古民家をリノベーションした台南のカフェのなかでも、有名なお店のひとつ。本の表紙になったりすることもあるし、地元の人でも人気のお店。

ここの特徴はなんといってもこだわりのあるコーヒーだろうなというところ。人気店なので、入れないこともある。

甘單珈琲館へのアクセス

台南駅からのびる中山路から少し入ったところにある。小さな寺院があり、その前がちょっとした広場になっている。

甘單咖啡館はその広場の横にある。路地の入口あたりには僕が好きな肉圓のお店である黃氏蝦仁肉圓があり、路地を奥に10mもすすむとラオスのコーヒーがのめる寮國咖啡がある。すごく狭いエリアに凝縮してお店がある。

甘單咖啡館甘單珈琲館について

古民家カフェとしては台南でも有名で、地元の若い子たちや外国人にも人気。店内はカウンター席のほかにテーブル席が3つくらい。結構狭い。テーブルも椅子もひとつひとつ違うアンティークなものが使われていて、それがまた雰囲気出ている。

甘單咖啡館料理を楽しむよりもコーヒーがメイン。少しスイーツがあるくらい。暑いときにはイルガチェフの爽やかな酸味が好きなので、それをオーダーしてみる。隣の子はMacBookを開いてデザインをしている。

話しをしてみると、このお店にはそういうデザインやっている子たちが集まってくるとのこと。なんだか京都にあるカフェみたいな雰囲気。

甘單咖啡館コーヒーは台南においては道南館を知ってしまったいまとなっては、少しかすんでしまうところはあるものの、しかしそれでも段違いに美味しいコーヒーではある。台北にもいいカフェは多いけれど、台南は街の規模に対してこの密集度と充実の度合いはすごい。これがあるから台南を好きなんだよな。

まさに台南らしいカフェで過ごす時間。外のテラスで広場を眺めながら冷たい飲物を飲むのも楽しそうだ。

甘單咖啡館
住所:台南市中西區民權路二段4巷
時間:13:00-21:30
休み:月末の月-木、春節、その他不定休

Related Post

ブルーボトルコーヒー青山は観光地です... 表参道あたりで時間つぶす必要があったので、ブルーボトルコーヒーに行ってみることにした。 場所は表参道の交差点から、ちょっと裏道にはいって数分のところ。すぐそばにSHOZO Cafeの小さな支店がある。 清澄白河のブルーボトルコーヒーが素晴らしかったので、こちらでも期待して訪問。店内はスタ...
北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...
Chang Innでの朝食はルアンパバンでおすすめ... ルアンパバンでの朝食でこんな優雅な時間が過ごせるとはってびっくりした。ラオスでとれたコーヒー豆を使ってサイフォンコーヒーを淹れて飲むとか、なんだか時間がゆったり流れていてこの町らしいなあって思う。 そしてサイフォンコーヒーの機材は日本製だった、なかなか手に入らないらしくすごく丁寧に取り扱われて...
【閉店】CAFE JUNKIESは台北カフェで最高に居心地がいい場所... すんごい迷うけれど、台北で一番居心地がよくて、落ち着くカフェってどこ?と訊かれたらここCAFE JUNKIESかなあ・・って回答すると思う。 僕が訪れたのは開店して間もない朝だったのだけど、外から入り込む光が店内を照らしていて、それはそれはとても気持ちのよい朝のひとときを過ごすことができた。...
お土産だけじゃない、フラノマルシェの魅力について... 札幌から富良野までやってきて、そこから美瑛まであと少しのところ。唯我独尊でランチを食べて国道へ戻るところにショッピングモールみたいなものがあり、それがフラノマルシェというところだった。少し離れたところに二カ所あって、僕が訪れたのはオリジナル?の方みたい。 地産地消というか、富良野の特産物をあつ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です