安平老街の散歩しようかなっていうときに見つけたカフェ。というかコーヒースタンドみたいなところ。住宅街のなかでゆっくりとした時間が流れる素敵なところだった。

木門厝Moment Cafeへのアクセス

安平老街の方にあって、ちょっと海側の方の路地を入ったところにある。まわりは住宅地でこんなところによくお店作ったなというような地味な場所。なので、路地に入った瞬間にお店の場所がわかると思う。

木門厝Moment Cafeについて

駄菓子屋みたいな外観のお店で、カウンターだけの小さいお店。ちょっとした棚のディスプレイとかオーナーの趣味が反映されていて楽しい。こういう自分が好きなことをやって楽しんでいるというお店が好き。

メニューはいくつかあるけれど、面白と思ったのは塩をつかったラテ。Sea Salt Latteとかそんな名前だったはず。

オーダーして木のスツールみたいなのに座りながら待つことにする。なんだかすごくのどかな場所にあるカフェというか、コーヒー屋台みたいなところで、時間がとまっているんじゃないかって思えてしまう。

オーナーの人も写真が好きみたいで、カウンターの奥にはナショナルジオグラフィックのカメラバッグが置いてある。あのバッグ持ってあちこち旅行するのが好きみたい。僕も前は似たような大きなバッグと一眼レフを使っていたけれど、いまじゃすっかりコンパクトカメラを片手にほとんど荷物持たない旅行になってしまった・・とかそんな話しをしている(なんとなく英語で)。

ゆっくりと丁寧に淹れてくれるコーヒーを眺めて、そしてこのユルい空気を感じていると、Jack Johnsonの歌じゃないけれど、そんなにはやく動き回ったってあんま意味ないんじゃないかって思ったりする。

散歩の途中に立ち寄ってちょっとコーヒー飲んだりするのに素敵な場所。あちこち見てまわる旅行するのもいいけれど、のんびりと過ごすのも悪くない。

木門厝Moment Cafe
住所:台南市安平區運河路13巷33號
時間:14:00-18:30, 11:00-19:00(土日)
休み:火曜日

保存

Related Post

台北で行きたいオシャレな「素敵カフェ」 6選... いろんなキュレーションサイトを眺めていて、「これ書いた人、実際は行ってないんだろうなあ。写真違うし」みたいなことがあったりすると結構がっかりする。 ありきたりな定番菜おすすめならばいいのだが、僕が自分でキュレーションみたいなことをしたらどういう感じかなと思ってためしにやってみることにしてみた。...
蜂大珈琲で阿里山コーヒーの豆を買う... 台北に着いてバスで市内に向かい、ホテルに荷物置いてからまず最初に向かったのは西門にある蜂大珈琲(前回の訪問はこちら)。 今回はカフェとして楽しむのではなく、阿里山珈琲の豆が欲しくて訪れた。ここでは、世界中の豆を取り扱っているのだけど、なかでも阿里山珈琲はこの店でぶっちぎりの高級豆で、前日までに...
西門町芒菓冰 – 普通においしいマンゴーかき氷... 西門あたりを散歩していて、マンゴーかき氷の有名店と書いてあったので、立ち寄ってみた。 西門の繁華街からは外れているけれど、前に泊まったサービスアパートとか、足裏マッサージの足満足とかはかなり近い。なんで、前に来たときに何度も前を通っていたのに、なんで気がつかなかったんだろう。 ということ...
Le Bout du Monde Le barでのんびりとお酒を楽しむ... ケップの山のなかの方にある雰囲気のいいリゾート。カンボジアの伝統的な高床式の建物がヴィラになっていて人気のホテルなのだが、併設されているバーもまた雰囲気があっておしゃれ。ここは宿泊者でなくても利用できるので、ちょっと散歩がてら行ってみるのがおすすめ。 Le Bout du Mondeへのアクセ...
北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください