カンボジア南部のカンポットからケップにかけては胡椒の産地として有名。胡椒は古代ローマ時代には金と同じくらいの価値があったと表現されていて、この土地が植民地になる要因のひとつにもなったくらい。

胡椒を育てるには気温のほか、大量の雨や湿度が重要な要素で、この雨の多い土地は胡椒作りにもっとも適しているところのひとつとなっている。ケップを旅行していて思うのは、日本で山椒を使うような感覚で胡椒を活用しているなということ。そして、それがすごく美味しい。クメール料理を美味しいと思ったことはないのだが、この土地のものは別物だな。シンプルな胡椒料理が美味しい。

ケップの市場にて。この漬け物も美味しいのだが日本に持って帰るにはハードルが高い。

ということで、ケップのお土産には海岸で売っているヘンな置物なんかじゃなくて胡椒がおすすめ。市場に行けば胡椒を量り売りしているのだが、一般的な黒胡椒以外にも、表皮をとった白胡椒や、完熟の胡椒をつかった赤胡椒などさまざまものがどれもほぼ同じくらいの価格で売っている。ざっとみた感じでも、粒がそろっていて品質は悪くない。なので、この胡椒は買っておいて損はないし、美味しい。

ケップで買った黒胡椒、安い。そして質が高い。
赤胡椒もまた濃厚で美味しい
塩もおすすめ

もうひとつのおすすめは塩。乾期には大規模な塩田が作られて、そこで採れる塩は自然の美味しさがある。このちょっと辺鄙な土地をフランス人がリゾートで開拓した理由は、なんとなく食につながっているからだろうなって思えてくる。この塩は、胡椒ほどの重要なものじゃないのか、ちょっとほしいんだよねっていうと10キロの袋でくれたりするのだが、そんなに持って帰れないので、胡椒を買ったおまけでお願い!っていうのもありだと思う。

それ以外にも、胡椒を使ったチョコレートとかお菓子もあったりするのだが、ここら辺はネタ的な感じだよなあって思う。人にあげる配り土産にはいいけれど、自分用にはあんまりというところ。

ケップ旅行の際にはぜひ胡椒、そして塩をお土産にするのがおすすめ。

Related Post

papabubble taipeiは台北土産のおすすめ 台湾のお土産ってパイナップルケーキとかくらいしか思い浮かばなかったのだが、パパバブレの台北店があると知って訪れてみた。 パパバブレ自体はバルセロナにあるキャンディ屋さんで、日本だと中野にあるところ。すごく細工のこまかいアートな金太郎飴をつくるという感じで、台北限定のキャンディがあると知りきてみ...
【閉店】AMATAK SiemReap シェムリアップでおすすめの雑貨、お土産物屋... カンボジアでお土産物といえば、マダムサチコのクッキーとかあるけれど、あれは配り土産で自分用ではないなって思っている。 自分で大事に出来る旅の思い出を探すのであれば、シェムリアップのオールドマーケット近くにあるAMATAKがおすすめ。Vivaレストランの隣にある小さな店なのだが、9:30~21:...
小布施 竹風堂の栗おこわは絶品 小布施というと栗が有名で、この街随一の名門である小布施堂の家紋もかわいい栗マーク。 秋になればモンブランを求めて長蛇の列なのだが、そんな小布施には他にも栗を味わえるお店がいくつもあって、今回はそのなかで竹風堂の栗おこわを買って食べてみた。 8月といえば、栗はもうシーズン外なのだけど、ここ...
信州のドライフルーツはお土産物に最適 – 果実企画のドライフルーツ... ちょっと通りかかったときに見つけたところなのだけど、大切な人へのお土産にも、もちろん自分用にも最適なものでおすすめ。 行き方 JR長野駅に直結するMIDORIの2階にある。お土産物参道と呼ばれるところの入口付近。駅からだと入ってすぐのところにある小さなショップコーナー。すぐにわかると思う...
ひさびさの合成帆布行へ行ってきた ひさびさの台南ということもあり、合成帆布行へ行ってみることにした。台南には帆布バッグのお店がいくつかあるのだけれど、合成帆布行がもっとも手頃で使い勝手のセンスもよく手頃だと思う。 以前の訪問 合成帆布行 – 手頃な帆布バッグならここ 合成帆布行はお土産に最適 アクセス 国鉄...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください