ケップの山のなかの方にある雰囲気のいいリゾート。カンボジアの伝統的な高床式の建物がヴィラになっていて人気のホテルなのだが、併設されているバーもまた雰囲気があっておしゃれ。ここは宿泊者でなくても利用できるので、ちょっと散歩がてら行ってみるのがおすすめ。

Le Bout du Mondeへのアクセス

The Beach Houseで海岸線と山側にわかれている道を山側へと進む。すぐに舗装されていない通りになり、山の方へと続いている。近隣には野生の猿がいるけれど、放っておけば悪さはしない。そして、フランス領時代に開発された別荘が朽ち果てた廃墟になっていたりするけれど、ここらへんは再開発されるらしい。

ちょっとした山道を登ると左右に分かれるところへ出てくる。右に進むと国立公園内への立ち入りとなり有料。左にいくと少し坂を下ってLe Bout du Mondeへの駐車場に到着する。たぶん、Kep Crab Marketの方から車でアクセスできそうなのだけど、ケップビーチからだと少しトレッキングっぽくなる。

バーはそこから少し階段をあがった崖の上にあるロケーション。

のんびりと散歩
入口

Le Bout du Monde Le barについて

Le Bout du Mondeはフランス人が経営しているリゾートで、ヴィラにはエアコンがなかったり少し不便だけど、すごく居心地がいいというところ。値段も手頃なので、ここはここでおすすめ。

併設されているバーは高台にあるので、海を望むことが出来るロケーションが気持ちいい。そしてなにより、ここのトイレはすごく清潔なので安心してのんびりと滞在できる。

Le Bout du Monde Le bar

お酒はビールからワイン、カクテルまであれこれある。今回頼んだのはカイピリーニャ。つまみはとくに頼まなかったんだけど、ガレットとかもあったりしてカフェっぽく利用することもできる。

高台にあるロケーションは風通しがよくて、外の暑さが和らぎ気持ちのいい空間になっている。お酒をのんで、なにも考えずにのんびりと過ごすにはうってつけの場所。海を眺めるのもいいし、置いてある写真集を眺めたりするのもいい。友達ととりとめのない話しをしたりだとか、この町では旅の時間を贅沢に使ってこそだと思う。

ケップに来たら一度は立ち寄って置きたい気持ちのいい場所。おすすめ。

Le Bout du Monde Le bar


保存

保存

Related Post

バイロンベイ発のオーガニックコーヒー、市ヶ谷のBunCoffeeは狭いカフェだが貴重な存在... 世界中の旅人だけじゃなく、オーストラリアの変わり者が集まるバイロンベイ。そこで立ち上がったロースタリーが市ヶ谷にもできていたので立ち寄ってみた。バンコーヒーは2005年にバイロンベイでつくられた焙煎所でオーガニックな豆を厳選して焙煎しているとのこと。ちょっと気になる。 バンコーヒー バイロンベ...
【閉店】いまの台北で「啜飲室」がもっとも楽しいバーのひとつである... ちょっと台北に来ない間にこんなに面白いお店ができていたなんて。クラフトビールを飲ませてくれるセンスのいいビアバーで、夜遅くまで賑わっている。台北にあるけれど、ここには通ってしまいそうな魅力がある。 啜飲室へのアクセス MRT忠孝復興駅から歩いて10分くらい。夕方からやっているお店だけど、...
SIDEWALK STANDは中目黒で朝からクラフトビールが飲める貴重なカフェ... 中目黒から目黒川に沿って池尻の方へ少しいったところ、ちょうど橋のたもとにできたカフェ。店内は狭くて、ここでゆっくり楽しむというよりテイクアウトしたりするのがメインだと思われる。二階の席もあるようだが、僕が訪れたタイミングでは閉められていた。 ここは、一杯ずつハンドドリップで淹れてくれる、いわゆ...
オクターブ・ルーフトップ・バー – 手軽にいけるおすすめのバー... 今回の旅ではバンコクのルーフトップバーを巡ってみようかなと思いついた。 ということで、まず向かったのはwagamama travelでも紹介されていたトンローのマリオットにあるOCTAVE ROOFTOP LOUNGE&BAR(オクターブ・ルーフトップ・バー)。男性は袖のないシャツやハ...
カフェ ドロール中目 – 落ち着いて休めるカフェ... アパレルとかも展開しているブランドがやっているカフェ。「ドロール」には「おもしろい、こっけい、ひょうきん」という意味があるみたいだが、そんな風情はお店にはなくて、いい意味でちゃんとしたカフェだと思う。 同じビルの5階にあるビストロハムサもお気に入りなのだが、混んでいることが多いので、そうしたと...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です