冬とはいわずいつでも食べたいのが「おでん」。そうなのです、僕はおでんが好きなのです。口に喋ったときの語感も好き。

東京でのおでんは色々あるけれど、値段も手頃で老舗の安定感ということでいえばお多幸ってことになる。

日本橋の本店は予約を受け付けてくれないけれど、そのかわりに少人数であれば急な訪問でもだいたい入れるから嬉しいところ。予約が取れないメリットってこういうところにある。

瓶ビールを頼んでまずはお任せの「みはからい」を頼むとすぐに出てくるので、ちまちまとつまみながらビールを飲む。日本酒がいいのだろうが、なんとなくビールを飲んでしまっていた。

みはからい(おまかせ)
この大根の味のしみっぷり
ちくわぶも外せない
大山地鶏の焼き物

この関東風なおでんはずぶずぶに醤油浸しみたいな色合いで食うと身体悪くするんじゃないかって思ってしまうくらいだが、色合いほどには濃い味ではなくてとろっとした食感含めてすごく美味しい。見た目で判断してはいけないっていうことだ。

大山地鶏も出していて、これはひさびさに食べてみなくてはとこれも頼んでみることにする。脂がのっていて、おでんと比べていいアクセントになるなあ。ここでなければ食べられないものではないけれど、これはこれでありだと思う。

シメは「とうめし」

そして、シメはなんといってもお多幸名物である「とうめし」。これはご飯の上におでんの豆腐をそのまま載せたという、そのまんまのものなのだが、これが絶妙にご飯におでんの出汁がきいているし、上に乗っている豆腐もまたしっかりとした感じのなかにとろみがあって美味しい一品なのです。とうめしまでたどり着いてこそのお多幸のよさというところ。

老舗ならではの雰囲気とか接客のよさを含めて、手頃でいいお店。幸せなほろ酔い気分で日本橋を散歩して帰った。

日本橋 お多幸 本店
住所:東京都中央区日本橋2-2-3 お多幸ビル
時間:11:30-14:00,17:00-23:00, (土祝)16]00-22:30
休み:日曜日

Related Post

代官山Ataの夜、2016年春編 代官山のAtaでディナーを楽しんできた。このレストラン、やはりカウンターが好きだ。 一番驚いたのはモンサンミシェル産のムール貝がなくなっていたこと。新鮮さを求めて国内産にしましたという話しだが、ちょっと残念。 それでも、このレストランの素敵さには変わりがない。食前酒に爽やかなビアモヒート...
鏞記酒家(ヨンキー)ではガチョウのローストとご飯を食べるべし。... 古くからある老舗の広東料理レストランだけど、遺産相続でもめていつ閉店するかなんて噂もあって気になっていたところ。でも、全然閉店しそうになくて普通に営業していたし、2018年現在も通常営業中ではある。 場所は香港島のセントラル地区で蘭桂坊からも近く、陸羽茶室とは一本通りが違うくらいの距離。今回泊...
「わちがい」(大町)の古風なお屋敷でいただく地元の味... 大町の北アルプス 三蔵呑み歩きに参加したときに、宿泊を大町の街中にしたので食事をいただいたところ。ちなみに、呑み歩きイベントのお猪口もこちらで購入した。 入口はお屋敷風で番台があったりして、それっぽい居酒屋みたいなお店かなと思っていたのだけど、本物のお屋敷で、庭に面したえらく立派な座敷で食事を...
【閉店】サワッディー(上野)で食べる本格的タイ料理... 店内 上野でエスニック料理を食べるという目的のもと、探してたどり着いたお店。 立地はとんでもないところにあって、到底デートで来るようなところじゃないのだが(たぶん、まだ関係薄い段階でデートの食事にここ選んだらぶっ飛ばされると思う)、美味しいタイ料理が食べられるというのであれば訪れる価値...
梁の家で海鮮チヂミとサムギョプサル... たまに食べたくなる韓国料理。しかし、食べたくなるときは無性に食べたくなる。ということで、1年ぶりくらいで新大久保の梁の家へ行ってきた。芸能人も来る有名なところで、大人数だとなかなか予約が取りづらい。遅い時間ならなんとかっていう感じ。 掘りごたつ席は最大で5人くらいまで。それ以上になると2テーブ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください