前回の旅で高雄という街にそれほど面白さを感じなかったこともあり、今回はぎりぎりまで台南に滞在することにする。

高雄をお昼くらいに出発するタイガーエアの便だったのだけど、その場合は台南を朝に出れば空港まで間に合うことが分かった。今回泊まった正興街の宿を出て90から時間かかっても120分くらいでチェックインカウンターまで行くことが出来る時間の見積もりをしておけばいいと思う。

切符は駅の窓口で購入する
切符は駅の窓口で購入する、これは高雄駅

宿を出たのは朝8時ちょっと前くらい。タクシーを呼んでもらって駅まではほんの数分の距離。荷物少ないし歩いて行ってもよかったのだが、こういうときはタクシーの方が時間がよめて便利だと思う。

駅の窓口は平日の朝ということもあるのか、まったく混雑はしていなかった。特急のチケットを購入して改札を通り抜ける。僕は旅先からの出発は旅情とか関係ない朝の移動が好きなのだけど(夕方とかわけもなく寂しくなる)、台南の駅の雰囲気は旅そのものともいう感じがあり、ホームで列車を待っている間もなんだか「はやくまた来たいなあ」なんて考えてしまう。どうも、近い将来にはこの駅が地下化されるらしい。利用者としては付近の渋滞もなくなるし便利なのだろうけど、旅人としてはなんだかちょっと寂しくもある。それまでにまた来なくては。

中山路99 | Novantanove台南から高雄への朝の移動特急にのって高雄までは40-50分くらいの距離。何度通ってもこの区間の車窓は全然面白さがない。中途半端な地方工業地帯を通り抜ける感じがある。

高雄の駅について、横の階段をくだっていき地下鉄駅へと向かう。この中途半端な接続はいったいなんなんだと思ってしまうけれど、どうもここも改築するみたいな話しがある。これは是非ともしっかりやってくれ。

高雄駅
高雄駅

地下鉄に乗り込み空港までは15分くらいかなあ・・駅数は多いけれどそんなに遠い印象はない。朝の時間帯でも座れることはあまりないけれど、ラッシュのような混雑もない。大きな荷物を持っていても問題ないと思う。

駅についてエレベーターで出発階まで移動して空港へチェックイン。この移動は駅弁とか食べない限りはまったく旅情がわかないものだけど、それなりに機能的で便利。鉄道事故とか起きたらアウトだな・・と思うところはあるけれど、台南から高雄の移動がスムーズなのは、台南滞在を延ばせるので幸せなことだと思う。

Related Post

篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅... 安曇野までやってきて、そこから大糸線で松本まで戻って、東京方面へ帰るのが一般的なルートなのだが、来た道をそのまま戻るのはつまらないと思ってしまうところがある。 なので、友人には近くの篠ノ井線の明科駅まで送ってもらい、そこから長野へ抜けてみることにした。大糸線から安曇野まで来ると途中沢山の駅にと...
郭家粽子は小さめのちまきで小腹にぴったり... 台南の料理といえば粽(ちまき)というのがイメージとして強くて、今回の台南滞在中もどこかで食べ行きたいなと思っていた。 ということで、正興街のホテル近くにある友愛市場のなかにある郭家粽子に行ってみることにする。友愛市場は正興街からは歩いて5分くらい。ずっと前に訪れた小杜意麵のすぐ近くにある。 ...
黃氏蝦仁肉圓のバーワンふたたび 台南発祥の小吃である肉圓という料理。ここのところの旅で台南における肉圓をあちこちで食べてみたけれど、いまのところ僕にとってはここ黃氏蝦仁肉圓が最も美味しいなと思えるし、台南グルメのなかでもトップクラスな料理だと思う。 前回の訪問:黃氏蝦仁肉圓のバーワンはここでしか食べられない絶品の味 と...
観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール~べるもんた~」乗車記... 金沢から高岡まで普通列車で移動。この区間は新幹線開業にともないローカル線部分が私鉄になってしまったため「青春18きっぷ」が利用できない。新幹線ができると便利になる分、ローカル線部分はすこし不便になってしまっている。新幹線で東京から地方の拠点は近くなったけど、地方の都市間は少し遠くなった間隔がある。電...
台南小吃旅シーズン2 2016年の3月、ひさびさに台南を旅してすっかり気に入ってしまう(詳しくは「台南小吃グルメを食べ歩く散歩旅(2016年3月) 」にて)。そして、その2ヶ月後にはやくもまた来てしまう。タイガーエアというLCCが味方してくれているとはいえ、まあ結構な頻度だよなって自分でも思う。 でも、台南という街...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください