今回のカンボジア旅は、アンコールワットではないカンボジアをめぐる旅。プノンペンからカンボジア南部の町であるケップまでは車をチャーターして移動することにした。

この区間は乗合バスも運行しているけれど、車をチャーターしての移動の方が圧倒的に便利。値段も手頃なのでおすすめ。

現地の友人に手配をしてもらったのだけど、2日間のチャーター料金は運転手とガソリン代含めて120USD。

レンタカー借りて移動していると思えば安いものだと思う。運転手とは片言の英語でコミュニケーションが可能だけど、クメール語が出来た方が楽ではある。

プノンペンからケップまで車をチャーター
道中、カンボジアの風景もまた美しい

プノンペンとケップの間の道路はだいぶ整備されているので、4時間くらいで移動できる。途中の風景はまさにカンボジアの原風景といまの風景の両方を見ることが出来る。とくに最近のカンボジアは紡績工場が増えていて、田舎から出てきた若いクメール人の女の子達がトラックにのって宿舎と工場を移動している風景に遭遇する。日本でニュースを見る限りでは、低賃金で過酷な労働をする女工さんみたいなイメージなのだけど、実際に僕が会った女の子達は活き活きと楽しそうにやっている印象をうけた。

田舎で農作業に従事するよりも、都会にでて現金収入を得て家族へ送金して、自分も少しおしゃれしてっていうのはいままでの生活では出来なかったので、これは嬉しいことみたいだ。そうじゃなかったら、人身売買とかされちゃっていたものなあ・・それに比べるとファストファッションをすぐ否定することはできない。そして、それが全ての真実かどうかは分からないけれど、自分の目でみた納得感というのは旅をしていくなかで最も大事なことのひとつだと思う。

ちょっと話しが旅からそれた。。

車をチャーターした場合、ケップだけを巡るのもいいけれど、少し欲張るならばカンポットという海辺の落ち着いた町や、最近急速に開発が進む高原リゾートのボコール山などへ足を延ばしてみるのもいいと思う。その場合は少し料金を多めに上乗せする必要があるけれど、アンコールワットやビーチリゾートだけではない普段のカンボジアの風景をみられるはず。

または普通のツアーでは行かないようなところを巡ってみるなど、カンボジアの田舎では車をチャーターする旅の方が断然自由度があがって楽しめると思う。

保存

Related Post

カンボジアメイドのBodia Natureはお土産に最適... カンボジア産にこだわったスパ・プロダクトで有名なブランド。手頃な商品も多いのでカンボジア土産には最適だと思う。プノンペンでは国立博物館の近くに本店があるので、そこに行くのがおすすめだけど、ボンケンコン地区にも小さな支店があるのでそちらに行くのもいいと思う。市場にも商品があるのだが、ちょっと怪しい。...
L’Epi d’orのパンではじまるケップの朝は幸せ... The Beach Houseで食べる朝食も悪くないのだが、ケップに泊まったのであれば朝食はバスターミナル近くの広場にあるL'Epi d'orでパンとコーヒーを買って海岸沿いにあるベンチを借りてのんびりと外で食べる方が優雅な気分だし、美味しいものが食べられる。 L'Epi d'orへのアクセス...
ケップのホテルはThe Beach Houseがおすすめ... カンボジア南部のひなびたリゾート地であるケップ。ホテルは海岸線沿いに何軒かあり、あとは山の奥の方とかにもいくつかある。まだ全然開発されていない、のんびりとしたところなのだが、2016年夏時点においてはThe Beach Houseに泊まるのがおすすめだと思う。 The Beach Houseへ...
So Kheangはケップでおすすめレストランのひとつ... ケップのクラブマーケットに隣接しているレストラン(食堂)群はケップでもっとも重要なグルメスポットになっている。 この食堂は見た目とか雰囲気は、それって誤差だろうっていうくらいで、テーブルクロスくらいの差なのだが、その内容は結構違っていた。 旅での食事はとても重要だと思っているので、ケップ...
The 240はプノンペンで定番のオーガニックカフェ... プノンペンでは定番のスポットである240通りにある有名な老舗カフェ。240通りは東京でいうと表参道みたいな感じでギャラリーとかがあったりする。 最近では、大きな通りがあって車でアクセスしやすいボンケンコンエリアに流行が移ってきているけれど、古きよき整備されたプノンペンの街並みが残っている通りは...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です