都内で焼肉食べることは多々あれど、そしてあちこちで食べているけれど、できることならぎりぎりまで安く、そして可能な限り美味しく食べたいところ。その要求に対して、かなり高度な次元で応えてくれるのが鶯谷園の焼肉。

その代償として、山手線のなかでも飛びきりマイナーであり怪しい駅に降り立ち、風俗紹介所の建ち並ぶ通りを抜けていく必要がある。でもまあ、そんなことはどうだっていいって思えるくらいのところだ。

鶯谷園へのアクセス

山手線、京浜東北線の鶯谷駅の北口から歩いて5分くらいのところ。駅からそれほど離れていない距離なのにすごく遠いような印象をもってしまうのは慣れない街だからなのか。

駅前(というほど大きなものはない)には吉原への無料送迎の車があり、お店までの道のりには無料風俗紹介所があって驚くけれど、それほど治安が悪い感じはない。そのふたつをのぞけば普通の小さな街というところ。

駅前にはコンビニがあり、途中には三菱東京UFJのATMもある。お店は現金払いなので、こちらでお金をおろしておくのがおすすめ。

鶯谷園について

お店は予約必須で、22時以降ならばともかく、普通の時間であれば予約なしで入ることは難しい。基本は2時間制で90分くらいのところでラストオーダーがかかるので計画的に頼んでいく必要がある。

値段は普通の焼肉屋さんくらいの感覚なのだけど、出てくる肉は素晴らしいと思う。脂の美味しさというより、赤身の美味しさの方が印象に残るのは僕の好みの問題だろうか。ホルモン系は美味しいけれど、わりと普通なので、あえてここで頼むこともない。このお店では普通に赤身の肉などを頼んでいくのがいいなと思ったところ。

一品料理にチヂミがいないのは悲しいところだが、ちょっとした刺身系を頼んでみるのもいいと思う。そして、ちょっと驚きだったけれど美味しかったのはユッケを軽く焼いて食べるというもの。生でもいけるものを軽く焼くのだけど、これがちょっと目先が変わって美味しい。

ううむ、なんて幸せな夜なのだ。きっとこういう日はたまにあるからいいのだろうな。そして、この夜は一緒に来た方に不意打ちでごちそうになってしまった。うん、いい夜だったな。

鶯谷園
住所:東京都台東区根岸1-5-15
時間:17:00-26:00
休み:なし

Related Post

神田に残る裏路地の下町居酒屋「三州屋」で飲んで来た... 銀座や飯田橋にもある居酒屋の名店。どちらのお店も、よくこんなところにお店作ろうと思ったなという裏路地にあって不思議なところ。でも、お店はいつも満員で賑わっている。その理由は簡単で、安くて美味しいから。 白木のテーブルとか、見分けがつかないくらいよく似たお店のおばちゃん達とかもまた雰囲気があって...
酒蔵 秩父錦 – 建築的な価値からも雰囲気がよい居酒屋... 東銀座の方にある時代劇に出てきそうな古めかしい建物。ここが木挽町と呼ばれていた昭和初期のものということで、昔は炭屋だったらしい。いかにもっていう雰囲気がある。 ここの座敷は好きなのだけど、5人以上いないと開放してくれないのが残念。それでも、カウンターの席もまた雰囲気があって好きなところ。 ...
五反田のデビルクラフトは穴場的に空いている... 僕のなかでは、いい意味で「デブ専用ピザ」というネーミングを勝手につけているシカゴピザ。そして、その専門店であるデビルクラフト。都内では新橋と浜松町のお店には通いたくなる好きなのだが、五反田にもできたと聞いて気になっていた。 メニューに違いはないのだが、ここはやはり行っておかなくてはならない。と...
クラフトビアマーケットは日本のクラフトビールを手頃な価格で楽しめる... 都内に何店舗かあって、カジュアルな雰囲気でビールの種類が豊富なだけでなく、料理も結構美味しいので贔屓にしているところ。 神保町のお店は駅からすぐのところで、ちょっと静かな裏通りにある。お店の外にもテーブルがあって、外で飲むこともできそう。店内はクラフトビアマーケットならではというか、カジュアル...
豊田屋で痛風鍋と浅草無双 東京の東側、平井という総武線のなかでも飛びきり超マイナーなエリアにありながら、年々予約がとれなくなってきている居酒屋がある。 夏場は夕方くらいに行くと、いったいいつから飲んでいるんだっていうようなおじさん達がいて面白い。しかし、この居酒屋が本領を発揮するのは冬場の季節。とくに「あんこう鍋」が美...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください