ケップというところはフランス領時代に作られたリゾートいうこともあり、料理が美味しいということ意外にはなにもない。そこがまた僕の好きなところなのだけど。

そして、カンボジアのなかでも非常に豊かなエリアということもあり、治安がいいのが特徴といえば特徴となる。明け方に人気のないビーチサイドをのんびりと散歩していても、まったく問題はない。

対岸にみえるのはベトナムのフーコック島

ケップビーチは人工海岸となっていて、謎の女性像がある突堤を囲むように小さな砂浜がひろがっている。

この突堤をつくるまでは、砂浜は全然なかったんだよねえ・・ということ。遠浅な海で、砂が巻き上げられるせいかそれほど透明度もなくきれいという感じはしない。南国の海というよりかは瀬戸内海あたりの夏の風景みたいだ。

ケップビーチにある乙女の像、この突堤があるから砂浜ができている

昼は謎のクメール民謡から微妙なハウスまで大騒ぎのこの海岸。昼間は山の方でのんびりとお酒を飲んだりする方がいい。

よって、おすすめは夜から明け方にかけての風景。とくに夜明けの時間は漁をする人たちが海岸にいたりして、とてものどか。昼の暑さもなく、ちょっと涼しいくらいの空気を存分に味わうことができる。

明け方、漁をしている人がいる

泊まってたThe Beach Houseのベランダから。昼間は賑わっている。

漁といっても、船をもっている人は一握りで、海岸で投網をつかったり、なんなら発泡スチロールの箱をもって、そこでそのまま魚を捕まえている人までいる。なんて豊かな海岸なのだろうか。

そして、まだ静かな午前中には海岸線にそって椅子を持ち出して場所貸ししている人が出てくるので、1ドルくらい払ってそこでのんびりと朝食を食べたりして過ごすのがいい。

これといったビーチのアクティビティはないし、地味なところなのだけど、そういうところでのんびりする幸せってあるよなって思う。

Kep Beach

保存

保存

Related Post

ワット チェディルアン – チェンマイで最もおすすめしたいスポット... もし、チェンマイにやって来たのに、どこかひとつだけしか訪問するところしか時間がないという状況であれば、僕ならば迷わずワット チェディルアンに来ると思う。 チェンマイの旧市街のなかにあり、かつてここが都であった頃の中心となっている寺院。巨大な仏塔があるのだが、16世紀に起きた地震によって一部崩壊...
パビリオン(The Pavilion)に泊まるためにプノンペンへ来る価値がある... 騒々しくて治安でも面倒なことが多いプノンペンでは静かなホテルに泊まってのんびりしたい。そういうときには240通りの近くにあるパビリオン(The Pavilion)に泊まるのがおすすめ。 シハヌーク前国王の母親が建てたとされるヴィラを改装したホテルで、フレンチコロニアルの建物が雰囲気がいい。プノ...
プノンペンの治安について 2016年夏時点でのプノンペンはだいぶ治安が悪くなっている印象をうける。通りや路地によってはリオデジャネイロ並みだなって思えるくらい。 この街には何回か来ているけれど、以前と比べても現状はかなり悪い方の部類だなと思う。 殺人事件に巻き込まれるというのは現地に住んでいて恨みを買うとかしない限りは...
エアアジア(バンコク-プノンペン)搭乗記、早朝のドンムアン空港は大混雑... 今回の旅ではカンボジアへ向かうため、バンコクはトランジットでプノンペンへと向かう。早朝6:30のフライトを選択したのだが、バンコク市街とドンムアン空港はタクシーで行っても早朝であれば30分もあれば着いてしまうし、あえて不便な空港横のホテルを選ぶ価値はあまりない。深夜について早朝に出発するというときく...
ホアンキエム湖さんぽ ハノイの市街地にあるホアンキエム湖。周囲は公園になっていて、都会のオアシスみたいな風情になっている。以前は、ここを少し歩くだけで物売りとかがうるさかったのだけど、いまでは外国人でも静かに散歩できるようになったんだなというところ。随分と治安がよくなったような気がする。 今回泊まったホテルからホア...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください