小吃もいいけれど、食後(または食間)のデザートにはフルーツを食べるのもおすすめしたい。いつ行っても季節のフルーツがあって楽しめるのだが、なんといっても5月から10月にかけて、台湾で採れるマンゴーの季節に行ってみるのがいいと思う。本当に美味しいフルーツを食べることができる。

ここで紹介するのは台南にはじめてとか2回目くらいに行く場合・・ということでわりと分かりやすいお店を選んでいる。しかし、グルメの街台南にはマニアックだけど面白いところも多いので、そこら辺はまあ・・おいおい紹介していきたい。

鳳冰果舖いま台南でどこのエリアに興味があるかといえば新美街のエリアで、そのなかでも一番好きなのは鳳冰果舖というフルーツ専門のカフェ。ここで美味しい果物たちに出会ってからというもの、すっかり果物好きになった。

このお店作った人って本当にフルーツが好きだったり、細かくてかわいいものが好きなのだろうなあって思うくらい、入口のドアノブからカードホルダーとかあちこちに置かれている小物まで、細部まですごく作り込んでいて、チェーン店にはないかわいらしさがある。東京でもこんな細部までこだわったお店なかなか見つからない。

僕が好きなのはフレッシュフルーツの盛り合わせとフルーツのスムージー。スムージーのちょっと曲がったグラスがまたかわいく、そしてボリューム満点で気前がいい。フルーツもオーダーをうけてから、ひとつひとつちょこちょこと切っているので時間はかかるけれど、出てきたものはちょっとこだわったカットがされたりしていて、それもまたかわいい。

鳳冰果舖
住所:台南市中西區新美街183號
時間:10:00-20:00
休み:火曜日、不定休

裕成水果店

マンゴーの季節が到来したならば、この裕成水果店に行くのがおすすめ。ここのマンゴーかき氷のフォトジェニックさ、そして美味しさは絶品だと思う。

ここのマンゴーかき氷はアイスからかき氷の下の方までびっしりとマンゴーの味がしていて、これは幸せな味だな。このゴロゴロと入っているマンゴーはなんなんだ、美味しすぎるだろう。最初は食べきれるのだろうか・・とか思っていたのだが、結局食べきってしまった。なお、夜には混雑するので注意が必要。

裕成水果行
住所:台南市民生路一段122号
時間:12:00-25:00
休み:不定休

泰成水果店

台南フルーツ店において定番のお店のひとつ。創業はなんと1935年ということ。もう100年近い歴史をもっている。台湾産とタイ産を食べ比べできるよというので頼んでみた。

台湾のマンゴーはちょっと若い果実の感じもあるが、甘さは控えめであり、とろけるような感じというよりも、しっかりした果実を感じる味。この日の夜の気候では、台湾産のマンゴーを美味しく感じた。

食べ物ってその土地の気候にあったものが作られるのだよな、きっと。だからこそ、旅をしてその土地の食べ物をその場所で食べることに価値があるのだと感じた。台湾産のマンゴーは台湾で食べることで、その美味しさの能力が最大限に出てきているのだと思う。

泰成水果店
住所:台南市中西區正興街80號
時間:14:30-22:30
休み:木曜日、不定休

台南では古くからあり、ガイドブックなどでもよく紹介されている有名店。フルーツ専門店であり、観光客のほかに地元の人たちでも賑わっている。ちょっと値段は高めなものもあるけれど、それでも良心的な範囲だからこその人気店だなって思う。

オーダー方法は、紙にチェックボックスをいれてオーダーする方法。当然のことながら全て漢字の中国語なので、自分の好きなフルーツを狙うときにはメモかなにかしていった方がいいと思う。僕はマンゴーかき氷を注文してみることにする。シロップがたっぷりとかかっていて贅沢な感じでそして、少し甘すぎるかなと思うところもあるが暑い日はこれくらいが美味しいかもしれない。さすが、この店でもっとも高いもののひとつであるだけのことはある。ふたりくらいでシェアするのがいいとは思う。

人気店なだけある充実の品揃えとクオリティは訪れる価値がある。

莉莉水果店 Lily Fruits Store
住所:台南市中西區府前路一段199號
時間:11:00-23:00
休み:不定休(基本的には無休)

Related Post

Urth Caffe Daikanyama に行ってきた この春くらいに出来たUrth Caffeに、もう何度か行っているのだけど、たしかにラテとラテアートはうまいし、外のテラスは最高に気持ちがいいのだが、それ以上の印象はあまりないというところ。 まあ・・平日にランチ食べるにしては味もボリュームもないわりに高いよな。すぐそばのサブウェイの方がうまいサ...
旅行になくてもいいけど、あると幸せなアイテム 5選... 旅行の持ち物っていつも迷っている。いろいろ持っていきすぎてつらいこともあれば、厳選しすぎて不便になったりもする。 僕がたどり着いたのは「好きなものだけを持っていく」というスタンスなのだが、そんななかで「なくても困らないけれど、あると旅が豊かになる」アイテムをいくつか紹介したい。 モバイル...
バイロンベイ発のオーガニックコーヒー、市ヶ谷のBunCoffeeは狭いカフェだが貴重な存在... 世界中の旅人だけじゃなく、オーストラリアの変わり者が集まるバイロンベイ。そこで立ち上がったロースタリーが市ヶ谷にもできていたので立ち寄ってみた。バンコーヒーは2005年にバイロンベイでつくられた焙煎所でオーガニックな豆を厳選して焙煎しているとのこと。ちょっと気になる。 バンコーヒー バイロンベ...
the GATE – ワットポー近くの朝から営業しているカフェ... ワット ポーからワット アルンへと向かう桟橋のすぐ近くにあるカフェ。チャオプラヤ川沿いではないのだけど、雰囲気がよくて朝から営業しているので便利ではある。 メニューはイタリアンの軽食がメインになっているのだが、朝はあまり料理は提供していない。また、二階からはワット ポーが望めるみたいなのだが、...
恋する豚研究所 – ブランディングの勝利、結構おいしい豚肉カフェ... 場所的にいうと、香取から成田空港へ抜ける道すがらにあって、千葉の米所で知られている多古のあたりにある豚肉の製造販売所とカフェ。 本道から少し入ったところにあるのだけど、結構目立つ外観なのでだいたいのところまで行けば迷わないと思う。かなり代わった外観で、豚肉の製造販売というよりかはデザイン事務所...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です