2016年6月はインドシナ半島を旅してきた。まずは、エアアジアでバンコクまで。

思えばこのチケットはなにするか決めていなくて一年前のセールで買ったものだった。去年も似たような状況でうっかりマレーシアに行くことを忘れかけていた。あまりにも早くからエアチケット買っておくのも考えものだよな。

空港は成田空港からドンムアンまでという地味な路線。しかし、てっきり成田空港では悪夢の第三ターミナルかと思っていたのだが、まさかの第二ターミナル。これは結構うれしいところ。あの長いコンコースつたって遠くへ行くくらい全然構わないよって思う。

エアアジア Xは成田第二ターミナル、これは地味に嬉しい

朝からビールを飲んで飛行機に乗りこんだので機内ではほぼ意識がないくらいよく寝ていた。

しかし、今回もクワイエットゾーンを選んだのだけど、去年乗ったマレーシア線のときより全然混んでいて、座席を横につかうことなんてできなかった。これなら、普通のシートでもよかったかもしれない。というか、今後はそうするだろう。

クワイエットゾーンは混んでいた。。
タイバーツ余っていたのでビール買って飲んで寝る

座席のペラペラ具合はさすがのLCCで長距離はしんどいなと思うところで、マレーシアとかバンコクくらいが限界なのかなあと思うところではあるけれど、通常のLCCの機材と比べて天井も高く大きい機体なので圧迫感がないのはいい。

そしてなによりバンコクまで直行便で2万円そこそこというのは魅力的。バンコクではドンムアン空港に行っちゃうのでトランジットがある場合には面倒なところはあるけれど、ちょっと行くくらいならばエアアジアを選ぶだろうなあって思う。

チケットはセール期間を見定めながらWEBサイトにて購入。

エアアジア

Related Post

タイガーエア搭乗記(成田-高雄)とサプライスでのチケット購入... 2016年の5月にはふたたび台南へ行ってみることにした。前回の訪問から2ヶ月しか経っていないけれど、国鉄台南駅についたときにはなんだか、この街に帰ってきたかのような懐かしい感覚があった。 こんなにもすぐに台南に帰ってくることができたのは、Surprice!(サプライス)という航空券販売サイトで...
ケップ土産といえば塩と胡椒 カンボジア南部のカンポットからケップにかけては胡椒の産地として有名。胡椒は古代ローマ時代には金と同じくらいの価値があったと表現されていて、この土地が植民地になる要因のひとつにもなったくらい。 胡椒を育てるには気温のほか、大量の雨や湿度が重要な要素で、この雨の多い土地は胡椒作りにもっとも適してい...
パビリオン(The Pavilion)に泊まるためにプノンペンへ来る価値がある... 騒々しくて治安でも面倒なことが多いプノンペンでは静かなホテルに泊まってのんびりしたい。そういうときには240通りの近くにあるパビリオン(The Pavilion)に泊まるのがおすすめ。 シハヌーク前国王の母親が建てたとされるヴィラを改装したホテルで、フレンチコロニアルの建物が雰囲気がいい。プノ...
エアアジアで行くミャンマー(ヤンゴン、マンダレー路線)搭乗記... 旅に出るからには、できれば同じルートを避けていきたいもの(だと思うんだけど・・)。 今回のミャンマー旅行はバンコク起点で、バンコク~ヤンゴン~バガン~マンダレー~バンコクというルートで進んでいった。僕としては理想的なひと筆書きルート。 ということで、エアアジアの搭乗記。バンコク~ヤンゴン...
ジェットスター(LCC)搭乗記 成田~熊本線... 成田空港のジェットスター搭乗待合エリア 2014年秋にできた新路線の成田~熊本線に乗って九州を旅してきた。 ちょうど僕が乗った翌週くらいに阿蘇山が噴火して空港が閉鎖されてしまっているのだが、危ういところだった。 しかし、熊本線は搭乗する価値がある路線だと思う。窓からみえるダイナミ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください