カンボジア南部のひなびたリゾート地であるケップ。ホテルは海岸線沿いに何軒かあり、あとは山の奥の方とかにもいくつかある。まだ全然開発されていない、のんびりとしたところなのだが、2016年夏時点においてはThe Beach Houseに泊まるのがおすすめだと思う。

The Beach Houseへのアクセス

ケップのバスターミナルから徒歩で行ける。海岸に出て、海岸に向かって左手側へ歩いて行き5分くらい。砂浜がなくなる境目あたり。白く大きな建物なのですぐにわかると思う。

The Beach House

The Beach Houseについて

基本的に全室オーシャンビューのホテル。建物をみてベランダに見えるところはベランダ兼廊下となっているので、他の宿泊者も通る。

とはいえ6-7月はオフシーズンなのでのんびりしたもの。週末でも宿泊している人はまばらだった。

フロント兼バー&レストラン
レストランからビーチを眺める
ビールを飲んで夕方の時間を過ごす

ベランダから部屋に入ってベッドルームがひとつだけある。外観のシックな感じと異なり、内装はなんだかファンシーというかパステル調なのがちょっと違和感あるのだが、とても清潔に保たれているので好感はもてる。

バスタブはもちろん存在しない。シャワーのみ。アメニティとかもないけれど、ドライヤーはあった。バジェットホテルという感じはありつつ、リゾート感もあるというところ。まあ、2,000-3,000円くらいで泊まれるならこんなものかなって思う。

The Beach Houseこの宿に泊まるメリットは町の中心部であるバスターミナルまで近いので、ビールを買いに行ったりするのが楽ということと、明け方にビーチサイドを散歩することもできるというところ。とくに、ここから眺める夜明けの風景はすごく美しいものだった。

また、一階にあるレストランは持ち込みをしても、一声かけておけば全然大丈夫なので(むしろ、手間が省けていると思われているかも)、Crab Marketで買ってきた蟹とかシーフードを食べることもできる。プノンペンで買ってきたワインも冷やしておいてくれるのでとても助かる。

蟹と白ワインで過ごす夕食時。屋外テラスでモバイルスピーカーでアンビエントテクノとかかけてまったりと過ごすというのは最高の贅沢ではないだろうか。すごい格安でこういうことができるのもマイナーなリゾートならではなって思う。

予約はBooking.comにて行った。

The Beach House


保存

保存

Related Post

老舗のタイ料理、バーンクンメー(Ban Khun Mae)でタイ料理を堪能する... オーソドックスなタイ料理を食べられる老舗の名店。サイアムスクエアの繁華街にあって便利なところでもあるので、ランチでもディナーでもおすすめ。 バーンクンメー(Ban Khun Mae)へのアクセス BTSのサイアム駅4番出口、またはラマ1世通りをすすみSoi5の路地を南側へ入る。300メー...
Kep Beachは朝の散歩が気持ちいい ケップというところはフランス領時代に作られたリゾートいうこともあり、料理が美味しいということ意外にはなにもない。そこがまた僕の好きなところなのだけど。 そして、カンボジアのなかでも非常に豊かなエリアということもあり、治安がいいのが特徴といえば特徴となる。明け方に人気のないビーチサイドをのんびり...
直島のベネッセハウス宿泊記 一度は泊まってみたいなと思っていた直島のベネッセハウスに泊まってきた。 オーバルはすでに満室だったので、今回泊まったのは最も安くて最も新しく建てられたパーク棟に宿泊。 ロビー 部屋の目の間にはパンパグラスが風にゆれる丘があって、その向こうには瀬戸内海、そして遠く高松の町が一望でき...
プノンペンからケップまで車をチャーターして移動... 今回のカンボジア旅は、アンコールワットではないカンボジアをめぐる旅。プノンペンからカンボジア南部の町であるケップまでは車をチャーターして移動することにした。 この区間は乗合バスも運行しているけれど、車をチャーターしての移動の方が圧倒的に便利。値段も手頃なのでおすすめ。 現地の友人に手配を...
エアアジア X(成田-バンコク)搭乗記... 2016年6月はインドシナ半島を旅してきた。まずは、エアアジアでバンコクまで。 思えばこのチケットはなにするか決めていなくて一年前のセールで買ったものだった。去年も似たような状況でうっかりマレーシアに行くことを忘れかけていた。あまりにも早くからエアチケット買っておくのも考えものだよな。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です