カンボジアのケップといえば、旧フランス領時代にはのどかなリゾートであり、穏やかな自然と美味しいシーフードが有名。なかでもここで採れる蟹は抜群に美味しくて、ケップの魚市場はCrab Marketというくらい。

市場沿いにはレストランも並んでいるのだが、ホテル(The Beach House)に行く前にここで蟹とかを調達していって宿で食べるのもまた楽しい滞在となると思う。

Kep Crab Marketへのアクセス

ケップのバスターミナルからは少し離れているので、タクシーを使ったりすることになると思うが、自由な行動を考えるとやはりプノンペンから車をチャーターする方が断然楽だと思う。

Kep Crab Market

Kep Crab Marketについて

市場は護岸に沿って続いていて、籠にたっぷりと蟹をいれたおばちゃんたちが海から上がってきて、そこでそのまま蟹を販売している。なんだかすごいワイルドで漁場直送過ぎる。蟹はおばちゃんからキロ単位で買うけれど、1.5キロで7ドルとかだったかな。たぶん、季節や収穫量、クメール語の語学力によって金額は変わってくると思う。

カニを採ってきたところ。カゴで養殖されている。
これがケップの蟹。

買った蟹は市場のなかにある通称「茹で屋」で茹でてもらう。これは0.5ドルくらいで、大きな鉄鍋に蟹を放り込んで茹でてくれるので便利。10分くらい待ってゆであがった蟹をもらって帰る。

市場は蟹以外のものもあったりして、ケップからカンポットにかけてが産地である胡椒が有名。そして、ここの胡椒は本当に美味しいので、市場で買って帰るのがおすすめ。そう、この胡椒が採れるということは、雨が多いということを意味していて、雨季にはどしゃ降りの雨が降り続くのだけど。

市場のなか
蟹を茹でてくれる

また、乾期には塩田ができるので、そこで採れる塩もまた美味しい。だいたい、胡椒買うと少しわけてくれるので、それでもいいかもしれない。

塩も有名

Kep Crab Market

他のシーフードも売っていて、焼き物などもあるので、気になるものをいくつか買ってホテルへ持ち込むのがおすすめ。

逆にここで存在しないのは日本の食材。醤油や辛子、わさびなどは当たり前だが存在しない。蟹を食べたり、シーフードに少しアクセントをつけたいっていうときのために、ケップを旅行するときには日本からこれらの食材を持ち込むことをおすすめします。

Kep Crab Market
時間:朝から夕暮れまで

保存

保存

Related Post

一保堂茶舗と喫茶室嘉木 煙草以外の合法的な嗜好品にはめっぽう弱い僕なのです。 ということで、嗜好品としての歴史も古いお茶について。台湾のお茶も好きだけれど、日本茶も大好き。 いままでは一保堂のほうじ茶を飲んでいましたが、このお店に併設されている喫茶室嘉木で緑茶のすごさを実感してからは好みが変化した。なにがすごい...
小島屋製菓店の志ん子餅はお土産に最適... 志ん子餅という和菓子。外側の皮はコシがあってモチモチしている。中の餡子は甘さ控えめで上品な感じ。 白い宝石みたいに美しい見た目もいいな。なにより地元十日町のコシヒカリの上新粉を使った餅は絶品。甘いものがそんな得意じゃなくても、いくらでも食べられる。 このお土産。越後妻有のお土産として有名...
Baan Itsaraで食べるタイのローカル・シーフード... 店内はオープンエア。岸壁沿いの席は波をかぶるので避けた方が無難。 ホアヒンで食べるものといえば、新鮮な魚介類を使ったシーフードがおすすめ。 地元で人気のお店ということで教えてもらい行ってきたのは、Baan Itsaraというレストラン。 Googleマップでは何故か閉店扱いになっ...
岡山媽媽雑貨舗でお土産を買ってくる... 台北でもっとも訪れる回数が多いところ。今回もまた行ってきたのだが、丁寧な仕事に変わりがなく安心できるクオリティ。やっぱいい店だよなあって思う。 過去の訪問 岡山媽媽雑貨舗 – 丁寧に作られた台湾雑貨 岡山媽媽雑貨舗にリピートしてきた 岡山媽媽雑貨舗でバッグをオーダーしてみ...
代官山 蚤の市 – 2015年春開催に行ってきた... 去年の晩秋に代官山蔦屋で開催された「代官山 蚤の市」。これがふたたび開催されたので行ってきた。なんといっても、僕にとって去年もっとも楽しかったイベントのひとつだし。 また、平日に開催されているので、賑わっているなって思えるくらいの混雑度合いなのがよい。 前回に引き続いて、春というか初夏を...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください