台南発祥の小吃である肉圓という料理。ここのところの旅で台南における肉圓をあちこちで食べてみたけれど、いまのところ僕にとってはここ黃氏蝦仁肉圓が最も美味しいなと思えるし、台南グルメのなかでもトップクラスな料理だと思う。

前回の訪問:黃氏蝦仁肉圓のバーワンはここでしか食べられない絶品の味

ところで、肉圓という料理について。これとは別のタイミングで台北の空港でも肉圓があったので食べてみたのだけど、この世のものであることを疑うくらいまずかった。この不思議な料理に台南で出会えていてよかった。台北で食べたあれが僕にとっての肉圓になっていたら、嫌いな料理の一番上に書くところだった。出会いの重要性について、しみじみと考えてしまう。

黃氏蝦仁肉圓黃氏蝦仁肉圓の肉圓について。売り切れてしまったらその場でお店が終わり、いいエビが手に入らなかったらお店を営業しないという頑なお店で、今回の旅ではその洗礼を浴びることになった。最初に訪れたのは夕方だったのだけど、売り切れてしまっていてすでにお店は閉店していた。
次に行ったときは午前中だったのだけど、お店はシャッターが降りていて「今日はいいエビなかったらお休み。チャオ」みたいな感じの一文がはってあってうちひしがれた。

普通ならこれも出会いだよなとか思って深追いしないのだけど、どうしてもまた食べたいという僕の食い意地が三度目のチャレンジに向かわせる。ということで、三度目の正直でお店はやっていた。よかった・・。

ということで、唯一のメニューである肉圓を注文。オーダーがすごい簡単なのがいいよな。かわいいお皿にのって出てきた肉圓は見た目にも美しい。他のところでも食べてきたけれど、食器までかわいいのはこのお店の特徴だと思う。とてもフォトジェニック。

黃氏蝦仁肉圓そして、肝心の肉圓の味なのだけど、もっちりしていて甘辛いタレとよくあっている。エビの味もしっかりしていて、食べるのが幸せなんだけどちょっと惜しいような気もしてしまう。台南に肉圓のお店は数あれど、ここのものが僕は一番好きなのは変わらないことを確認できた。また食べに来たいところだな。

黃氏蝦仁肉圓
住所:台南市中山路79巷2弄1号
時間:9:30-17:00(売り切れ次第終了)
休み:不定休

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です