ここもinstagramでフォローしているところから得た情報。朝食に葉家小卷米粉でイカの出汁が効いたスープとビーフンを食べたというのをみて猛烈に食べてみたくなったので僕も来てみた。ここでの朝食は間違えがない。

葉家小卷米粉へのアクセス

今回の宿がある正興街からみると南北に通る國華街の通りを南の方へすすみ歩いて5分くらいのところ。朝8:30から売り切れまでの営業というスタイルなので朝食のお店ということになる。週末の朝9時前後に訪れたのだけど、お店はほぼ満席で人気店だった。

葉家小卷米粉葉家小卷米粉について

入口の紫色の外観とか、店内がわりと青色ベースの配色だったりして食欲をそそるような色合いではないという先入観をもってしまうのだが、朝から混雑している人気店。並ぶほどではないけれど、テーブルはひっきりなしに入れ替わりうまっている。

メニューはビーフン入りのイカのスープである小巻米粉と、イカだけのスープである小巻湯の二種類のみ。さすがは小吃店。スープはイカの出汁をメインにしていてシンプルなものになっている。たしかに朝に食べるには優しい味だと思う。ここに来てみて、そっか台南の料理って結構しっかりと味ついているものが多いんだなって気づく。

小巻米粉
小巻米粉

スープの身として入っているイカは、あれちょっと半生なのかなって思ってしまうくらいに柔らかくて美味しい。これはそのまま食べてもいいし、小皿に醤油をいれて別途食べるのもおすすめ。

しっかりした味付けの料理が多い台南小吃のなかでは珍しいさっぱりとした風合いのお店。ここでの朝食もまた幸せを噛みしめるような味だな。

葉家小卷米粉
住所:台南中西区國華街二段142號
時間:8:30-売り切れまで
休み:月

Related Post

「さかた海鮮市場」と「海鮮どんや とびしま」の朝食はもはやはずせない定番。... なんだか数年前と同じようなパターンで酒田旅をしているなと思いつつ、ここには訪れてしまうという場所だ。 酒田港に隣接する場所にある「さかた海鮮市場」と「海鮮どんや とびしま」は一階が地元の物産館で魚屋なども入っている。二階はその魚屋が経営する食事処で早朝からやっているのが嬉しい。こんないい場所が...
信濃大町駅にある「カタクリの花」で朝食に蕎麦を食べる... 前日に呑み歩きをした後、結構疲労感が残ることもあり、日曜日は渋滞が始まる前に早めに帰路へ着くことにしている。 朝食は前年と同様に信濃大町駅まで歩いて行って蕎麦を食べることにした。 前回の訪問 信濃大町の朝食はこれでいいんじゃないかって思う - カタクリの花 信濃大町駅の待合室にあ...
日本海の味を堪能できる「海鮮どんやとびしま」... 酒田での夜は鈴政で江戸前の洗練された寿司をいただいたのだけど、それじゃあ「日本海どーん!」というくらいの産直な海鮮はどこで食べればいいのか?という悩みはここ「海鮮どんやとびしま」に来ればいいんじゃないかと思う。 場所は酒田港内にあって、市街地からすぐ。僕が訪れたのは朝食のため朝7時過ぎだったの...
慕ㄇㄨˋ紅豆の紅豆湯はやさしい味の台湾スイーツ... 路地裏にある駄菓子屋さんみたいな雰囲気のところで、昼下がりにのんびりと、おやつにぜんざいを食べる幸せな世界がここにある。学校帰りにこういうところがあったら確実に通っていただろうな。ちなみに、店名の「慕ㄇㄨˋ」というのはまったく読み方分からなかったのだが、どうやら「ムーホンドウ」と読むらしい。 ...
香港B級グルメの王道、茶餐廳での朝食... ガイドブックなどには出てこないけれど、一部マニアックな人気がある香港の茶餐廳。ファミレスと喫茶店と定食を出す食堂があわさったような雑多な事業形態で朝から晩までずうっとやっている。 でも、店内に入ると観光客とかはまずいない。料金はかなり安くてお得なのだけど、なんだか不思議な料理のラインナップだか...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください