2016168220106166000-x-4000バンコクのHotel Museの隣にあるマッサージ店。バンコクにはわりとどこにでもある店舗で、ここじゃなければ行けないことは全然ないんだけれど、このホテルに泊まっている分には便利なのでおすすめできる。

場所はHotel Museのドアを出てチットロムの駅の方へ向かい隣の小さな一軒屋みたいな建物となる。多少雨降っていても傘なんていらないくらい近い(出かけようとすると、すかさずドアマンがでっかいホテルの傘貸してくれるけれど)。

マッサージ店としての料金体系は1時間あたり200-300THBくらいで、2016年時点としてはごく一般的。というか、インフレの激しいバンコクにおいてはわりと安定した料金で推移しているよなあって思うのだが、これって社会的な人件費の問題なのだろうか。

マッサージのクオリティとしては、僕としては普通より少しくらいはいいなって思えるものだったけれど、ご縁のような感じもする。とはいえ、バンコクに来たらタイマッサージということであれば、ホテルの隣にお店があるのはすごく便利。

この通り界隈ではほかにもいくつかスパが併設されているところもあるけれど、手頃なのはChao 9 Massageだろうなって思う。

Chao 9 Massage
時間:9:00-24:00

Related Post

The Speakeasyでモヒート、食事は普通な感じ... 今回のバンコクでHotel Museに泊まったのは、屋上にあるThe Speakeasyのバーを堪能したいからということもある。滞在していれば、バーの利用を部屋につけておくこともできるので、より気楽な楽しみ方ができる。 前回の訪問:The Speakeasy – バンコクでいま行くべきなルーフ...
Kep Beachは朝の散歩が気持ちいい ケップというところはフランス領時代に作られたリゾートいうこともあり、料理が美味しいということ意外にはなにもない。そこがまた僕の好きなところなのだけど。 そして、カンボジアのなかでも非常に豊かなエリアということもあり、治安がいいのが特徴といえば特徴となる。明け方に人気のないビーチサイドをのんびり...
Topaz Restaurantはプノンペン屈指のフレンチレストラン... プノンペンではLa Residence Restaurantと並ぶフランス料理の名店。高級店の部類に入るけれどラ・レジデンスよりこちらの方がカジュアルな雰囲気。地元のフランス人たちにはこちらのトパーズの方が人気が高いのだが、その理由のひとつはワインセラーにあるんじゃないかと思う。 ここもランチ...
Khmer Surin Restaurantではクメール料理よりもタイ料理を食べるのが無難... 僕のなかでクメール料理とは「タイ料理が遠くで鳴る鐘のような感じ」の料理であり、なんだかぼんやりとしている。一般的にはちゃんとしたクメール料理はポルポト時代に途絶えてしまったといわれていて、残っているのは庶民の味の残骸みたいな感じがする。つまり、僕の意見としてはだいたいのクメール料理は美味しいと思えず...
ドンムアン空港からバンコク市内へのアクセスはタクシーが便利... ドンムアン空港からバンコク市内までのアクセスは、リムジンサービスから妙に値段の高いエアポートバス、なかなか来ない鉄道まで色々あるけれど、タイのタクシー料金の物価を考えると空港からの移動では大きな荷物を持つことになるし、やはりタクシーでの移動が便利だよなって思う。 タクシー乗り場は空港の最も南側...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください