1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。

屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。

前回の訪問:林百貨でMade in Taiwanのお土産をさがす

前に来たときに僕が屋上までいかなかった理由ははっきりしていて、面倒だったから。エレベーターは動きの遅い旧式のものが1台しかなくて慢性的に混んでいる。このため、階段を使って上り下りをしていくことになるのだが、ビルの5階分を上がったりするのは結構面倒だな・・というところ。

でも、屋上まで上がってみて分かったのは、ちょっとくらい大変でも屋上までやってくる価値はあるなということ。

屋上は1945年の空襲により神社の鳥居などが破損しているのだが、当時のままの状態で残されている。そして、屋上からは台南の街が一望できるのだが、斜め向かいにある旧日本勧業銀行台南支店 (現台湾土地銀行)の建物も上から眺めることができる。

1945年の空襲で破壊されたままの鳥居
旧日本勧業銀行台南支店

この風景はすごく台南らしい風景だなあという感じがして、きっと夕方とかに訪れると美しそうな気がする。屋上にはカフェと林百貨のオリジナルグッズを売るショップがあって、ここは割と掘り出し物がありそうな感じ。

今回の旅はLCCで荷物制限のアドオンをつけなかったので、余計な買い物が出来なかったのだが、改めてきてみると意外と楽しそうな場所なんだなと気づく。次回の台南訪問ではあれこれ買い物してみたいところ。

林百貨
住所:台南市忠義路二段63号
時間:11:00-22:00
休み:なし

Related Post

【閉店】AMATAK(アマタ)の刺し子バッグ... 前回の訪問 シェムリアップの中心街にあるAMATAK(アマタ)というお土産物屋さんに再訪。アマタとは永遠という意味らしい。 まあたしかに、ここにある織物たちは僕らがこの世から去っても、後世まで永遠に残るものもあるかもしれない。それくらい気合い入ったものもある。(前回の訪問) 前回...
クレマチスの丘とヴァンジ彫刻庭園美術館とベルナール・ビュフェ美術館... 日本にある美術館でもっとも好きなところのひとつ。春から夏にかけて定期的に訪れているのは、沼津にあるクレマチスの丘というところ。 ここは、スルガ銀行を作ったいくつかの美術館が集まっていて、とくにクレマチスが咲く春~夏は通り過ぎる風すら美しく香っているかのようで居心地がよくて好きな場所。沼津って漁...
薑心比心の台湾発ショウガコスメはお土産にも自分用にも使える... 以前に泊まったアンバホテル台北西門のアメニティが、そのまんま生姜を固めたんじゃないかというような石けんやシャンプーですごく面白かった。 そして、使ってみると生姜の香りはジンジャーエールになったみたいな感覚があるけれど(またはショウガ焼き)、そのあとは思いのほか荒れがおさまったり、ほかほか気持ち...
言葉で尽くせない猫パラダイス、台北の猫村を散歩... 猫を売りにした町って、日本では宮城の田代島とか広島の尾道とか、世界に目をむけるとギリシアのサントリーニ島とか・・いろいろあるのだけれど、ここ台北郊外の侯硐の猫パラダイス度合いっていうのは、これはもう世界で戦えるレベルだと思う。 もともとは炭鉱の町で古い寂れた町だったのだけど、きっとたま...
Green Roomの製品はMade in Taiwanで、シンプル。普段使いできるものが揃っている... 以前ここで買ったバッグは僕が台北で買った色んなもののなかでトップクラスに活躍している。シンプルでしっかりと作り込まれたバッグはどんなスタイルにも合わせやすい。気軽に使える。まさに、Made in Taiwanで好きなものをみつけたというところ。 最近は日本の企業とコラボレーションすることもある...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください