1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。

屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。

前回の訪問:林百貨でMade in Taiwanのお土産をさがす

前に来たときに僕が屋上までいかなかった理由ははっきりしていて、面倒だったから。エレベーターは動きの遅い旧式のものが1台しかなくて慢性的に混んでいる。このため、階段を使って上り下りをしていくことになるのだが、ビルの5階分を上がったりするのは結構面倒だな・・というところ。

でも、屋上まで上がってみて分かったのは、ちょっとくらい大変でも屋上までやってくる価値はあるなということ。

屋上は1945年の空襲により神社の鳥居などが破損しているのだが、当時のままの状態で残されている。そして、屋上からは台南の街が一望できるのだが、斜め向かいにある旧日本勧業銀行台南支店 (現台湾土地銀行)の建物も上から眺めることができる。

1945年の空襲で破壊されたままの鳥居
旧日本勧業銀行台南支店

この風景はすごく台南らしい風景だなあという感じがして、きっと夕方とかに訪れると美しそうな気がする。屋上にはカフェと林百貨のオリジナルグッズを売るショップがあって、ここは割と掘り出し物がありそうな感じ。

今回の旅はLCCで荷物制限のアドオンをつけなかったので、余計な買い物が出来なかったのだが、改めてきてみると意外と楽しそうな場所なんだなと気づく。次回の台南訪問ではあれこれ買い物してみたいところ。

林百貨
住所:台南市忠義路二段63号
時間:11:00-22:00
休み:なし

Related Post

ペトロナス ツインタワーは圧巻の風景... クアラルンプール観光のハイライト。ペトロナスタワーに来てみた。 写真で見る限りは夜の風景が美しい感じがしていたのだが、夜はもう疲れて宿で寝てしまっていたので昼間の風景のみ。そして、タワーには上ることも出来るのだが、そもそも高いところに興味がないので(というか好きではない)今回はパス。 ...
ひさびさ、一澤信三郎帆布で買いもの... 手も肩もふたつしかないのに、ついついあれこれ欲しくなるのがバッグというもの。手の数も肩の数も、バッグへの欲望には関係ないのです。 今回もまたバスで近くまで来てしまったので立ち寄ることにした。前回の訪問から結構経つのだなあとブログを読み返しながら感じるのだが(前回の訪問:一澤帆布と㐂一澤帆布)、...
蘑菇 BoodayでMade in Taiwanなお買いもの 台湾メイドのブランドでは一番好きなもののひとつ。僕としては台湾のOKURAみたいな雰囲気を感じている。近頃は日本のブランドとのコラボレーションもやっているみたいで、それもちょっと気になっている。ひさびさに行ったけれど、かわいいものが多くて色々買いそうになってしまった。 過去の訪問 蘑...
一澤帆布と㐂一澤帆布 シタディンに荷物をおいてバスで向かったのは一澤帆布。一時期は信三郎帆布という名前ですぐ近くに店舗があったりしたこともあるが、いまではもとの場所に戻っている。 昔は本当にシンプルな品揃えで分厚い生地で無骨な帆布バッグばかりだったのだが、信三郎帆布を経ての一澤はラインナップに幅がでてきて、僕はこう...
鹿児島土産は山形屋で買うのがおすすめ... 今回ひさびさに鹿児島市内をぶらぶらとしてみたのだが、市電が走る街というのは旅情があって楽しい。 今回も天文館からちょこっとだけ市電に乗って山形屋まで。鹿児島における百貨店の象徴的な存在であり、なんだかここ行っておけば間違えがないというように思えてしまう。 電車通り沿いにある本館は遠目にみ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください