カンボジア南部のカンポットからケップにかけては胡椒の産地として有名。胡椒は古代ローマ時代には金と同じくらいの価値があったと表現されていて、この土地が植民地になる要因のひとつにもなったくらい。

胡椒を育てるには気温のほか、大量の雨や湿度が重要な要素で、この雨の多い土地は胡椒作りにもっとも適しているところのひとつとなっている。ケップを旅行していて思うのは、日本で山椒を使うような感覚で胡椒を活用しているなということ。そして、それがすごく美味しい。クメール料理を美味しいと思ったことはないのだが、この土地のものは別物だな。シンプルな胡椒料理が美味しい。

ケップの市場にて。この漬け物も美味しいのだが日本に持って帰るにはハードルが高い。

ということで、ケップのお土産には海岸で売っているヘンな置物なんかじゃなくて胡椒がおすすめ。市場に行けば胡椒を量り売りしているのだが、一般的な黒胡椒以外にも、表皮をとった白胡椒や、完熟の胡椒をつかった赤胡椒などさまざまものがどれもほぼ同じくらいの価格で売っている。ざっとみた感じでも、粒がそろっていて品質は悪くない。なので、この胡椒は買っておいて損はないし、美味しい。

ケップで買った黒胡椒、安い。そして質が高い。
赤胡椒もまた濃厚で美味しい
塩もおすすめ

もうひとつのおすすめは塩。乾期には大規模な塩田が作られて、そこで採れる塩は自然の美味しさがある。このちょっと辺鄙な土地をフランス人がリゾートで開拓した理由は、なんとなく食につながっているからだろうなって思えてくる。この塩は、胡椒ほどの重要なものじゃないのか、ちょっとほしいんだよねっていうと10キロの袋でくれたりするのだが、そんなに持って帰れないので、胡椒を買ったおまけでお願い!っていうのもありだと思う。

それ以外にも、胡椒を使ったチョコレートとかお菓子もあったりするのだが、ここら辺はネタ的な感じだよなあって思う。人にあげる配り土産にはいいけれど、自分用にはあんまりというところ。

ケップ旅行の際にはぜひ胡椒、そして塩をお土産にするのがおすすめ。

Related Post

ベンタイン市場に行ってきた 入口 ホーチミン シティの中心であり、バスターミナルもあるのでこの街を旅するものであれば誰でも一度は来るんじゃないかというところ。 観光客向けだけでなく、いろいろなものがあるので、客引きをあしらえる気持ちがあれば是非ともうろうろしてみて欲しい。 腕つかまれるほどの客引きはちょっと...
バンコクの配り土産は東急デパートで買うのがおすすめ... バンコクは物価が安いこともありお土産物に困ることはないと思う。逆にありすぎて困るくらいだ。タイっぽいお土産であれば、MBK(マーブンクロン)に行くといくらでも見つけることができるのだが、お菓子系については結構当たり外れがある。信じられないくらいまずいお菓子とかあるものな。 ということで僕が買っ...
李製餅家 – ずっしり美味なパイナップルケーキ... ひとくちにパイナップルケーキといっても、食感はクッキーみたいなものから、マフィンみたいなものまで、形は丸型から猫型まで種々様々なものがあるけれど、自分で食べておいしくて、人にあげても喜ばれるものといえば、ここ「李製餅家」のパイナップルケーキかなって思う。 形はオーソドックスな箱形で、見た目に対...
「道の駅たるみず」で足湯使ってひとやすみ... 霧島近くの栗野岳にある南洲館をあとにして、向かってみたのは大隅半島。薩摩半島と対をなすこの半島も相当に大きくて、今回はじめて足を踏み入れるエリアである。 秘境っぽイメージがあったのだけど、車で移動するには気持ちのいいドライブコースが続いていて、鏡のように穏やかな海ではカンパチの養殖をしている。...
【閉店】AMATAK(アマタ)の刺し子バッグ... 前回の訪問 シェムリアップの中心街にあるAMATAK(アマタ)というお土産物屋さんに再訪。アマタとは永遠という意味らしい。 まあたしかに、ここにある織物たちは僕らがこの世から去っても、後世まで永遠に残るものもあるかもしれない。それくらい気合い入ったものもある。(前回の訪問) 前回...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です