古民家をリノベーションした台南のカフェのなかでも、有名なお店のひとつ。本の表紙になったりすることもあるし、地元の人でも人気のお店。

ここの特徴はなんといってもこだわりのあるコーヒーだろうなというところ。人気店なので、入れないこともある。

甘單珈琲館へのアクセス

台南駅からのびる中山路から少し入ったところにある。小さな寺院があり、その前がちょっとした広場になっている。

甘單咖啡館はその広場の横にある。路地の入口あたりには僕が好きな肉圓のお店である黃氏蝦仁肉圓があり、路地を奥に10mもすすむとラオスのコーヒーがのめる寮國咖啡がある。すごく狭いエリアに凝縮してお店がある。

甘單咖啡館甘單珈琲館について

古民家カフェとしては台南でも有名で、地元の若い子たちや外国人にも人気。店内はカウンター席のほかにテーブル席が3つくらい。結構狭い。テーブルも椅子もひとつひとつ違うアンティークなものが使われていて、それがまた雰囲気出ている。

甘單咖啡館料理を楽しむよりもコーヒーがメイン。少しスイーツがあるくらい。暑いときにはイルガチェフの爽やかな酸味が好きなので、それをオーダーしてみる。隣の子はMacBookを開いてデザインをしている。

話しをしてみると、このお店にはそういうデザインやっている子たちが集まってくるとのこと。なんだか京都にあるカフェみたいな雰囲気。

甘單咖啡館コーヒーは台南においては道南館を知ってしまったいまとなっては、少しかすんでしまうところはあるものの、しかしそれでも段違いに美味しいコーヒーではある。台北にもいいカフェは多いけれど、台南は街の規模に対してこの密集度と充実の度合いはすごい。これがあるから台南を好きなんだよな。

まさに台南らしいカフェで過ごす時間。外のテラスで広場を眺めながら冷たい飲物を飲むのも楽しそうだ。

甘單咖啡館
住所:台南市中西區民權路二段4巷
時間:13:00-21:30
休み:月末の月-木、春節、その他不定休

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です