The Beach Houseで食べる朝食も悪くないのだが、ケップに泊まったのであれば朝食はバスターミナル近くの広場にあるL’Epi d’orでパンとコーヒーを買って海岸沿いにあるベンチを借りてのんびりと外で食べる方が優雅な気分だし、美味しいものが食べられる。

L’Epi d’orへのアクセス

ケップのバスターミナルの広場にあるお店とか安いゲストハウスが並んでいるエリアにある。朝7時の開店直後に行くと、他に空いているお店は少ないのでみつけやすいはず。間口の狭いお店なので、見落とさないように。とはいえ、あのあたりでまともなベーカリーはここだけなので大丈夫だとは思うけれど。

外観
入口

L’Epi d’orについて

フランス人が経営しているパン屋さんで、クロワッサンやキッシュなどしっかりと作っている。値段は日本で買うのとそんなに変わらないけれど、この街でこれだけのクオリティのものが食べられるのは素敵。そして、コーヒーもインスタントではないちゃんとしたものが出てくる。

なに食べても美味しいとは思うけれど、おすすめなのはキッシュかなあ。フランス領だった時代の名残なのか、こういうちょっとした料理でも手抜かりなく作ってくれるのは嬉しいし、なにより美味しい。

店内
コーヒーとキッシュをビーチサイドで食べる
こういう風景眺めながら朝食

クロッカンもずっしと重くて、コーヒーと一緒に食べるのは幸せ。これらのパンとカフェラテを買うのが正しいと思う。かなりのボリュームになるので、海岸のテラスでのんびりと食事を楽しみたい。ホテルで食べる朝食なんてもったいない。

それにしても、全然関係ないけど、支払いの時に小銭がなくて大きなお札を出そうか悩んでいたら、地元のクメール人の人が「じゃ、これあげる」って1,000リエル(25円相当)を出してくれた。なんか申し訳ないって思ってしまったが、あまりにも自然だったのでその好意をもらった。旅をしていると色んな人の好意にただ甘えるだけになってしまうなあって思ってしまう。

L’Epi d’or
時間:7:00-19:00

保存

保存

Related Post

クメールスタイルのサンドイッチで朝食のすすめ... 屋台で炭火焼きで作られている ミーケウシェムリアップで食べるクイトゥとともにカンボジアでおすすめしたい朝食スタイル。 ローカルフードの代表ともいえるフランスパンで作られたサンドイッチ。 仏領インドシナ時代に持ち込まれたフランスパンはこの地にしっかり根付いていて、出来たてのパンを使...
葉家小卷米粉でやさしい味の朝食 ここもinstagramでフォローしているところから得た情報。朝食に葉家小卷米粉でイカの出汁が効いたスープとビーフンを食べたというのをみて猛烈に食べてみたくなったので僕も来てみた。ここでの朝食は間違えがない。 葉家小卷米粉へのアクセス 今回の宿がある正興街からみると南北に通る國華街の通り...
Pier 21(Terminal 21内)のフードコートは手軽でおすすめ... 夏場に着るTシャツとかを買いに行くためBTSに乗ってアソークのTerminal 21まで。買ったのは前にも紹介していたパンダの柄のシャツだったりする。 そしてランチはこのショッピングモールの最上階にあるフードコートで食べることにした。サンフランシスコをイメージした内装はカジュアルで値段も手頃。...
So Kheangはケップでおすすめレストランのひとつ... ケップのクラブマーケットに隣接しているレストラン(食堂)群はケップでもっとも重要なグルメスポットになっている。 この食堂は見た目とか雰囲気は、それって誤差だろうっていうくらいで、テーブルクロスくらいの差なのだが、その内容は結構違っていた。 旅での食事はとても重要だと思っているので、ケップ...
浅草の老舗喫茶店「銀座ブラジル」でモーニングを楽しんできた... 浅草にあるけど銀座。支店というけど銀座にある本店はつぶれてしまったのでいまではここが実質本店。 銀座だけどブラジル、いやむしろ「銀座×ブラジル」ということなのだろうか。 店名はもはや「浅草ブラジル」でもいいような気がしてしまうが、それだとサンバカーニバルと勘違いされそうだからやはり「銀座...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください