カンボジア南部のカンポットからケップにかけては胡椒の産地として有名。胡椒は古代ローマ時代には金と同じくらいの価値があったと表現されていて、この土地が植民地になる要因のひとつにもなったくらい。

胡椒を育てるには気温のほか、大量の雨や湿度が重要な要素で、この雨の多い土地は胡椒作りにもっとも適しているところのひとつとなっている。ケップを旅行していて思うのは、日本で山椒を使うような感覚で胡椒を活用しているなということ。そして、それがすごく美味しい。クメール料理を美味しいと思ったことはないのだが、この土地のものは別物だな。シンプルな胡椒料理が美味しい。

ケップの市場にて。この漬け物も美味しいのだが日本に持って帰るにはハードルが高い。

ということで、ケップのお土産には海岸で売っているヘンな置物なんかじゃなくて胡椒がおすすめ。市場に行けば胡椒を量り売りしているのだが、一般的な黒胡椒以外にも、表皮をとった白胡椒や、完熟の胡椒をつかった赤胡椒などさまざまものがどれもほぼ同じくらいの価格で売っている。ざっとみた感じでも、粒がそろっていて品質は悪くない。なので、この胡椒は買っておいて損はないし、美味しい。

ケップで買った黒胡椒、安い。そして質が高い。
赤胡椒もまた濃厚で美味しい
塩もおすすめ

もうひとつのおすすめは塩。乾期には大規模な塩田が作られて、そこで採れる塩は自然の美味しさがある。このちょっと辺鄙な土地をフランス人がリゾートで開拓した理由は、なんとなく食につながっているからだろうなって思えてくる。この塩は、胡椒ほどの重要なものじゃないのか、ちょっとほしいんだよねっていうと10キロの袋でくれたりするのだが、そんなに持って帰れないので、胡椒を買ったおまけでお願い!っていうのもありだと思う。

それ以外にも、胡椒を使ったチョコレートとかお菓子もあったりするのだが、ここら辺はネタ的な感じだよなあって思う。人にあげる配り土産にはいいけれど、自分用にはあんまりというところ。

ケップ旅行の際にはぜひ胡椒、そして塩をお土産にするのがおすすめ。

Related Post

The Chonabod – タイらしいデザイン雑貨があるお店... プラナコーン ノーンレンに泊まっているときには必ず訪れているお店。お土産物にも自分用にも可愛くて面白いものが手に入る。 場所は、カオサン通り西側に接しているサムセン通りを北に進んでいき、プラナコーン ノーンレン近くまで行ったあたり。いかにもバンコクの下町風情が残っていて、このあたりは散歩をして...
品墨良行(Pinmo Pure Store)でうさぎグッズを買ってしまった... 永康街の裏路地にあるすごいカワイイお店。うさぎの像が目印の雑貨屋さん。 台湾メイドにこだわったラインナップで、お店の奥ではミシンつかって制作していた。 子供用のグッズからスリッパやマグカップ、箸置きとか色々ある。そして、紙製のバッグやちょっとした置物とか、好きなものを集めたおもちゃ箱みた...
有次で買いものをしてきた 京都錦市場のなかにある有次で、買いものをしてきた。前回は包丁を買ってきていて(前回の訪問)、これはいまだに抜群の切れ味。 たしかに、ステンレス製のものに比べて手入れは少しだけ面倒だけど、手入れさえしっかりすれば、なにより長く一緒にいる感じがまたいいなって思う。 たとえば、洋服やカバンの一...
Lek Massage Houseは値段のわりに本格的 今回泊まっているイビス バンコク サイアムから徒歩数分のところにあるマッサージ店、ここのマッサージは前回の旅でも来ているのだが安定して質が高かった。 場所はBTSのナショナルスタジアム駅から徒歩5分くらい、イビス バンコク サイアムからは歩いて2分くらいとかなり近いところにある。店名とお店の雰...
「道の駅たるみず」で足湯使ってひとやすみ... 霧島近くの栗野岳にある南洲館をあとにして、向かってみたのは大隅半島。薩摩半島と対をなすこの半島も相当に大きくて、今回はじめて足を踏み入れるエリアである。 秘境っぽイメージがあったのだけど、車で移動するには気持ちのいいドライブコースが続いていて、鏡のように穏やかな海ではカンパチの養殖をしている。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください