snoopy museum六本木に2016年4月から2018年までの期間限定でオープンしているSNOOPY MUSEUM TOKYOへ行ってきた。このミュージアムは作者の住んでいたサンタローザにあるミュージアムの分室として海外に唯一あるもので、コミックの原画が東京で気軽に観られるというのはとても貴重なんじゃないかと思う。

オープン記念の展覧会は9月末で終了してしまい、ぎりぎりのタイミングで観に行くことができた。このコレクションは作者チャールズ M. シュルツの夫人ジーンさんがセレクトしたもので、1985年のバレンタインのコミックに彩色して自宅に飾っていたなんてなんておしゃれなんだと思ってしまう。こんなブログをやっていてなんだけど、メールなんかは全然好きではなく、こうした紙に残すような、手紙の文化っていうのはとてもロマンチックで素敵なものだと思ってしまう。

snoopy museum

ジーンさんが好きなこのコミックはルーシーの心の強さにあこがれてしまう
ジーンさんが好きなこのコミックはルーシーの心の強さにあこがれてしまう

原画のコレクションは1980年とそれ以降のものが結構あって、親しみやすいものが多い印象。ライナスがルーシーに指示されて畑仕事やったあげく、好きな物を植えて増やすというのでフライドポテトを植えているとかいうのは、文字にすると全然わけわからないが、コミックの流れをみているとじわじわくる。

PEANUTSのコミックはスヌーピーというキャラクターが際立っているけれど、それ以外のキャラクターたちもとても魅力的でみんな好きになってしまう。なかでも僕が好きなのはペパーミントパティなのです。ちょっとマイナーなキャラクターではあるけれど、コミックを読んでいくとこの子の複雑な人間性とか、内に秘めたるものに魅力を感じてしまう。サマーキャンプでスヌーピーになぐさめられるストーリーとか結構じんわりきてしまうものな。

ショップで売っていた指人形買っちゃった。右側がペパーミントパティ。
ショップで売っていた指人形買っちゃった。右側がペパーミントパティ。

キャラクターグッズとしてスヌーピーが好きな人も、このコミックの魅力を知ってキャラクターたちのもっている世界を知るとよりグッズが好きになるかもしれない(僕は圧倒的にコミックが好きな人間なのだけど)。そして、新聞では小さく掲載されているコミックの原画はじつは結構大きいことに驚くかもしれない。

2016年10月からはじまる新しいコレクションも楽しみなところだ。

スヌーピーミュージアム(SNOOPY MUSEUM TOKYO)
住所:東京都港区六本木5-6-20
時間:10:00-20:00 (入場は19:30まで)
休み:年末年始

Related Post

PMQ 元創方で新しい”メイドイン香港”をさがす... ラマ島の旅から戻ってきて、前から気になっていたPMQへ行ってみることにする。 中環からは、かの有名な世界一長いエスカレーターに乗っていき、終点付近で降りてソーホー界隈の細い道をあがっていくと古い建物をリノベーションしたPMQに到着。 19世紀末につくられた古い建物は、古くは孫文も通ったビ...
中之条ビエンナーレ2015 – 中之条エリア編... 中之条ビエンナーレもいよいよ最終編。中之条エリアにやってきた。ここはビエンナーレの中心的な存在で、見どころが多い。時間がなければ、ここだけでも観るだけでそれなりに楽しめるんじゃないかと思う。 今回のビエンナーレで印象的だったのは、お寿司屋さんの二階の宴会場にあった作品。でんとシャリが演台に置い...
呼きつね(西麻布)の上品ないなり寿司... 西麻布から六本木あたりでちょっとした手土産買うのであれば、呼きつね(こきつね)のいなり寿司がいいかなって思うし、天気のいい日にこのあたりで外ランチするのにもいいんじゃないかと思う。 とても上品で日本酒の風味がきいている。そんな洗練されたいなり寿司は独創的ですらあって話しのネタにもいい。 ...
京都国際マンガミュージアムの展示は楽しい... 今回の旅行について、ギアとともに旅のハイライトとなった京都国際マンガミュージアム。とはいえ、事前情報があったわけではなく、京都について「なにしようかな・・・」とFacebookに書いたら友達が教えてくれたからなんだけど。 ということで、ここがたぶんマンガに関する博物館なのだろうくらいの印象とと...
リナ・ボ・バルディ展「ブラジルが最も愛した建築家」をみてきた... 美術館のロゴの上の赤い部分も作品のひとつ 夏にみてきたオスカー・ニーマイヤー展につづくブラジル建築の回顧展。 自然との調和という点においてはオスカー・ニーマイヤーと共通するところもあり、人に近いデザインという部分でいうとリナ・ボ・バルディがもっている暖かみとかいいなって思える。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください