僕がこの世界中のなかで最も好きな街のひとつが台南。台湾というと台北に行く人は多いし、もちろんそれは楽しいのだけど、ちょっと新幹線で足を延ばして台南に来てみると、また違った台湾の一面をみることができるはず。

なにしろ台北よりも物価が安く、そしてコンパクトに小さい街は散歩するにはぴったりのサイズ。季候も台北より穏やかでのんびりした南国の街で過ごす休日は楽しい。ここでは、そんな台南を訪れたくなる理由を紹介したい。

小吃に代表される台南グルメ

黃氏蝦仁肉圓小吃(シャオチー)とは、店や屋台で食べる中華の一品料理のことで、台南にはこの小吃のお店がそれこそ星の数ほど無数にある。

始めてきたときにはよく分かっていなかったのだけど、こちらの人と知り合ったりするうちに、本当にいろんなグルメがあるのだなということを知る。

台南を代表する小吃といえば肉圓(バーワン)、担仔麺(タンツーメン)、牛肉湯、蝦仁飯、肉燥飯、粽・・・あげるときりがない。ちょっとした軽食なので食べ歩きするのが幸せ。とくにおすすめなのは台南発祥の肉圓という料理。日本人には馴染みがないかもしれないが、台南には名店が多くあってお店ごとに特徴があるので食べ比べをしてみるのがおすすめ。そして、ちょっと冷え込んだ台南の朝ごはんに六千牛肉湯ではじめるとか世界的にみても完璧な朝のひとつじゃないかと思う。

このブログでの台南の小吃グルメはここでまとめている。
2016年5月版、台南小吃グルメまとめ36軒
今回の旅での台南小吃グルメまとめ(2016年3月)

シーンごとにまとめたのはこちら。
台南小吃グルメを食べつくす!厳選の4軒(朝食編)
台南小吃グルメを食べつくす!厳選の6軒(ランチ小腹編)
台南小吃グルメを食べつくす!厳選の4軒(夕食編)

穏やかな街並み、リノベーションされた空間
窄門咖啡
林百貨の建物は外観も当時のまま
林百貨の建物は外観も当時のまま

台南のひとたちのinstagramを眺めていたりすると、たまに #昭和 というハッシュタグを見つけたりする。旧日本統治時代に発展した街ということもあり、日本の昭和時代の古い建物がたくさん残っている。

一時はそれが原因で街が衰退しかかったこともあったけれど、いまはリノベーションして新しい文化をいれることで復活してきている。

代表的なのは林百貨。1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている。

夜の街であれば海安路という通り沿いにあるアート作品やそこから伸びている神農街という小さなエリアもまた古き良き雰囲気と現代的なものが融合している。

夜の神農街

カフェも多くあって、台南ならでは面白いのは窄門咖啡(Narrow Door Cafe)というところ。確実に入口を見落としそうなくらい狭い路地を入ったところにあるのだが、店内は思いのほか広くて、気持ちのいい風が吹き抜けている。こういうところでのんびりと過ごす時間もまた台南らしくてすごく好きなところ。

僕のおすすめをまとめたのはこちら。
リノベーションカフェから個性派まで、台南で外せないオススメなカフェリスト7選
マンゴーの時期に訪れたい!台南のフルーツ店4選

豊かな自然

安平老街
安平老街

台北よりもさらに南国の街ということもあり、脳天気というか独特ののどかさがある。台南の市街地で食べ歩きするのは楽しいけれど、ちょっとした食休みにはすこし郊外へ足を延ばしてみるのもおすすめ。

とくに、南国風情を感じるのは四草綠色隧道碼頭というマングローブ林のなかを船ですすむという30分くらいのツアー。水路の両側からうっそうとしたジャングルのようになっている緑のトンネルを進むのは観ていてすごく美しい。

もうひとつは、安平古堡安平老街の雰囲気。海が近いこともあり、磯の香りがしたり建物の壁をよくみてみると珊瑚のコンクリートで出来ていたりして、沖縄の離島に来たみたいな感じがする。ゆっくりと時間をかけてのんびりと散歩をしてみたいところ。

こちらもあわせて読んでみてほしい。
グルメの合間に台南観光、おすすめスポット5選

台南へのアクセス

そんな台南へのアクセスは大きく分けてふたつの方法がある。まず一つ目は台北から新幹線で90分くらいかけてやってくるというもの。この場合は、新幹線の台南駅は町外れにあるのでタクシーや鉄道を乗り継いで街まで来る必要がある。ちょっと遠い。

もうひとつは、南部の高雄まで飛行機でやってきてそこから国鉄で移動する方法。台北から来るよりも時間のロスは少ないし、国鉄の場合は市街地にある国鉄台南駅に到着するので便利。そして、この台南駅のレトロな雰囲気もまた旅情があるので、最近は高雄経由で来ることが多い。

エアチケットはあちこちで探せば安いのが出てくると思うけれど、手間がかからず安心感があるのはエクスペディアのサイトからエアーとホテルをまとめて買ってしまう方法かもしれない。

2016年2月には地震があって被害が伝えられたこともあったけれど、かなり局所的なもので台南の街中はほぼ被害を受けていない。リスクを判断するのは自分自身のことだけれど、僕としてはこの街はすごく好きなので、きっとこれからも来ると思う。

Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】 航空券にホテルをプラスで、Air+割

このブログで取り上げているお店が一覧になっている台南の旅行地図はこちら

Related Post

戴記涼麵に行くなら午前中がおすすめ... 富錦街の東側にある地元でも人気のお店。涼麵という冷やし中華っぽい料理が気になり、まだ食べたことがないので行ってみたのだが、売り切れていた・・・。行くならば午前中の早めの時間に訪れるのがおすすめ。 戴記涼麵へのアクセス 富錦街の東側にあって周囲にはおしゃれなお店が沢山あるのだが、ここだけは...
台南アートと食べ歩きの旅。 成田から高雄までタイガーエアの直行便が出たことで、LCCという選択肢が出たことで俄然行くようになった台南の街。ここのところ行っている旅先のなかでも最も好きな街だと言い切れる。それにしても、改めて振り返ってみると結構行っているよな。 過去の台南旅 2013-09: 台南・台北旅行 2014-...
【閉店】赤崁樓玉井Mango冰屋でマンゴーかき氷... 台南を旅行中にGoogle Mapで発見したお店。どうやら、台南郊外にある玉井というのが台湾におけるマンゴーの聖地のようなところらしく、ここで採れたマンゴーを使って出しているのがこちら赤崁樓玉井Mango冰屋。 お店の外観 赤崁という台南の観光名所の横にあるのだけど、人通りの少ない裏通...
見た目最悪、味は絶品。「阿江炒鱔魚」で田ウナギを食す... 台南でウナギが食べられるっていう話しは聞いていたことがある。でも、台南を含む台湾の鰻は田ウナギ(田鰻)というもので、日本で食べられているものとはかなり異なる種類のものである。淡水に生息していて、ちょっとヘビみたいとか思ってしまう。 そして、店先に積み上げられている田鰻もぬらぬらと赤黒く光ってい...
茂雄蝦仁肉圓で台南のエビ・バーワンを食べてみる... 台南を食べ歩いてきたので、その記録。夕方に正興街から南に向かって5-6分も歩くと大通りを越えて賑やかな通りに出てくる。そこが保安路というエリアになっていて、屋台みたいに小さな飲食店が並んでいる。 ここのエリアは色々と美味しいお店が多いので、食べ歩きしがいがあるのだが、そのなかでまず行ってみたの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください