snoopy museum六本木に2016年4月から2018年までの期間限定でオープンしているSNOOPY MUSEUM TOKYOへ行ってきた。このミュージアムは作者の住んでいたサンタローザにあるミュージアムの分室として海外に唯一あるもので、コミックの原画が東京で気軽に観られるというのはとても貴重なんじゃないかと思う。

オープン記念の展覧会は9月末で終了してしまい、ぎりぎりのタイミングで観に行くことができた。このコレクションは作者チャールズ M. シュルツの夫人ジーンさんがセレクトしたもので、1985年のバレンタインのコミックに彩色して自宅に飾っていたなんてなんておしゃれなんだと思ってしまう。こんなブログをやっていてなんだけど、メールなんかは全然好きではなく、こうした紙に残すような、手紙の文化っていうのはとてもロマンチックで素敵なものだと思ってしまう。

snoopy museum

ジーンさんが好きなこのコミックはルーシーの心の強さにあこがれてしまう
ジーンさんが好きなこのコミックはルーシーの心の強さにあこがれてしまう

原画のコレクションは1980年とそれ以降のものが結構あって、親しみやすいものが多い印象。ライナスがルーシーに指示されて畑仕事やったあげく、好きな物を植えて増やすというのでフライドポテトを植えているとかいうのは、文字にすると全然わけわからないが、コミックの流れをみているとじわじわくる。

PEANUTSのコミックはスヌーピーというキャラクターが際立っているけれど、それ以外のキャラクターたちもとても魅力的でみんな好きになってしまう。なかでも僕が好きなのはペパーミントパティなのです。ちょっとマイナーなキャラクターではあるけれど、コミックを読んでいくとこの子の複雑な人間性とか、内に秘めたるものに魅力を感じてしまう。サマーキャンプでスヌーピーになぐさめられるストーリーとか結構じんわりきてしまうものな。

ショップで売っていた指人形買っちゃった。右側がペパーミントパティ。
ショップで売っていた指人形買っちゃった。右側がペパーミントパティ。

キャラクターグッズとしてスヌーピーが好きな人も、このコミックの魅力を知ってキャラクターたちのもっている世界を知るとよりグッズが好きになるかもしれない(僕は圧倒的にコミックが好きな人間なのだけど)。そして、新聞では小さく掲載されているコミックの原画はじつは結構大きいことに驚くかもしれない。

2016年10月からはじまる新しいコレクションも楽しみなところだ。

スヌーピーミュージアム(SNOOPY MUSEUM TOKYO)
住所:東京都港区六本木5-6-20
時間:10:00-20:00 (入場は19:30まで)
休み:年末年始

Related Post

水戸芸術館で開催していた石川直樹個展「この星の光の地図を写す」を観てきた。... 今回の旅における大きな目的のひとつは、水戸でやっている石川直樹の個展を観にいくこと。ちょっと意外だったのは初の大規模個展ということだ。登山家や探検家として有名になった人だけど、僕が思う印象は人を撮るカメラマンという感じ。 グラビア写真を撮るということではないけれど、各地を旅していきながら人を撮...
B.B.ARTは台南アートの発信地でありカフェも素敵な空間... 今回、台南を訪れた時期はちょうどTainan Art Festivalを開催しているタイミングで街中にもいくつかアート作品があったりした。 B.B.ARTはそんななかでも中心的な存在でアートギャラリーとしてもおもしろく居心地のいいカフェもあったりして興味深いところだった。 B.B.ART...
「中之条ビエンナーレ2017」の旅【六合編】... もうだいぶ古い話だけど、ブログとは個人の旅行の記録なので残しておくことにする。9月は上旬に福岡旅行、中旬に台南に行き、そして下旬ぎりぎりのタイミングで中之条ビエンナーレの開催期間に間に合って2年ぶりの中之条への旅。 もう何度も来ているのだが新しい発見があり、そして色んなアートイベントあるけれど...
いちはらアート×ミックス2014「あそうばらの谷」編... 2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。 ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影...
イスラム美術の美しさに魅了される!クアラルンプールの「イスラム美術博物館」に行ってきた... よく読んでいるWagamama Travelで紹介されていて、クアラルンプールに来たら訪れたいと思っていた美術館。イスラム文化の芸術の圧倒的な存在感を体験することができる。心残りといえば、ラマダンの時期だったのでレストランがクローズしていたのは本当に残念。 気づかず行ったのだが、あわせて訪れた...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください