いま台南でどこのエリアに興味があるかといえば新美街のエリアで、そのなかでも一番好きなのは鳳冰果舖というフルーツ専門のカフェ。ここで美味しい果物たちに出会ってからというもの、すっかり果物好きになった僕は日本でも美味しい果物屋さんを巡るようになってしまった。それくらい僕のライフスタイルにインパクトがあったところ。

鳳冰果舖へのアクセス

赤嵌楼にほど近い新美街という細い路地のエリア。このあたりは古い街並みが残っていて雰囲気がいいところが多く、最近それらの建物をリノベーションしたゲストハウスやカフェが増えてきている台南でも注目のエリアだと思う。

鳳冰果舖について

オープンしたのが2015年7月29日とまだまだ新しいカフェ。これ作った人って本当にフルーツが好きだったり、細かくてかわいいものが好きなのだろうなあって思うくらい、入口のドアノブからカードホルダーとかあちこちに置かれている小物まで、細部まですごく作り込んでいて、チェーン店にはないかわいらしさがある。東京でもこんな細部までこだわったお店なかなか見つからない。

お店のオーナーの女の子は一見するとクールビューティーみたいな感じなのだけど、話しをしてみると結構気さくでおもしろい。写真撮っていい?とかきいたら「いいけど、顔大きいのが目立っちゃって」とかちょっとおもしろい(ぜんぜんそんなことないんだが)。ちなみに、お店のなかにあるイラストは全て本人が描いていて、たまに登場する自画像がすごく似ている。スタンプにもなっているので、押してみるのもいいんじゃないかと。

メニューはフルーツが主人公で、オーガニックなものを鮮度を管理して使っているとのこと。果物を洗う水にもこだわっているので安心して食べることができる。スムージーなども美味しい。置いてあるビールは台湾のフルーツビールで、これもまた意外と美味しいので試してみるのもいいかもしれない。

お店のスタンプ

僕が好きなのはフレッシュフルーツの盛り合わせとフルーツのスムージー。スムージーのちょっと曲がったグラスがまたかわいく、そしてボリューム満点で気前がいい。

フルーツもオーダーをうけてから、ひとつひとつちょこちょこと切っているので時間はかかるけれど、出てきたものはちょっとこだわったカットがされたりしていて、それもまたかわいい。

なんていうか、お店の雰囲気から小物。出てくる食べ物までいちいちかわいい。こんなお店が近所にあったら毎日でも通ってしまいたいくらいだ。台南まで通いたくなる店が出来てしまったという嬉しい悩みのお店。

鳳冰果舖
住所:台南市中西區新美街183號
時間:10:00-20:00
休み:火曜日、不定休

保存

Related Post

台南に来たならば「永記虱目魚丸」の肉燥飯と綜合湯を食べてみてほしい... 台南ではすごく有名なお店みたいで、ここで肉燥飯を食べながらinstagramに写真アップしたら「綜合湯も試してみて!」といわれたので、慌てて追加オーダーしてみたくらい。地元の人にとっても、台南に来たらここがおすすめのようだ。 アクセス 孔子廟からすぐ近くで、福記肉圓からも歩いて数分のとこ...
Chang Innでの朝食はルアンパバンでおすすめ... ルアンパバンでの朝食でこんな優雅な時間が過ごせるとはってびっくりした。ラオスでとれたコーヒー豆を使ってサイフォンコーヒーを淹れて飲むとか、なんだか時間がゆったり流れていてこの町らしいなあって思う。 そしてサイフォンコーヒーの機材は日本製だった、なかなか手に入らないらしくすごく丁寧に取り扱われて...
日子咖啡 Nichi Nichi – 居心地のよい台北カフェ... 中山駅のすぐそばにこんな静かな路地があって、そこにはこんなに素敵なカフェがあったのかという驚き。 すぐそばの他のカフェはいつ行ってもやたらと行列しているところがあったりするのに。 MRT中山駅からほど近いところにある「日子咖啡 Nichi Nichi」。 それほど広くない店内だけど...
ロマンティックで幻想的な青の世界 、喫茶「ソワレ」でゼリーポンチ... かさぎ屋に続いて竹久夢二の世界観。四条通りをすこし入ったところ、南座の近くにあるロマンチックな雰囲気の純喫茶のお店。 友人におすすめされていて、一度行ってみようと思っていたのだがお店の前でばったりその友人と遭遇。東京住んでいるのに、まさか同じタイミングで京都にきていて、おすすめのお店で遭遇しち...
台南の阿裕牛肉湯が一番美味しい。いままでの牛肉はすべて霞むくらいだ。... 台南に住んでいる方と話しをしているときに、台南では朝に牛肉湯を食べるのが好きでとくに六千牛肉湯が美味しいって話しをしていたら、相手から「じつはもっと美味しいところあるのです」っていわれたのが阿裕牛肉湯(阿裕牛肉涮涮鍋)というお店。たしかに、いままで食べた牛肉はなんだったんだろうというくらい絶品の肉を...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください