今回のカンボジア旅は、アンコールワットではないカンボジアをめぐる旅。プノンペンからカンボジア南部の町であるケップまでは車をチャーターして移動することにした。

この区間は乗合バスも運行しているけれど、車をチャーターしての移動の方が圧倒的に便利。値段も手頃なのでおすすめ。

現地の友人に手配をしてもらったのだけど、2日間のチャーター料金は運転手とガソリン代含めて120USD。

レンタカー借りて移動していると思えば安いものだと思う。運転手とは片言の英語でコミュニケーションが可能だけど、クメール語が出来た方が楽ではある。

プノンペンからケップまで車をチャーター
道中、カンボジアの風景もまた美しい

プノンペンとケップの間の道路はだいぶ整備されているので、4時間くらいで移動できる。途中の風景はまさにカンボジアの原風景といまの風景の両方を見ることが出来る。とくに最近のカンボジアは紡績工場が増えていて、田舎から出てきた若いクメール人の女の子達がトラックにのって宿舎と工場を移動している風景に遭遇する。日本でニュースを見る限りでは、低賃金で過酷な労働をする女工さんみたいなイメージなのだけど、実際に僕が会った女の子達は活き活きと楽しそうにやっている印象をうけた。

田舎で農作業に従事するよりも、都会にでて現金収入を得て家族へ送金して、自分も少しおしゃれしてっていうのはいままでの生活では出来なかったので、これは嬉しいことみたいだ。そうじゃなかったら、人身売買とかされちゃっていたものなあ・・それに比べるとファストファッションをすぐ否定することはできない。そして、それが全ての真実かどうかは分からないけれど、自分の目でみた納得感というのは旅をしていくなかで最も大事なことのひとつだと思う。

ちょっと話しが旅からそれた。。

車をチャーターした場合、ケップだけを巡るのもいいけれど、少し欲張るならばカンポットという海辺の落ち着いた町や、最近急速に開発が進む高原リゾートのボコール山などへ足を延ばしてみるのもいいと思う。その場合は少し料金を多めに上乗せする必要があるけれど、アンコールワットやビーチリゾートだけではない普段のカンボジアの風景をみられるはず。

または普通のツアーでは行かないようなところを巡ってみるなど、カンボジアの田舎では車をチャーターする旅の方が断然自由度があがって楽しめると思う。

保存

Related Post

プノンペンの治安について 2016年夏時点でのプノンペンはだいぶ治安が悪くなっている印象をうける。通りや路地によってはリオデジャネイロ並みだなって思えるくらい。 この街には何回か来ているけれど、以前と比べても現状はかなり悪い方の部類だなと思う。 殺人事件に巻き込まれるというのは現地に住んでいて恨みを買うとかしない限りは...
The Roofのルーフトップバーはガラガラだった... 今回泊まっているIbis Siamから最も近いルーフトップバー。ホテルを背にして右方向へ、ラマ通りを歩いて数分のところにあるSiam@Siamの25階にある。 Siam@Siamホテルの屋上にある ホテルからの眺望も悪くないのだが、近いことだし旅の終わりにバンコク夜景でも見てくるかと思...
Pier 21(Terminal 21内)のフードコートは手軽でおすすめ... 夏場に着るTシャツとかを買いに行くためBTSに乗ってアソークのTerminal 21まで。買ったのは前にも紹介していたパンダの柄のシャツだったりする。 そしてランチはこのショッピングモールの最上階にあるフードコートで食べることにした。サンフランシスコをイメージした内装はカジュアルで値段も手頃。...
トゥール・スレン虐殺博物館(Tuol Sleng Genocide Museum)へ行ってきた... ひさびさのプノンペンへの旅。そして、ひさびさにトゥール・スレンへ行ってきた。行くと、その凄惨さと妙な生々しさにどんよりしてしまうのだけど、プノンペンに来たならば訪れた方がいいところではある。 プノンペン市街にマオツォトン通り(Mao Tse Toung Blvd)というのがあるのだが、多くのク...
独立記念塔で日曜日の夕方を過ごす いまのプノンペンの中心的なエリアである独立記念塔は1953年の独立を記念してその数年後に作られた比較的新しいモニュメント。アンコールワットを模していて、何年か前に行われたASEANの会議の時に修復されたはずなのでかなり新しい印象をうける。 そして、カンボジアも豊かになったんだなあとしみじみと思...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です