カンボジア南部のひなびたリゾート地であるケップ。ホテルは海岸線沿いに何軒かあり、あとは山の奥の方とかにもいくつかある。まだ全然開発されていない、のんびりとしたところなのだが、2016年夏時点においてはThe Beach Houseに泊まるのがおすすめだと思う。

The Beach Houseへのアクセス

ケップのバスターミナルから徒歩で行ける。海岸に出て、海岸に向かって左手側へ歩いて行き5分くらい。砂浜がなくなる境目あたり。白く大きな建物なのですぐにわかると思う。

The Beach House

The Beach Houseについて

基本的に全室オーシャンビューのホテル。建物をみてベランダに見えるところはベランダ兼廊下となっているので、他の宿泊者も通る。

とはいえ6-7月はオフシーズンなのでのんびりしたもの。週末でも宿泊している人はまばらだった。

フロント兼バー&レストラン
レストランからビーチを眺める
ビールを飲んで夕方の時間を過ごす

ベランダから部屋に入ってベッドルームがひとつだけある。外観のシックな感じと異なり、内装はなんだかファンシーというかパステル調なのがちょっと違和感あるのだが、とても清潔に保たれているので好感はもてる。

バスタブはもちろん存在しない。シャワーのみ。アメニティとかもないけれど、ドライヤーはあった。バジェットホテルという感じはありつつ、リゾート感もあるというところ。まあ、2,000-3,000円くらいで泊まれるならこんなものかなって思う。

The Beach Houseこの宿に泊まるメリットは町の中心部であるバスターミナルまで近いので、ビールを買いに行ったりするのが楽ということと、明け方にビーチサイドを散歩することもできるというところ。とくに、ここから眺める夜明けの風景はすごく美しいものだった。

また、一階にあるレストランは持ち込みをしても、一声かけておけば全然大丈夫なので(むしろ、手間が省けていると思われているかも)、Crab Marketで買ってきた蟹とかシーフードを食べることもできる。プノンペンで買ってきたワインも冷やしておいてくれるのでとても助かる。

蟹と白ワインで過ごす夕食時。屋外テラスでモバイルスピーカーでアンビエントテクノとかかけてまったりと過ごすというのは最高の贅沢ではないだろうか。すごい格安でこういうことができるのもマイナーなリゾートならではなって思う。

予約はBooking.comにて行った。

The Beach House


保存

保存

Related Post

プノンペン国際空港でSIMカードを購入、データ通信について... カンボジアの通信事情はここ数年でだいぶ向上してきていて、以前は外国人がSIMカードを買うこともできなかったのだが、いまでは空港で容易に手に入れることができる。便利な時代になったなあ。 シェムリアップでのSIM購入はこちら:カンボジアのSIM事情について(空港での購入) プノンペンは首都な...
ケップ土産といえば塩と胡椒 カンボジア南部のカンポットからケップにかけては胡椒の産地として有名。胡椒は古代ローマ時代には金と同じくらいの価値があったと表現されていて、この土地が植民地になる要因のひとつにもなったくらい。 胡椒を育てるには気温のほか、大量の雨や湿度が重要な要素で、この雨の多い土地は胡椒作りにもっとも適してい...
トゥール・スレン虐殺博物館(Tuol Sleng Genocide Museum)へ行ってきた... ひさびさのプノンペンへの旅。そして、ひさびさにトゥール・スレンへ行ってきた。行くと、その凄惨さと妙な生々しさにどんよりしてしまうのだけど、プノンペンに来たならば訪れた方がいいところではある。 プノンペン市街にマオツォトン通り(Mao Tse Toung Blvd)というのがあるのだが、多くのク...
Zeppelin barはバーだけど餃子が美味しい... クメールスリンの近く278通りにあるロックバー。以前はボンケンコンの他のところにあったのだけど、2016年にいまのところに移転してきている。 移転したところはボンケンコンエリアだけど、最近は少し寂れている通りなので少し薄暗い。深夜の夜歩きには気をつけた方がよさそう。 プノンペンでは老舗の...
The Roofのルーフトップバーはガラガラだった... 今回泊まっているIbis Siamから最も近いルーフトップバー。ホテルを背にして右方向へ、ラマ通りを歩いて数分のところにあるSiam@Siamの25階にある。 Siam@Siamホテルの屋上にある ホテルからの眺望も悪くないのだが、近いことだし旅の終わりにバンコク夜景でも見てくるかと思...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください