台南で食べたラストの晩ごはん、ちょっと残念な結果になった。でも、これって台南にまた呼ばれている気がするともいえる。僕はわりと、いやかなり、ポジティブなタイプの人間なので、物事をよい方に解釈してしまいがちなのだが、この食事がいまいちだったこともまた台南へ来たくなる理由のひとつだと思っている。

だって、そうじゃないとやってらんないし。

嘉義火雞肉飯へのアクセス

海安路から少しだけ保安路へ入ったところにあるのだが、通りから大きな看板が目立つのでわかりやすい。どちらも看板もきれいでまだ新しめのお店の感じがする。それにしても、海安路と保安路という台南屈指のグルメストリートが交差するところにあるお店がこんなんだとは。

嘉義火雞肉飯嘉義火雞肉飯について

お店はわりと広くて、壁には液晶テレビがかかっている。テレビでは台湾プロ野球の中継をしていて、地元のおじさんたちはそれを眺めながらご飯を食べてちょっと過ごしている。雰囲気的には牛丼屋に近い。女性はあまりいない。

雞肉飯については嘉儀が発祥の地ということで、たとえばこれは「京都 おばんざい」みたいな感じなのかなと思う。ということで、ちょっと期待したのだが、出てきたものは普通という言葉以外にあまり他のことを見つけることができないものだった。

嘉義火雞肉飯僕が高雄で食べた小林雞肉飯が美味しかったから、それと比較してしまったのかもしれない。これしか食べたことがなければ、こんなものかなと思っていたのかも。でもまあ、旅行中の食とは「一食入魂」を評する僕としては、ちょっとここは違うところだな。

地元感があって悪いところではないんだけれど。もうなんなら、次回の旅では台南から嘉儀まで行ってみてそこで本場の味を食べてみるのもいいかなと思った。

嘉義火雞肉飯
住所:台南市保安路83號
時間:11:00−22:00
休み:なし

Related Post

小林雞肉飯は高雄まで食べに来る価値がある... 台南に住んでいる人に教えてもらったお店。雞肉飯は台湾南部の嘉義という街が発祥で、僕としては魯肉飯よりもさっぱりとしていて美味しいと思ったし、これから日本でも流行りそうな感じがしている。 小林雞肉飯は高雄の市街地のなかでもちょっと離れたところにあり、あまり観光客が行くようなエリアではなさそうだけ...
台南来たら度小月担仔麺に来るべし ガイドブックでもサイトでも、とりあえず台南に来たら度小月の担仔麺を食べるべし。みたいなことが書いてあって、日本人も多く訪れる台南の名店。僕も前回の訪問から再訪。 ここの料理は台北でも食べることができるようになったけれど、それでもやはり本店の雰囲気で食べる方がいいなあ・・と思う。 というこ...
林百貨の屋上から眺める景色について... 1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。 屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。 前回の訪問:林百貨で...
中山路99(Novantanove)はひと息休める涼しいカフェ... LCCで荷物も少ない旅、台南駅から今回の宿がある正興街までは歩いて行くことにする。しかし、3月に来たときと比べて5月下旬の台南は梅雨が始まるところで蒸し暑さがましている。 中山路を歩いていて、まだホテルにもたどり着いていないけれど、途中にあったカフェひと休みすることにする。中山路99という住所...
タイガーエア搭乗記(成田-高雄)とサプライスでのチケット購入... 2016年の5月にはふたたび台南へ行ってみることにした。前回の訪問から2ヶ月しか経っていないけれど、国鉄台南駅についたときにはなんだか、この街に帰ってきたかのような懐かしい感覚があった。 こんなにもすぐに台南に帰ってくることができたのは、Surprice!(サプライス)という航空券販売サイトで...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です