れがあるみたいな気がする。 なので、フルーツの専門店という果物屋さんがあり、その店先で夜遅くまでフルーツを食べることができるのではないかと思っている。なにせ、こちらの果物っ...
葉家小卷米粉でやさしい味の朝食 ここもinstagramでフォローしているところから得た情報。朝食に葉家小卷米粉でイカの出汁が効いたスープとビーフンを食べたというのをみて猛烈に食べてみたくなったので僕も来てみた。ここでの朝食は間違えがない。 葉家小卷米粉へのアクセス 今回の宿がある正興街からみると南北に通る國華街の通り...
林百貨の屋上から眺める景色について... 1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。 屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。 前回の訪問:林百貨で...
暁珈琲(台南) – 夜中だけ営業している不思議なカフェ... 夜深い時間に営業して、暁の直前には閉店するけれど暁珈琲という、夜中の夢みたいなカフェ。この不思議なお店を知ったのはtwitter経由でたまたまという感じ。すごく詳しくて、僕のブログよりも雰囲気のいい写真がたくさんあります。 【台南】Akatsuki 曉咖啡:Your city My city...
今回の旅での台南小吃グルメまとめ 今回の台南旅ではよく食べたなあ。行ったお店の数をカウントしたら29軒も行っていた。そりゃ途中で「おれなにやってんだろ」って自問自答するよな。 しかし、台南でよくみかける小吃というスタイルは一品あたりの量が少なく、たとえばお茶碗一杯のごはんとかそんな感じ。 日本だと、たこやきとか焼きそばが...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です