四草綠色隧道碼頭で楽しんだあと、どうやって街まで戻ろうかなと思ったら、道路脇から捨て犬が近寄ってくるかのように1台の車が近づいてくる。あ、さっき乗ってきたタクシーじゃん。

ということで、タクシーなので自由な行動できるなと安平古堡へ行ってみることにした。

前回の訪問:安平古堡&安平老街の散歩

安平古堡へのアクセス

移動をお金で買えるのであればタクシーで移動してしまうのがもっとも便利。自転車を借りて、ふらふらと街から移動するのも悪くなさそうではある(やったことないけれど)。この街でのバス移動は現実的な移動手段なのかどうか、僕には判断できない。

ちなみに、マングローブ林ひろがる四草綠色隧道碼頭からはタクシーで10-15分くらい。歩ける距離ではないけれど、遠くもない。街まで戻るくらいなら、四草綠色隧道碼頭と安平エリアをセットでまわるのがいいと思う。

安平古堡 Fort Zeelandia安平古堡 Fort Zeelandia

安平古堡について

この地に進出してきたオランダ人によって1624年に建設された台湾でもっとも古い城堡である。その後、オランダ人によって台湾支配の中心地としてオラニエ城、ゼーランディア城という名前などで発展をしていく。

主要な壁や敷石などはレンガで作られているのだが、これは当時インドネシアから運ばれてきたものだそう。砦の裏側にまわると、安平老街でもみかけるサンゴを使ったコンクリートみたいな素材をみることができる。輸入製品で作るよりも土地のもの使った方が安いだろうし。

17世紀からわりと最近になるまで、この砦は台南を囲むようにした入り江の突端にあったみたいで、その入り江は市街地にある赤嵌樓までひろがっていたみたい。きっと昔は天然の良港だったのだろう。いまでは、安平古堡は台南守備の前線基地というより、縁日みたいな商店街がひろがる古城という感じ。一番てっぺんからみえる安平の街も一度みれば楽しいけれど、何度もみるようなものかどうかは微妙かなあ。でも、気持ちがいい場所ではある。

安平古堡 Fort Zeelandia

安平古堡 Fort Zeelandia

安平古堡 Fort Zeelandia

安平古堡 Fort Zeelandia

必見なのは昔の状態のまま残されている城壁の一部。樹木に覆われつつあるこの風景はカンボジアのアンコール遺跡群、タ・プロームとかベンメリアのようでもある。この風景は栄枯盛衰というか、自然の力強さを感じるものがある。赤いレンガとのコントラストもまた美しい。

古堡の外は城下町というほどでもないけれど、観光客目当ての縁日のような賑わい。それと比較して有料で入場するこの古堡ののんびりした空気感がまた穏やかで気持ちがいいと思っている。台南観光のハイライトのひとつでもあるし、台南に来たならば訪れてみる価値があると思う。

安平古堡
住所:台南市安平区国勝路82号
時間:8:30-17:30
休み:なし

Related Post

アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...
五色沼でボートを漕いできた 会津若松をあとにして少し裏磐梯の方へと行ってみることにする。このあたりは6月に来た東北旅で立ち寄りたかったところなのだが(2016年6月 行くぜ、東北。初夏のさくらんぼ狩り編)やはり行程には無理があったかもしれないなって思えるくらいに広いエリアだった。 気になっていたのは裏磐梯にある五色沼とい...
神秘のブルー、丸池様の美しさは言葉にしつくせない... 今回の庄内への旅でひそかに気になっていた場所。知り合いが訪れていてすごい美しい場所で穴場だというので行ってみた。たしかに全然人がいない(いまは違うかもしれないが)なかで森のなかに突然あらわれる驚異的な透明度の青い泉は神秘的で美しい。斧とか落としたらなかから神さまが出てきそうな絵本のなかで出てくる風景...
庄内の豊かさを実感する「山居倉庫」... 酒田市における観光スポットの目玉のひとつが、この山居倉庫。江戸末期から20世紀初頭にかけて建てられていて、いまだに現役で使われている。倉庫のうち西日があたる部分にはケヤキが植えられていて、そのケヤキ並木はフォトジェニックな散歩コースとなっている。ちなみに、この並木道で倉庫と反対側は普通の住宅地なんだ...
源光庵のふたつの窓「迷いの窓」「悟りの窓」をみてきた... 京都で紅葉となると寺院になることもあり、今回の旅では、ひさびさに寺院をめぐる旅をしている。ここ数年の京都旅では「寺院めぐりなんて修学旅行っぽい」とあまり見てまわらなかったのだが、ひさびさに来てみると新しい発見があったり、思いがけず美しい風景にめぐり会ったりと楽しめるものだなと改めて実感する。 ...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください