前に安平老街来たときも、勝手に自主的に散歩している犬とすれ違ったりして、ずいぶんとのどかなところだなって思ったけれど、ひさびさに散歩してみて、やはりのどかでいいところだった。沖縄の田舎を歩いているような感じがする。

前回の訪問:安平古堡&安平老街の散歩

この場所は賑わいをみせてくるのは午後になってから。午前中は静かで生活感がある。お昼を過ぎてくると観光客とかも集まってくるけれど、それでもうるさいって感じではなく風情がある静けさがある。

安平老街安平老街古い住宅街といえばそうなのだけど、この老街と安平古堡の砦との関係性や街の作りなどを考えると、これもまた楽しい。細い路地を歩いて抜けると突然ぽっかりとした広場に出てきたりする。広場の隅ではおじさんたちがベンチに腰かけて、あーだこーだと話しをしていたりする。なんだかのどかな休日の風景。

家々の間を抜ける路地は北京の胡同みたいな雰囲気もあるけれど、もっと脳天気な感覚を覚えるのはこの地の気候なのだろうか。壁はよくみると安平古堡と同じようにサンゴのかけらが入っていたりするのが見える。

安平老街安平老街安平老街ところどころには沖縄のシーサーではないけれど獅子が飾られていたり家紋のようなものがあったりする。縁もゆかりもない土地なのに懐かしさを感じてしまう、そしてなんだかよくわからないけれど、魅力があって散歩してしまう。そんな場所だと思う。

安平老街

Related Post

蓮は泥より出でて泥に染まらず – 不忍池の蓮... 「蓮は泥より出でて泥に染まらず」というのは中国のふるいことわざだけれど、もはや蓮の葉っぱが生い茂り、泥がみえなくなっている不忍池の蓮池をみてきた。というか、通りかかったら咲いていたので、しばし眺めていた。 僕のなかでの蓮の定番は川村記念美術館の大賀蓮で、これは毎年6月下旬から7月上旬が花の盛り...
黒部ダムに行ってきた 9月初旬、紅葉シーズン直前の黒部ダムで初秋を先取りしてきた。 ちょっとよく分からないけれど、とりあえず行ってみるかという軽い気持ちであんな高所まで行けちゃうのがすごいなというところ。 長野側の起点である大町の扇沢バス駅まで行ってみて、そこからトロリーバスで黒部ダムまで。 なんとなく...
リオデジャネイロ現代建築の見所のひとつ – カテドラル・メトロポリターナをみてきた... リオデジャネイロには大聖堂がふたつあって、古くからあるのはリオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)と呼ばれていて、もうひとつのこちらは1976年に建てられた現代的な大聖堂。 ちょっと古さを感じるモダンアートっぽいデザインは一見奇抜なのだけど、厳かな雰囲気でステンドグラスの美しい直線的なデ...
電動自転車でいくバガン寺院めぐり バガンの寺院巡りをする際に活躍するのは電動自転車の活用になる。 自転車といっても日本にあるようなアシスト的なものじゃなくて、原付電動バイク(ペダル付き)という感じのもので、時速30キロくらいまで出すことができる。 今回の旅で僕ははじめて電動ではあるけれど、バイクを運転してみたのだが、これ...
阿蘇にあるラピュタの道に行ってみた... 熊本旅行では、阿蘇あたりに行けばなにかあるんだろうなという軽い気持ちで来てみてしまった。 それはそれで楽しいのだが、しかし、空港の売店でみたガイドブックで「ラピュタの道」というのがあると知って探してきてみた。 熊本空港からは阿蘇方面に向かう途中のミルクロードという牧場が点在する地域にある...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください