ケップの随一の観光地であり、ほぼ唯一のグルメスポットであるKep Crab Market。市場の横には食堂が並んでいて、どこのレストランも一応オーシャンビューとなっている。

気分的にはオーシャンビュー、実際のところは波打ち際に掘っ立て小屋という感じなのだけど。

オーシャンビューなレストラン、目の前で蟹を捕っている
がらがらな店内

この建ち並ぶレストランというか食堂。どこもほぼ同じメニューを掲出していて差がないと思っていたのだが、今回の旅で複数行ってみて全然違うことがわかった。ということで、まずはおすすめしない方から紹介したいと思う。

Chiv Lang Restaurantはもっとも市場に隣接しているレストランで店内も結構広い。メニューも蟹からシーフードまであれこれある。

お客さんの入りが多くて、ここはいけると思って入ってみたのだが、なんと店員がご飯食べているだけだったというのが衝撃的。

それをのぞくとあまりお客がいないのは不安でしかない。

メニュー

そして、これが現実となったのは烏賊の胡椒炒めを頼んだとき。

心の狭いことをいうようだが、ケップにおける烏賊の胡椒炒めとは、新鮮な烏賊に生の胡椒を沢山使って塩で味を調えるシンプルな料理なのが美味しい。胡椒の風味を存分に味わうことが出来る。

しかし、ここの胡椒炒めは何故か甘辛いケチャップみたいなので味付けされていて、ダメなクメール料理の代表みたいなものに陥っている。

これだと、なに食べても同じ味になっちゃうんだよな。元が悪い料理なら、生きるために食べると割り切っていくけれど、ちゃんとした素材でこれをやられると悲しくなる。

蟹は普通に美味しい

ということで、蟹とこの胡椒を頼んでこのお店には見切りをつける。似たような見た目なのに格差ってあるんだなと実感してしまった。

Chiv Lang Restaurant

保存

Related Post

Little Cottage Café(ペナン)はインド人がやっているイタリアン... インド人がイタリア料理店をやっていて、パスタ片手にやってきたときには、偏見だとは思うけれど、すごい違和感を感じてしまった。 Foursquareでこのあたりの人気レストランと出ていたので、来てみたところ。たしかに地元の人で賑わっていて僕がはいったあとは満席になってそのあと来たお客さんは断ってい...
ヴィニシウスレストランでカイピリーニャ、そしてボサノヴァのライブ... ヴィニシウス バーの外観 ガロタ デ イパネマ(Garota de Ipanema)の向かい側にあって、ボサノヴァ創始者の作詞家であるヴィニシウス・ヂ・モライスの名前を冠したレストラン。 リオデジャネイロでボッサを聴けるところって少なくなっているのだけど、ここのライブハウスでは毎晩ずっ...
「あづみ野ごはん 風ゆら」でランチ 穂高駅で安曇野に住んでいる友人と合流。ランチを食べようと向かったのは犀川沿いにあるレストラン。地元の人たちのなかでは有名みたいで、オープン前から人がならんでいてびっくりした。ランチは予約ができないので、オープンちょっと前に来てならぶらしい。 友人曰く、来るときには「また、"風ゆら"かあ・・って...
広尾のサルシータでメキシカンなランチ... 広尾にあるメキシコ料理の老舗レストラン。ランチでも手抜かりなく、ちゃんとしたメキシコ料理をかなり良心的な料金で食べることができる。 お店の場所は広尾駅から有栖川宮記念公園の方に少し向かったところ。静かな場所にある。ランチは12:30過ぎに行ったのだが、平日ということもありほどほどに空いていた。...
セララバアド 2016 Winter Menu を楽しむ モダンガストロノミーにおける日本の名店であるセララバアド。春と秋を体験して、次は冬メニューを楽しんできた。 結構前のことなのだけれど、ここの料理は出会いの新鮮さが面白いので、メニューが終わってからブログの記事を書くようにしている。手品の種明かしを先に知ってしまったら悲しいじゃないか。 今...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください