台南で食べたラストの晩ごはん、ちょっと残念な結果になった。でも、これって台南にまた呼ばれている気がするともいえる。僕はわりと、いやかなり、ポジティブなタイプの人間なので、物事をよい方に解釈してしまいがちなのだが、この食事がいまいちだったこともまた台南へ来たくなる理由のひとつだと思っている。

だって、そうじゃないとやってらんないし。

嘉義火雞肉飯へのアクセス

海安路から少しだけ保安路へ入ったところにあるのだが、通りから大きな看板が目立つのでわかりやすい。どちらも看板もきれいでまだ新しめのお店の感じがする。それにしても、海安路と保安路という台南屈指のグルメストリートが交差するところにあるお店がこんなんだとは。

嘉義火雞肉飯嘉義火雞肉飯について

お店はわりと広くて、壁には液晶テレビがかかっている。テレビでは台湾プロ野球の中継をしていて、地元のおじさんたちはそれを眺めながらご飯を食べてちょっと過ごしている。雰囲気的には牛丼屋に近い。女性はあまりいない。

雞肉飯については嘉儀が発祥の地ということで、たとえばこれは「京都 おばんざい」みたいな感じなのかなと思う。ということで、ちょっと期待したのだが、出てきたものは普通という言葉以外にあまり他のことを見つけることができないものだった。

嘉義火雞肉飯僕が高雄で食べた小林雞肉飯が美味しかったから、それと比較してしまったのかもしれない。これしか食べたことがなければ、こんなものかなと思っていたのかも。でもまあ、旅行中の食とは「一食入魂」を評する僕としては、ちょっとここは違うところだな。

地元感があって悪いところではないんだけれど。もうなんなら、次回の旅では台南から嘉儀まで行ってみてそこで本場の味を食べてみるのもいいかなと思った。

嘉義火雞肉飯
住所:台南市保安路83號
時間:11:00−22:00
休み:なし

Related Post

地元感あふれる福榮意麵(台南) 正興街にあって、今回泊まった正興珈琲館のすぐ横にあるに西門市場のなかにある屋台的なお店。 ものすごい地元感があって、なんでこんな楽しそうなところがあったのに前回来なかったんだろう・・と思ってしまった。 お店は入り口から少し奥に入っていったところにあり、小さな看板に店名が書いてある。 ...
石精臼牛肉湯は定番という感じの牛肉湯だ... ホテルに荷物を置いて夕食にはなにを食べようかなって散歩に出る。赤崁楼の近くにある市場みたいなものを少し通り過ぎたあたりに地元でもわりと有名な牛肉湯のお店があるので行ってみた。 石精臼牛肉湯は小吃の本場である台南でも有名なお店なのだが、朝をパスするとそれほど混んでいなさそうな感じ。牛肉湯は基本的...
阿憨鹹粥にふたたび行ってきた 魚のお粥ってなんだよって思いつつ訪れてみて、はじめて食べたサバヒーのお粥の美味しさに感動した前回。ちょっと旧市街から離れていることもあり、遠いなあと思うところはある。でも、街中で阿堂鹹粥に行って食べるよりこっちの阿憨鹹粥で食べるお粥の方が美味しいのは事実としてある。早朝のお粥を楽しみにふたたび訪れる...
安平老街を散歩してきた 前に安平老街来たときも、勝手に自主的に散歩している犬とすれ違ったりして、ずいぶんとのどかなところだなって思ったけれど、ひさびさに散歩してみて、やはりのどかでいいところだった。沖縄の田舎を歩いているような感じがする。 前回の訪問:安平古堡&安平老街の散歩 この場所は賑わいをみせてくるのは午...
專治口渴のカラフルなドリンクは見た目に美しそう... 台南旧市街を南北に通る海安路にある小さなドリンクバー的なお店。カウンターはあるものの、基本的には持ち帰り専門店。 夜遅くまでやっていて、お店のまわりにはビアガーデンのようなお店も多いので、夕食をビアガーデンで楽しんだあとに、ここでお茶とか買ってぶらぶら散歩するというのが楽しい。 ここでの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください