台南に来たら一度くらいは蝦仁飯を食べておきたいところ。今回訪れたのは、小吃グルメの激戦地である海安路沿いにあるお店。

朝から夜まで営業していて、気になっていたところ。ようやくにして行くことができた。お店の人の雰囲気も含めていいところだった。そして、すごい美味しかった。台南、やっぱり好きだなと改めて思うところ。

集品蝦仁飯へのアクセス

海安路の通り沿いにあり、矮仔成蝦仁飯六千牛肉湯と比べると、市街地に近いところにあるので行きやすいとは思う。両側も割と有名な小吃のお店みたいで、このあたりは結構賑わっている。そう、両隣のお店もすごく気になるところ。次回は行ってみよう。

集品蝦仁飯集品蝦仁飯について

小吃のお店で、もっとも有名なのは蝦仁飯だけど、鴨蛋湯という卵スープもまた美味しい。このふたつを頼んでおけば定番をおさえていることになるのでおすすめ。だいたいみんなその二品を頼んでいると思う。たまに、観光客が居酒屋っぽく利用していることもあるが、基本的には食堂なのでさっさと食べてお店を出て行っている。

蝦仁飯はあらかじめ作ってあるのか、ぎしっとつまった状態でやってくる。食べる前に少しほぐした方が美味しく食べられる。ちょっとバターのようなこってりとした脂の風味を感じるのだが、これがまた美味しいご飯で幸せを感じられると思う。出汁はかつおの出汁をつかっていると思われる。これがまた味にコクをつけている。

蝦仁飯
蝦仁飯

鴨蛋湯も鰹だしのスープに鴨の卵をといたものが入っているシンプルな料理なのだけど、ちょっとお吸い物みたいにさらっといただくのが美味しい。日本人でいうところのご飯とおかずの関係性みたいなもので、みんながこの二品を頼む理由を深く理解した気持ちになる。台南にすごく好きなお店が増えた気がする。

鴨蛋湯
鴨蛋湯

集品蝦仁飯
住所:台南市中西區海安路一段107號
時間:8:00-21:00
休み:不定休

Related Post

Brick Barもまた台南で行っても仕方がないバーのひとつ... この夜はどうもバーに対して縁がなかったと思っている。The Shotting Funでしょうもない酒を飲んでしまったので、飲み直しにやはり偶然見つけた正興街にあるバーに入ってみた。 ううむ。悪くないがここじゃない。というのが僕の感想。 Brick Barへのアクセス 正興街のエリア...
台南から高雄への朝の移動 前回の旅で高雄という街にそれほど面白さを感じなかったこともあり、今回はぎりぎりまで台南に滞在することにする。 高雄をお昼くらいに出発するタイガーエアの便だったのだけど、その場合は台南を朝に出れば空港まで間に合うことが分かった。今回泊まった正興街の宿を出て90から時間かかっても120分くらいでチ...
阿憨鹹粥にふたたび行ってきた 魚のお粥ってなんだよって思いつつ訪れてみて、はじめて食べたサバヒーのお粥の美味しさに感動した前回。ちょっと旧市街から離れていることもあり、遠いなあと思うところはある。でも、街中で阿堂鹹粥に行って食べるよりこっちの阿憨鹹粥で食べるお粥の方が美味しいのは事実としてある。早朝のお粥を楽しみにふたたび訪れる...
【閉店】小漁村熱炒のビアガーデンが楽しい... 台南を旅行中にブログを読んでいる人と会うことになった。同じタイミングで同じ土地を旅しているなんて・・こんな奇遇はないだろう!って僕が勝手に盛り上がって誘ってみたところ。本当におつきあいいただきありがとうございます。 で、今回の食事は興居 台南のオーナーに「おすすめのところある?」って聞いて教え...
六千牛肉湯は台南グルメの最高峰のひとつ... 今回の台南旅は食べ歩き。矮仔成蝦仁飯で食事していたら、海安路の通りの反対側に行列ができているお店がある。調べてみたら人気のある牛肉湯のお店であるとのこと。 これはもう食べ歩きしなければ。ということで、フラフラと通りを渡って反対側へと向かう。お店の名前は六千牛肉湯というところで、なんか高級車に乗...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください