カンボジアの通信事情はここ数年でだいぶ向上してきていて、以前は外国人がSIMカードを買うこともできなかったのだが、いまでは空港で容易に手に入れることができる。便利な時代になったなあ。

シェムリアップでのSIM購入はこちら:カンボジアのSIM事情について(空港での購入)

プノンペンは首都なのだけど、外国人観光客への対応は少し遅れているような感じがある。SIMカードは空港を出て、タクシー乗り場へ向かう途中にブースが並んでいるので、好きなところ、空いているところで買えばいいと思う。

プノンペン国際空港では空港でたところにSIMカードのカウンターがある
metfoneの料金形態、ほかの会社も変わりはない
metfoneの料金形態、ほかの会社も変わりはない

今回の旅ではカンボジアの田舎の方をまわることもあり、品質が安定しているというかカバーしているエリアが広く、カンボジアでは比較的老舗であるmetfoneを選ぶことにする。とはいえ、カンボジアでの通信事情を考えると、このあたりの選択は運というか、metfoneを選ぶことも「おまじない」みたいなものだよなって思っている。

カウンターの人がセットアップまでやってくれるのだけど、この業務はカンボジアにおいては男性よりも女性の方が手慣れていて安心できる印象がある。男性に頼むと、たまにわからなくなって途中で投げ出すとかあったりする。

アクティベートのやり方はSIMのパッケージに書いてあるので、自分でもやろうと思えばできるのだが、metfoneでは基本的にはまずSMSで133にONと送信してデータ通信を有効にしたあと、APNで以下の設定をすれば使えるようになる。

APN:Metfone

わりとキャンペーンをやることが多く、30日間使い放題とか10GBを無料で追加とかまであって、最初に買ったSIMの契約ってなんだったんだ・・と思ったりするのだが、こういうキャンペーンはだいたいにおいて複雑な設計になっているので、外国人旅行者が参加するにはややハードルが高いかもしれない。

通信事情においては3Gであり、プノンペン都市部からケップまでの国道沿いを含めて途切れることはなかった。通信速度もLINEなどの利用は問題なし。動画をアップしたりするにはストレスがあるけれど、写真であれば問題なく利用してコミュニケーションすることができる。下りで5MBとかだったかなあ、Google Mapをつかったりすることも問題なくできる。

基本的にはWiFiを借りるよりも、SIMフリーの携帯をもっていれば現地で調達する方が圧倒的に便利でコストが安い。そして、カンボジアにおいてもiPhoneは高級品ではあるけれど、強盗の対象にまでなるという感覚はなかった。とはいえ、旅行中は安いAndroidの携帯の方が安心かもしれない。

Related Post

Kep Crab Marketで蟹を調達して調理まで カンボジアのケップといえば、旧フランス領時代にはのどかなリゾートであり、穏やかな自然と美味しいシーフードが有名。なかでもここで採れる蟹は抜群に美味しくて、ケップの魚市場はCrab Marketというくらい。 市場沿いにはレストランも並んでいるのだが、ホテル(The Beach House)に行...
L’Epi d’orのパンではじまるケップの朝は幸せ... The Beach Houseで食べる朝食も悪くないのだが、ケップに泊まったのであれば朝食はバスターミナル近くの広場にあるL'Epi d'orでパンとコーヒーを買って海岸沿いにあるベンチを借りてのんびりと外で食べる方が優雅な気分だし、美味しいものが食べられる。 L'Epi d'orへのアクセス...
Khmer Surin Restaurantではクメール料理よりもタイ料理を食べるのが無難... 僕のなかでクメール料理とは「タイ料理が遠くで鳴る鐘のような感じ」の料理であり、なんだかぼんやりとしている。一般的にはちゃんとしたクメール料理はポルポト時代に途絶えてしまったといわれていて、残っているのは庶民の味の残骸みたいな感じがする。つまり、僕の意見としてはだいたいのクメール料理は美味しいと思えず...
ハノイのノイバイ空港でSIMカードを購入... SIMカード売り場 トランジットで1日しか滞在しないけれど、あると圧倒的に便利なのでSIMカードを購入。現地でSIMカードを手に入れるようになってから、ガイドブックを買うことがなくなった。 ノイバイ空港でのSIMカードは空港の荷物受け取り過ぎて、出入り口に向かって左側の端にあった。基本...
So Kheangはケップでおすすめレストランのひとつ... ケップのクラブマーケットに隣接しているレストラン(食堂)群はケップでもっとも重要なグルメスポットになっている。 この食堂は見た目とか雰囲気は、それって誤差だろうっていうくらいで、テーブルクロスくらいの差なのだが、その内容は結構違っていた。 旅での食事はとても重要だと思っているので、ケップ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください