台南に来たら一度くらいは蝦仁飯を食べておきたいところ。今回訪れたのは、小吃グルメの激戦地である海安路沿いにあるお店。

朝から夜まで営業していて、気になっていたところ。ようやくにして行くことができた。お店の人の雰囲気も含めていいところだった。そして、すごい美味しかった。台南、やっぱり好きだなと改めて思うところ。

集品蝦仁飯へのアクセス

海安路の通り沿いにあり、矮仔成蝦仁飯六千牛肉湯と比べると、市街地に近いところにあるので行きやすいとは思う。両側も割と有名な小吃のお店みたいで、このあたりは結構賑わっている。そう、両隣のお店もすごく気になるところ。次回は行ってみよう。

集品蝦仁飯集品蝦仁飯について

小吃のお店で、もっとも有名なのは蝦仁飯だけど、鴨蛋湯という卵スープもまた美味しい。このふたつを頼んでおけば定番をおさえていることになるのでおすすめ。だいたいみんなその二品を頼んでいると思う。たまに、観光客が居酒屋っぽく利用していることもあるが、基本的には食堂なのでさっさと食べてお店を出て行っている。

蝦仁飯はあらかじめ作ってあるのか、ぎしっとつまった状態でやってくる。食べる前に少しほぐした方が美味しく食べられる。ちょっとバターのようなこってりとした脂の風味を感じるのだが、これがまた美味しいご飯で幸せを感じられると思う。出汁はかつおの出汁をつかっていると思われる。これがまた味にコクをつけている。

蝦仁飯
蝦仁飯

鴨蛋湯も鰹だしのスープに鴨の卵をといたものが入っているシンプルな料理なのだけど、ちょっとお吸い物みたいにさらっといただくのが美味しい。日本人でいうところのご飯とおかずの関係性みたいなもので、みんながこの二品を頼む理由を深く理解した気持ちになる。台南にすごく好きなお店が増えた気がする。

鴨蛋湯
鴨蛋湯

集品蝦仁飯
住所:台南市中西區海安路一段107號
時間:8:00-21:00
休み:不定休

Related Post

台北で最も古い麺料理店のひとつ「賣麺炎仔」での朝食もおすすめ... 迪化街のさらに北側にあって、小学校の裏手の通りにひっそりとあるお店。交通量もそれほど多くないのだけど、この一画だけはバイクが並んでいてにぎわっている。賣麺炎仔は台北でもっとも古い麺料理店のひとつで、もともとは屋台だったのがいまは小吃店になっている。 入口にせりだすようにあるカウンターのテーブル...
安平の木門厝Moment Cafeでのんびりとした時間を過ごす... 安平老街の散歩しようかなっていうときに見つけたカフェ。というかコーヒースタンドみたいなところ。住宅街のなかでゆっくりとした時間が流れる素敵なところだった。 木門厝Moment Cafeへのアクセス 安平老街の方にあって、ちょっと海側の方の路地を入ったところにある。まわりは住宅地でこんなと...
石精臼蚵仔煎の絶品な牡蠣オムレツ 永楽市場の通り沿いにある有名店。前から知っていたのだが、はじめて来たところ。牡蠣オムレツって以前に何回か食べたことあるけれど、正直なところちょっとピンと来ていなくてあまり積極的に食べたいものではなかった。 でも、ここの牡蠣オムレツを食べて、台湾での牡蠣オムレツに対する印象ががらりと変わった。と...
義成水果店でフルーツ堪能 台南に限ったことじゃないかもしれないのだが、台湾の人たちは食後にフルーツを食べるのが好きらしく、そして、フルーツには思い入れがあるみたいな気がする。 なので、フルーツの専門店という果物屋さんがあり、その店先で夜遅くまでフルーツを食べることができるのではないかと思っている。なにせ、こちらの果物っ...
台南を旅する3つの理由。 僕がこの世界中のなかで最も好きな街のひとつが台南。台湾というと台北に行く人は多いし、もちろんそれは楽しいのだけど、ちょっと新幹線で足を延ばして台南に来てみると、また違った台湾の一面をみることができるはず。 なにしろ台北よりも物価が安く、そしてコンパクトに小さい街は散歩するにはぴったりのサイズ。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください