今回のバンコクでHotel Museに泊まったのは、屋上にあるThe Speakeasyのバーを堪能したいからということもある。滞在していれば、バーの利用を部屋につけておくこともできるので、より気楽な楽しみ方ができる。

前回の訪問:The Speakeasy – バンコクでいま行くべきなルーフトップバーのひとつ

The Speakeasy

アクセスについては、Hotel Museと同じでレセプションの奥にあるエレベーターで24階まであがっていく。僕は21階に滞在していたので、夕方にそのままちょこっと上にあがるだけで行けるのはすごく楽だ。

ここは、The Smith Hotel Awards 2015の”Hottest Hotel Bar”を受賞していて、非常にスマートな雰囲気のバー。禁酒法時代のアメリカのバーをイメージしていて、レセプションの女性はグレートギャッツビーのパーティに出てきそうな雰囲気のドレスで頭に羽までつけている。

メニューもおしゃれ

24階がレストラン、25階がルーフトップバーになっている。雨が降っても可動式の屋根があるから問題はないのだが、さすがにスコールが降り始めると24階に案内される。

24階のレストランは、屋外部分のほか、細かく部屋がわかれたテーブル席もあり、なんだか人の邸宅に訪問したような雰囲気がある。

モヒートがおすすめ
室内はラウンジっぽい

ここでのおすすめはなんといってもモヒート。これはもう抜群に美味しくて、おすすめできる。このモヒートのためにバンコクへまた来たいって思うくらいだ。たっぷりと作られたモヒートを飲みながら眺めるバンコクのスカイラインはまた南国に来たなっていう感じがして旅をしていることを実感する。

料理については、基本的にここはバーなんだなって思えるくらいのもの。つまみっぽいものはあるけれど、本格的なものではなく、美味しい料理を食べたいのであれば他へ行った方がいいと思う。

あくまでもお酒を飲みながら夜の時間を過ごすための場所なのだなというところ。

The Speakeasy Rooftop Bar – Hotel Muse Bangkok
住所:24th & 25th Floor Hotel Muse Bangkok 55/555 Langsuan Road, Lumpini, Pathumwan, Bangkok
時間:17:00-25:00

Related Post

饒河街觀光夜市は散歩するだけでも楽しい... 台湾に始めて来る人がいれば、だいたい一度は夜市に行きたいってことになる。僕は夜市にあまり興味がないのだけれど、それはさんざん行ったからであって、はじめて行く人にそんな話ししても自分の目で見た方がいいだろうってことになる。 そこで、どこの夜市に行くのがいいかなって話になるのだが、台北であれば松山...
祇園フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)で京都のバーを堪能する... 今回の京都への旅は急に思い立ったこともあり、行きは新幹線で帰りは深夜バスというスタイル。移動にお金を使わない旅のスタイルなんだよなって自分でも思う。で、バスの出発までの時間は祇園にあるバーで過ごすことにした。 フィンランディアバー(FINLANDIA BAR)へのアクセス いわゆる高級店...
松本のMain Bar Coatで至極のカクテルを楽しむ... 松本でよく居酒屋があって、そこで出てくるごはんを食べながら(注文しないでも勝手に出てくる)、ここら辺でバーってどこがいいんですか?という話しをしていたらおすすめされたお店。 松本では大手という繁華街の近くにあり、古い蔵のような建物の二階にひっそりとある隠れ家みたいなバー。冬の夜にはこういうとこ...
バンコクのVOGUE Loungeは屋内でお酒を楽しむのがおすすめ... いまバンコクでもっとも興味深いエリアのひとつであるBTSのChong Nonsi駅前のマハナコン・キューブの屋上にある。一階はDEAN & DELUCAでそれ以外にもJoel Robuchonのレストランが入っていたりしてかなりゴージャス。当然のことながらドレスコードがあるのでまともな格好を...
The Common One Bar Kyotoは一見さんでも行けるけれど、行くのが難しいバー... ちょっと気になっていて訪れてみたバー。見つけづらいと聞いてはいたけれど、ここまでハードルが高いとは。Google Mapとかに表示されている場所は間違っていないけれど、あの通りにアクセスしてもたどり着くことはできない。 アクセスについて 祇園新橋 350年前の祇園発祥の地といわれ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください