5月下旬は台湾産のマンゴーが市場に出てくる時期。3月に来たときには季節はいいけれど、フルーツを堪能って感じではなかったので、今回の旅では楽しまなくては。ということで、義成水果店へふたたびやってきた。

前回の訪問:義成水果店でフルーツ堪能

お店は地元の人で賑わう果実店という感じで、前の歩道にテーブルが並んでいて、そこでみんな果物をつまんでいる。食後のデザートみたいに果物を食べる人もいれば、カフェっぽく友達同士の会話を楽しむという人もいたりする。すごく地元に愛されている感じがするお店。

義成水果店義成水果店軒先にはマンゴーが並んでいたので、さっそくカットフルーツを頼んでみることにする。これ、日本で食べるときっと高いんだろうなあ・・とかちょっとつまんないことを考えてしまうのだが、台南で食べるマンゴーは安くて美味しい。

台湾のマンゴーはタイなどインドシナで食べるマンゴーとは異なり、甘さが前面に出るというよりも、少し酸味があるくらいの味わい。さっぱりとしていて、これはこれですごく美味しい。オーダーしてから丁寧に切ってもってきてくれるというのも贅沢なところだ。

初夏から夏にかけての台南ではフルーツを楽しまない理由がないと思う。義成水果店に限らず、地元のフルーツを楽しんでみてもらいたい。

義成水果店
住所:台南市民生路一段116號
時間:12:00-26:00

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です