ケップの随一の観光地であり、ほぼ唯一のグルメスポットであるKep Crab Market。市場の横には食堂が並んでいて、どこのレストランも一応オーシャンビューとなっている。

気分的にはオーシャンビュー、実際のところは波打ち際に掘っ立て小屋という感じなのだけど。

オーシャンビューなレストラン、目の前で蟹を捕っている
がらがらな店内

この建ち並ぶレストランというか食堂。どこもほぼ同じメニューを掲出していて差がないと思っていたのだが、今回の旅で複数行ってみて全然違うことがわかった。ということで、まずはおすすめしない方から紹介したいと思う。

Chiv Lang Restaurantはもっとも市場に隣接しているレストランで店内も結構広い。メニューも蟹からシーフードまであれこれある。

お客さんの入りが多くて、ここはいけると思って入ってみたのだが、なんと店員がご飯食べているだけだったというのが衝撃的。

それをのぞくとあまりお客がいないのは不安でしかない。

メニュー

そして、これが現実となったのは烏賊の胡椒炒めを頼んだとき。

心の狭いことをいうようだが、ケップにおける烏賊の胡椒炒めとは、新鮮な烏賊に生の胡椒を沢山使って塩で味を調えるシンプルな料理なのが美味しい。胡椒の風味を存分に味わうことが出来る。

しかし、ここの胡椒炒めは何故か甘辛いケチャップみたいなので味付けされていて、ダメなクメール料理の代表みたいなものに陥っている。

これだと、なに食べても同じ味になっちゃうんだよな。元が悪い料理なら、生きるために食べると割り切っていくけれど、ちゃんとした素材でこれをやられると悲しくなる。

蟹は普通に美味しい

ということで、蟹とこの胡椒を頼んでこのお店には見切りをつける。似たような見た目なのに格差ってあるんだなと実感してしまった。

Chiv Lang Restaurant

保存

Related Post

本庄うなぎ屋 – 佐賀で食べる鰻ならここ... 佐賀で夕食に鰻を食べるとなって、友人に連れてきてもらったお店。場所は佐賀市郊外にあり、車を使わなければ来られないところなので、旅行であればレンタカーなどで来るのがいいと思う。また、飲食店にしては閉店時間が比較的早いので注意が必要。 九州で鰻といえば柳川のせいろ蒸しなのだけど、佐賀で食べる鰻のせ...
Aroma 2(バガン)はビルマ料理に飽きたらおすすめのインド料理レストラン... スタッフは美男美女そろい ミャンマー料理(ビルマ料理)はピーナッツの油を多用しているのと、味付けが単調なこともあり、わりとあっさりと食べ飽きてしまうことがある。茶葉料理はおいしかったのだが、さすがに飽きてしまって、かつ夕食に訪れたA Little Bit of Baganがあまりにひどかった...
神楽坂の「蕎楽亭」で江戸前蕎麦と会津の融合を味わう... 前からちょいちょい来ていたのだけど、ミシュランの星をとってからは、なかなか行きづらくなってしまった蕎楽亭。 いや、店が悪いのではなくて人が並びすぎている。 ひさびさに神楽坂に来て、ちょうどランチの時間ぴったりだったので前を通ってみたら入れそうなのでお邪魔してみた。 店主の方は会津の...
味家(広尾)で落ち着いた和食のランチ... 広尾で落ち着いた和食のランチを食べたくなると訪れるところ。 蔵っぽい外観のお店は一見すると敷居が高くて入りづらそうな雰囲気があるけれど、扉をあければ普通にいい感じの寿司と和食のお店という感じ。家庭的な雰囲気はどこの街にも一軒くらいあると助かるタイプ。 ランチタイムは握り鮨は出していなくて...
ニャー・ヴェトナム – 日本で最もおいしいベトナム料理が食べられる... 恵比寿界隈でエスニックが食べたいのであれば、迷わずこのニャー・ベトナムをおすすめしたい。ベトナム大使館の協力のもとでオープンしたことをつい最近知ったのだが、それも分かるというもの。とにかく、ベトナムでもこんなに美味しい料理に出会うのはなかなかないと思えるくらいに感動するし、ベトナムに行きたくなる。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.