カンボジアの通信事情はここ数年でだいぶ向上してきていて、以前は外国人がSIMカードを買うこともできなかったのだが、いまでは空港で容易に手に入れることができる。便利な時代になったなあ。

シェムリアップでのSIM購入はこちら:カンボジアのSIM事情について(空港での購入)

プノンペンは首都なのだけど、外国人観光客への対応は少し遅れているような感じがある。SIMカードは空港を出て、タクシー乗り場へ向かう途中にブースが並んでいるので、好きなところ、空いているところで買えばいいと思う。

プノンペン国際空港では空港でたところにSIMカードのカウンターがある
metfoneの料金形態、ほかの会社も変わりはない
metfoneの料金形態、ほかの会社も変わりはない

今回の旅ではカンボジアの田舎の方をまわることもあり、品質が安定しているというかカバーしているエリアが広く、カンボジアでは比較的老舗であるmetfoneを選ぶことにする。とはいえ、カンボジアでの通信事情を考えると、このあたりの選択は運というか、metfoneを選ぶことも「おまじない」みたいなものだよなって思っている。

カウンターの人がセットアップまでやってくれるのだけど、この業務はカンボジアにおいては男性よりも女性の方が手慣れていて安心できる印象がある。男性に頼むと、たまにわからなくなって途中で投げ出すとかあったりする。

アクティベートのやり方はSIMのパッケージに書いてあるので、自分でもやろうと思えばできるのだが、metfoneでは基本的にはまずSMSで133にONと送信してデータ通信を有効にしたあと、APNで以下の設定をすれば使えるようになる。

APN:Metfone

わりとキャンペーンをやることが多く、30日間使い放題とか10GBを無料で追加とかまであって、最初に買ったSIMの契約ってなんだったんだ・・と思ったりするのだが、こういうキャンペーンはだいたいにおいて複雑な設計になっているので、外国人旅行者が参加するにはややハードルが高いかもしれない。

通信事情においては3Gであり、プノンペン都市部からケップまでの国道沿いを含めて途切れることはなかった。通信速度もLINEなどの利用は問題なし。動画をアップしたりするにはストレスがあるけれど、写真であれば問題なく利用してコミュニケーションすることができる。下りで5MBとかだったかなあ、Google Mapをつかったりすることも問題なくできる。

基本的にはWiFiを借りるよりも、SIMフリーの携帯をもっていれば現地で調達する方が圧倒的に便利でコストが安い。そして、カンボジアにおいてもiPhoneは高級品ではあるけれど、強盗の対象にまでなるという感覚はなかった。とはいえ、旅行中は安いAndroidの携帯の方が安心かもしれない。

Related Post

So Kheangはケップでおすすめレストランのひとつ... ケップのクラブマーケットに隣接しているレストラン(食堂)群はケップでもっとも重要なグルメスポットになっている。 この食堂は見た目とか雰囲気は、それって誤差だろうっていうくらいで、テーブルクロスくらいの差なのだが、その内容は結構違っていた。 旅での食事はとても重要だと思っているので、ケップ...
Topaz Restaurantはプノンペン屈指のフレンチレストラン... プノンペンではLa Residence Restaurantと並ぶフランス料理の名店。高級店の部類に入るけれどラ・レジデンスよりこちらの方がカジュアルな雰囲気。地元のフランス人たちにはこちらのトパーズの方が人気が高いのだが、その理由のひとつはワインセラーにあるんじゃないかと思う。 ここもランチ...
ドンムアン空港でツーリストSIMを手に入れる... ひさびさのドンムアン空港入りで、こんなしょぼい空港でツーリスト向けのSIMカード売っているのかなあとちょっと不安もあった。 でも、ここはどこでもSIMを買うことが出来るタイならでは。ちゃんと売っていたので一安心。 とはいえ、2016年6月の時点では通信会社の直営店らしきものは存在しておら...
The 240はプノンペンで定番のオーガニックカフェ... プノンペンでは定番のスポットである240通りにある有名な老舗カフェ。240通りは東京でいうと表参道みたいな感じでギャラリーとかがあったりする。 最近では、大きな通りがあって車でアクセスしやすいボンケンコンエリアに流行が移ってきているけれど、古きよき整備されたプノンペンの街並みが残っている通りは...
トゥール・スレン虐殺博物館(Tuol Sleng Genocide Museum)へ行ってきた... ひさびさのプノンペンへの旅。そして、ひさびさにトゥール・スレンへ行ってきた。行くと、その凄惨さと妙な生々しさにどんよりしてしまうのだけど、プノンペンに来たならば訪れた方がいいところではある。 プノンペン市街にマオツォトン通り(Mao Tse Toung Blvd)というのがあるのだが、多くのク...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください