安平老街の散歩しようかなっていうときに見つけたカフェ。というかコーヒースタンドみたいなところ。住宅街のなかでゆっくりとした時間が流れる素敵なところだった。

木門厝Moment Cafeへのアクセス

安平老街の方にあって、ちょっと海側の方の路地を入ったところにある。まわりは住宅地でこんなところによくお店作ったなというような地味な場所。なので、路地に入った瞬間にお店の場所がわかると思う。

木門厝Moment Cafeについて

駄菓子屋みたいな外観のお店で、カウンターだけの小さいお店。ちょっとした棚のディスプレイとかオーナーの趣味が反映されていて楽しい。こういう自分が好きなことをやって楽しんでいるというお店が好き。

メニューはいくつかあるけれど、面白と思ったのは塩をつかったラテ。Sea Salt Latteとかそんな名前だったはず。

オーダーして木のスツールみたいなのに座りながら待つことにする。なんだかすごくのどかな場所にあるカフェというか、コーヒー屋台みたいなところで、時間がとまっているんじゃないかって思えてしまう。

オーナーの人も写真が好きみたいで、カウンターの奥にはナショナルジオグラフィックのカメラバッグが置いてある。あのバッグ持ってあちこち旅行するのが好きみたい。僕も前は似たような大きなバッグと一眼レフを使っていたけれど、いまじゃすっかりコンパクトカメラを片手にほとんど荷物持たない旅行になってしまった・・とかそんな話しをしている(なんとなく英語で)。

ゆっくりと丁寧に淹れてくれるコーヒーを眺めて、そしてこのユルい空気を感じていると、Jack Johnsonの歌じゃないけれど、そんなにはやく動き回ったってあんま意味ないんじゃないかって思ったりする。

散歩の途中に立ち寄ってちょっとコーヒー飲んだりするのに素敵な場所。あちこち見てまわる旅行するのもいいけれど、のんびりと過ごすのも悪くない。

木門厝Moment Cafe
住所:台南市安平區運河路13巷33號
時間:14:00-18:30, 11:00-19:00(土日)
休み:火曜日

保存

Related Post

Bloom Caféはプノンペンでは古めかしいカフェだけど落ち着ける... プノンペンで涼しくゆっくりと過ごせるカフェのひとつ。普通の邸宅のようでもあり、ちょっと不思議な感じなラウンジみたいな空間はプノンペンらしいといえばそうかもしれない。 あえてここまで来るかといわれると微妙なところだが、近くを通りかかれば立ち寄ってみるのもいいと思う。 Bloom Caféへ...
ギルドコーヒ(GUILD COFFEE) – 神楽坂の隠れ家的カフェ... 毎朝、家でコーヒーを淹れているのだけど、もう何年もここの豆を使っていて、定期的に訪れている。 ここでマンデリンを飲んで以来、マンデリンとは酸味が強いという固定概念を覆され、こんなに風味の強い個性的なコーヒーはあるのだろうかと印象が変わった。コーヒー豆はブレンドから産地別まで結構あるけれど、25...
方寸之間はカフェとして居心地のいい空間... 高雄で出発前に時間を過ごしたのは方寸之間という日本風なカフェ。現代的なインテリアで台湾らしさみたいなのはあまり感じないけれど、中国茶のバリエーションは豊富でそういうところで台湾を感じる。 朝は9時から営業しているので、朝食後にのんびりとした時間を過ごすのもいいし、ここで朝食を食べるのも美味しそ...
広尾のカフェアパショナートは二階席で寛ぐ時間が気持ちいい... 広尾界隈でのランチでちょっとのんびりしたくて立ち寄ったところ。通りに面した一階席は軽くコーヒーを飲んだりするのにちょうどいいスペースで、二階席はソファや一人掛けのスペースもあって一人でも居心地よく過ごすことができる。 食事については少し微妙だなと思うけれど、コーヒーは美味しいしちょっと寛ぐ時間...
和寂咖啡は和食カフェ飯みたいな感じのところ... 今回泊まっている興居台南からすぐ近くの所にあるレストランというかカフェみたいなところ。営業時間が長くて便利なので、夕食を食べに行ってみた。 アクセス 民権路三段と西門路二段の交差点からすぐ近く、交差点についている路地みたいな通りを10メートルくらい入ったところにある。興居台南からは歩いて...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください