安平老街の散歩しようかなっていうときに見つけたカフェ。というかコーヒースタンドみたいなところ。住宅街のなかでゆっくりとした時間が流れる素敵なところだった。

木門厝Moment Cafeへのアクセス

安平老街の方にあって、ちょっと海側の方の路地を入ったところにある。まわりは住宅地でこんなところによくお店作ったなというような地味な場所。なので、路地に入った瞬間にお店の場所がわかると思う。

木門厝Moment Cafeについて

駄菓子屋みたいな外観のお店で、カウンターだけの小さいお店。ちょっとした棚のディスプレイとかオーナーの趣味が反映されていて楽しい。こういう自分が好きなことをやって楽しんでいるというお店が好き。

メニューはいくつかあるけれど、面白と思ったのは塩をつかったラテ。Sea Salt Latteとかそんな名前だったはず。

オーダーして木のスツールみたいなのに座りながら待つことにする。なんだかすごくのどかな場所にあるカフェというか、コーヒー屋台みたいなところで、時間がとまっているんじゃないかって思えてしまう。

オーナーの人も写真が好きみたいで、カウンターの奥にはナショナルジオグラフィックのカメラバッグが置いてある。あのバッグ持ってあちこち旅行するのが好きみたい。僕も前は似たような大きなバッグと一眼レフを使っていたけれど、いまじゃすっかりコンパクトカメラを片手にほとんど荷物持たない旅行になってしまった・・とかそんな話しをしている(なんとなく英語で)。

ゆっくりと丁寧に淹れてくれるコーヒーを眺めて、そしてこのユルい空気を感じていると、Jack Johnsonの歌じゃないけれど、そんなにはやく動き回ったってあんま意味ないんじゃないかって思ったりする。

散歩の途中に立ち寄ってちょっとコーヒー飲んだりするのに素敵な場所。あちこち見てまわる旅行するのもいいけれど、のんびりと過ごすのも悪くない。

木門厝Moment Cafe
住所:台南市安平區運河路13巷33號
時間:14:00-18:30, 11:00-19:00(土日)
休み:火曜日

保存

Related Post

CAFE DE ROPE GINZA(カフェ ド ロペ銀座)のバタートーストは懐かしく新しい... THE PARK・ING GINZAと同時にオープンした地下にあるカフェ。1970年代に表参道にあったオープンカフェがもともとのイメージらしいのだが、そのときのことは知らない。 でも、地下にあるのに妙に開放的な感じはおもしろい。透明のアクリル板みたいなもので仕切られているのだが、お店の奥には使...
salo cafe(サロカフェ) – 新宿での喧噪を逃れた癒やしカフェ... フィンランド語で「深い森」を意味する「salo(サロ)」の名前がついたカフェ。騒がしい新宿の街のなかにこんなところあるんだっていうくらいゆったりした雰囲気のカフェで気に入っている。 森や木をコンセプトにしていて、店内はアンティークな感じの家具とかで統一されていてヨーロッパのカフェっぽい印象もあ...
台南随一の絶景、四草綠色隧道碼頭の緑のトンネルをボートですすむ... 台南には何度か来ているけれど、こんなところがあったなんて始めて知った。そしてすごいきれいで楽しい。安平古堡、赤崁楼と並ぶ台南観光のハイライトといっていいと思う。 四草綠色隧道碼頭へのアクセス 国鉄台南駅からバスが出ているとのこと。99台江線か10番のバスに乗って行けるみたい。でも、幻のバ...
【閉店】Cafe Junkies(小破爛咖啡館)でひとやすみ... 台北にカフェは数あれど、ここより居心地のいいところはなかなか見つからない。朝から夜までやっているのも便利なところ。今回の旅で、ひさびさに訪問したけれど、やはりいいところだよなって改めて感じた。 過去の訪問 クリスマスのCafe Junkies、地下鉄が開通してアクセスが便利に! C...
一二三亭(高雄)で昔の日本の雰囲気を知る... 台南第二の都市である高雄の街は台北の小型版みたいな感じで、街中ではあまり印象が残るようなところがなかった。 そんななかで、高雄の港に近いエリアは独特のゆったりとした世界が流れていて見どころの多い、高雄の街では数少ない印象に残る場所。 そんな港の近くにある一二三亭は昔の日本統治時代に料亭と...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です