ケップというところはフランス領時代に作られたリゾートいうこともあり、料理が美味しいということ意外にはなにもない。そこがまた僕の好きなところなのだけど。

そして、カンボジアのなかでも非常に豊かなエリアということもあり、治安がいいのが特徴といえば特徴となる。明け方に人気のないビーチサイドをのんびりと散歩していても、まったく問題はない。

対岸にみえるのはベトナムのフーコック島

ケップビーチは人工海岸となっていて、謎の女性像がある突堤を囲むように小さな砂浜がひろがっている。

この突堤をつくるまでは、砂浜は全然なかったんだよねえ・・ということ。遠浅な海で、砂が巻き上げられるせいかそれほど透明度もなくきれいという感じはしない。南国の海というよりかは瀬戸内海あたりの夏の風景みたいだ。

ケップビーチにある乙女の像、この突堤があるから砂浜ができている

昼は謎のクメール民謡から微妙なハウスまで大騒ぎのこの海岸。昼間は山の方でのんびりとお酒を飲んだりする方がいい。

よって、おすすめは夜から明け方にかけての風景。とくに夜明けの時間は漁をする人たちが海岸にいたりして、とてものどか。昼の暑さもなく、ちょっと涼しいくらいの空気を存分に味わうことができる。

明け方、漁をしている人がいる

泊まってたThe Beach Houseのベランダから。昼間は賑わっている。

漁といっても、船をもっている人は一握りで、海岸で投網をつかったり、なんなら発泡スチロールの箱をもって、そこでそのまま魚を捕まえている人までいる。なんて豊かな海岸なのだろうか。

そして、まだ静かな午前中には海岸線にそって椅子を持ち出して場所貸ししている人が出てくるので、1ドルくらい払ってそこでのんびりと朝食を食べたりして過ごすのがいい。

これといったビーチのアクティビティはないし、地味なところなのだけど、そういうところでのんびりする幸せってあるよなって思う。

Kep Beach

保存

保存

Related Post

あてま高原のベルナティオに宿泊記 僕のなかで、リゾートホテルのなかでは最も好きなホテルのひとつ。日本でのリゾートホテルというと、夏に泊まったベネッセハウスとかの方が有名。 でも、この静かな越後妻有の風景のなかにあって、控えめに存在しているけれど、質の高いサービスを提供しているベルナティオは、この地方で行われている大地の芸術祭の...
香港に住む客家の集落「吉慶囲」に行ってきた... 香港郊外を旅してみるシリーズ。川龍村から路線バスを乗り継いで元朗区の方へ抜けてみることにした。行ってみたのは中国の本土から流れてきた客家という民族の集落。周囲に壁を作って集団生活する独特の生活スタイルを維持して暮らしている。香港では錦田吉慶囲というところが比較的オープンなコミュニティで壁の内側にも入...
鎌倉の大仏をみてきた 年末の昼過ぎから鎌倉をちょこっと日帰りで散歩みたいな旅してきた。僕にとっては鎌倉って近すぎてなかなか行かないところだけれど、なんだろう、色んな要素があって面白いところだった。 ただし、年末の時期に行くには寒い。もっと光の強い時期に改めて行ってみたいところ。 まずは、鎌倉駅から江ノ電に乗り...
バゴー寺院巡りの旅 ヤンゴンからぎりぎり日帰りできるところにあるチャイティーヨーのゴールデンロックへの参拝。これにあわせて行けるのがヤンゴンの東70kmにあるバゴーという町。 ここでは寺院巡りをするというのが旅のスタイルとなる。結構駆け足で巡ったので数時間の滞在となってしまったが、のんびりした雰囲気のところなので...
So Kheangはケップでおすすめレストランのひとつ... ケップのクラブマーケットに隣接しているレストラン(食堂)群はケップでもっとも重要なグルメスポットになっている。 この食堂は見た目とか雰囲気は、それって誤差だろうっていうくらいで、テーブルクロスくらいの差なのだが、その内容は結構違っていた。 旅での食事はとても重要だと思っているので、ケップ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください